読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

タイガーマスクW 16話「優秀なプロモーター」

感想とかレビューとか アニメ

今回は、

GWMにメキシコプロレスの有力選手を引き抜かれたため

メキシコプロレス復興にタイガーを呼ぼうとするプロモーター

のおはなし。

 

メキシコプロレスにタイガーが上がってくれたら1マッチ5万と言われ、

5万ドルは破格だと大喜びの春奈。

しかし、実際は5万ドルではなくて5万ペソ(約27万円?)。

旅費等も込みとなったらそれはもう問題外。

 

ならばと、今回行われる

タイガーVSザ・サボテンの試合で

ザ・サボテンが勝てば5万ペソでメキシコプロレスのマットに上がる。

タイガーが勝てばアカプルコのホテルを進呈、という条件に。

どう考えてもホテルなんか持ってなさそうですけどね!w

 

しかし、何としてもタイガーを引き抜きたいプロモーター、

試合前にタイガーを怪我させろとザ・サボテンに命令。

廃校巡りをしているタイガー(と春奈)を

影から襲おうとするザ・サボテンですが、

オツムが足りないせいで勝手に自滅して作戦は失敗w


結局、怪我させられないまま試合となり

ザ・サボテンのストマッククロー、タイガーの四の字固めと
地味な技が展開される中、
相手プロモーターが持ち出したのは本物のサボテン。

これを凶器としてタイガーに襲いかかるザ・サボテン。

しかもプロモーターがタイガーを羽交い締めに。

あ、オチ見えたw

ご想像の通り、相手が同士討ちとなって仲間割れ。

そのままリングアウトでタイガーの勝利となりましたw

 

そんな感じで、今回は完全にギャグ回だったわけですが

GWMがメキシコでは成功を収めているようで。

メキシコプロレスが滅亡の危機とまでいうのだから

相当有力選手を引き抜かれたんでしょうね。

そんなGWMも、日本ではでっかいドームまで作ったのに

閑古鳥状態とは・・・(^^;;

 

次話

前話

広告を非表示にする