広告   

【リングドリーム】RISING AWAKENING 6試合目 KASUMI VS マジカルジュエリー

f:id:LITTLEWING:20161101163719j:plain

「RISING AWAKENING」6試合目はタッグ選手権試合。

王者、女帝直下のシュバルツ&霧島組「KASUMI」に対し

東女、FWWWの混成タッグである

あかり&オニキス組「マジカルジュエリー」が挑みます。

 

f:id:LITTLEWING:20161101164152j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101164156j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101164200j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101164204j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101164207j:plain

オニキスさん、ご愁傷様ですwww

でも、この手のノリは今に始まったことではないので

あかりと組む以上は諦めてもらうしかw

f:id:LITTLEWING:20161101164305j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101164310j:plain

そして、決して「いい年して」とか思っていても口にしてはいけませんw

「死にたい」って言ってたのが現実になりかねないので(^^;;

それでも今回は、「トパーズの代打」のつもりで出て来ているため

トパーズなら喜んで乗ってくれる、

と言われてしまったらやりしかなくなってこうなったわけですが・・・

まあ気持ちはわかりますよ?(^^;;

 

そんな新チーム「マジカルジュエリー」ですが

王者側から見てもまずは合格点のようで。

f:id:LITTLEWING:20161101175406j:plain

王者として、どんな試合をしてやろうか考えて

昨日はなかなか寝付けなかったというシュバルツ。

そして色々考えるうちに・・・

f:id:LITTLEWING:20161101175512j:plain

そんなことだろうと思ったよ!w

でも霧島曰く、

「あたし達のやり方は結局一つでしょ」

ということで シュバルツの悩み損だったという結論に。

そう、2人のやり方は

f:id:LITTLEWING:20161101175700j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101175705j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101175709j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101175713j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101175717j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101175721j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101175724j:plain

f:id:LITTLEWING:20161101175728j:plain

マジカルジュエリーもそうでしたけど

こういう「タッグならではのやりとり」凄く好きです。

ライアンシスターズのやりとりとかも好きでしたけど、

彼女らすっかり見かけなくなりましたからねぇ・・・。

 

それはさておき、今回のコメンテーターは

サンモニ側に気を遣ったのか、

王者側からの指名でマジョラムがすることに。

f:id:LITTLEWING:20161102183257j:plain

f:id:LITTLEWING:20161102183301j:plain

今回、王者側から出された条件が「新鮮な挑戦者」だったため

手の内を知られているあかり&マジョラムコンビでは条件に合わないし

悔しいけれど、今乗りに乗っているKASUMIに勝つのは厳しいと。

それならばと、新パートナーにジャスティス、もしくはハミングを

と最初は考えたのだけれど、その両名に断られ、

オニキスに白羽の矢が立ったというわけで。

それでも厳しいことには変わりが無いのだけれど、

マジョラムとのコンビよりは可能性があるだろうとのこと。

 

そんなオニキスですが、昔と比べるとずいぶんと変わりましたよね。

あかり戦以降、トパーズが変わってしまったと

ガンダーラのメンバーが言ってますが

変わり具合でいったらオニキスの方が明らかに上ですしw

 f:id:LITTLEWING:20141114174854j:plain

この頃が懐かしい・・・w

(ちなみにこの衣装、ブラウザ版では未公開のままでしたっけ?)

 

そんな、変わってしまってからのオニキスですが

記憶に新しいところでは、トパーズとの試合がつい最近あったばかり。

ただし、大型興行(7連戦)という枠でみると

実のところこれまで1試合しか行っていません。

しかもナイトメアに対してワンサイド負け。

その結果をふまえると、今回もタッグということで不安が残るわけですが

実際試合はどうだったかというと

 序盤は五分五分の展開で始まりますが

基本、mixiはKASUMI優勢、

ニコはマジカルジュエリー優勢で進みます。

しかし中盤になると、ヤバゲ、ハンゲをマジカルジュエリーが抑えて

3-1で挑戦者優勢の状態に。

これがしばらく続くわけですが、

残り6時間あたりで今度はKASUMIが

ヤバゲ、ハンゲを取り返して逆に3-1に。

しかしまだまだ終わらない。

残り3時間、ついにmixiで逆転するマジカルジュエリー。

これで2-2の五分に。

更にはヤバゲを再奪取して再度3-1挑戦者優勢!

だがしかし!一向に攻め疲れた様子を見せない王者。

ここからまさかの大反撃で残り約15分といったところで

王者側4-0という嘘のような展開に。

とはいえ、ここまできたら挑戦者側も止まらない。

この状態からmixiを更にひっくり返す!!

でもさすがにもう時間が足りず、

結果は3-1でKASUMI初防衛!

 

なにげに、タッグベルトが復活してから

初めて防衛が成功したという。

マジカルジュエリーとしては悔しい結果となりましたけど

タッグタイトルマッチで

ここまで白熱したことはなかったんじゃないですかね?

ニコ生でも

「あかり、オニキス組は悪い話にはならない」 

みたいな事を言っていたので、

今回限りのタッグではなく今後も期待して・・・いいのかな?

 

なお、1時間毎の4PFトータルのptを確認したんですけど

終盤いくまでは1千万超えれば多いくらいで、

ラストスパートで一気に増えるのがまあ当然だと思うんですよ。

実際、前の7連戦6試合目、一ノ瀬VS山口でも

そんな流れではあったんですが

ラスト1時間でのトータルptが3200万ほどでした。

対して、この試合はどうだったかというと・・・

5000万超えました(^^;;

これは・・・チャレンジマッチ来たらたぶん詰むんじゃ?w

広告を非表示にする