読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】RISING VICTORY 3試合目 唐沢しおん VS 校条手鞠

リングドリーム 7連戦

f:id:LITTLEWING:20160723102705j:plain

「RISING VICTORY」3試合目もヤンドラ杯予選。

無派閥の唐沢しおん、凶獣の校条手鞠の対決ですが

3試合目にしてようやく東女選手同士の試合となります。

 

f:id:LITTLEWING:20160724135235j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724135238j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724135246j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724135558j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724135603j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724135607j:plain

いきなり校条と当たる事で弱気になるしおん。

そんなしおんに活を入れる山吹。

「私の仇を討ってくれると言ったじゃないか」と。

更に、校条に勝てば冬崎よりも強い証明になるのだと言って

とにかくしおんのテンションを上げていきます。

が、

f:id:LITTLEWING:20160724135939j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724135943j:plain

そんな山吹の話に対し、さすがにしおんも疑問に思ったわけなんですが

f:id:LITTLEWING:20160724140027j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724140113j:plain

そんなしおんを勢いで?押し切って、

結局騙しきったまま高いテンションで試合に向かわせる事に成功。

f:id:LITTLEWING:20160724140331j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724140335j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724140338j:plain

しかし、こうもしおんの扱いがうまかったのは

実は一二三と組んだ時の経験が生きたためだとは・・・。

一二三もきっと草葉の陰で(死んでませんw

 

対する校条はというと・・・

f:id:LITTLEWING:20160724140623j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724140627j:plain

セコンドの園原から思わぬ事を言われる校条。

f:id:LITTLEWING:20160724140725j:plain

園原曰く、「凶獣の仲間のため」とか余計なものを背負ってしまって

色々と計算してしまった結果動きが鈍くなっているんじゃないかと。

f:id:LITTLEWING:20160724141033j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724141039j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724141043j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724141047j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724141050j:plain

「邪悪」って言葉だとピンと来ませんでしたが

「壊れた」人間と言われると確かにしっくりきます。

前回のヤンドラ杯では生き生きとモンキーレンチフルスイングしてましたからねw

対さわり戦では岡部に

「普通振れないよ?人間相手にあんな思いっきり」

「どっかおかしいよ、あの人!」

なんて言われてますしねw

f:id:LITTLEWING:20160724142121j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724142159j:plain

何と言っても誤魔化されてはくれない園原。

ただ、園原も校条を責めているわけではなく

人間としてはアウトだけど、レスラーとしてならそれは立派な強みだと。

f:id:LITTLEWING:20160724142705j:plain

f:id:LITTLEWING:20160724142710j:plain

だから、「勝つために」どうこう考えて計算するようなことはやめて

余計な事は考えずに試合をしろと、

偶然にもしおんサイドと同じ作戦を提示する形に。

 

そんな両者ですが、しおんは今回7連戦初参戦となります。

f:id:LITTLEWING:20150728110115j:plain

前回もヤンドラ杯には参加していましたが、

予選で赤城相手に自動敗退。

どこの派閥にも所属しておらず、

長い事一緒に居た有原、野市も東女を去ってしまったため

今は本当にひとりぼっち。

一応、ヤンドラ杯後の身の振り方については

何か考えはあるようだけど、

どこかに入れてもらうとかって話であれば

やはりこのヤンドラ杯でそれなりの結果を残したいところではあります。

 

対する校条は、既にご紹介の通り

前回ヤンドラ杯はむつみ、榎下を下したものの、

前々回優勝者であるさわりに敗北。

それ以外では

凶獣若手決戦8人タッグで惜しくも敗北しているのと

校条になってからの榎下との再戦でリベンジされてたり・・・

あれ?実は前回ヤンドラ杯以外だとあまり思わしくない?(^^;;

とはいえ、これまでの実績を考えればやはり校条有利?

 

と思われたものの、試合は予想外?にもしおん優勢でスタート。

mixiは基本校条が取っていて

それ以外をしおんがという状況でしたが

そこから校条がニコで逆転したことでほぼ互角の勝負に。

このまま2-2で行くと思われたこの勝負、

動いたのはヤバゲ校条勢。

終了4時間前に逆転したことにより今度は校条が3-1でリード。

しおんはハンゲだけは確実に取れそうなものの

mixi、ニコは差が開く一方。

ここで終わりなのか?

まだだ、まだ終わらんよ!

と言わんばかりにしおん最後の猛追。

そして、最大で113万もの差があったニコで最後の最後なんと逆転!

これで、2-2の振り出しにまたまた持ち込み、

結果はpt差に委ねられる事に。

その結果・・・

 

f:id:LITTLEWING:20160724152019p:plain

334,399pt差で校条が接戦を制しました!

 これは本当に最後までどっちが勝ったのかわかりませんでした。

どちらも何も考えずに挑んだこの試合、

どんな描写になるか気になる所ではありますが、

予選2回戦へ進む事が出来たのは校条!

前回に続き決勝トーナメント出場へとリーチをかけました。

広告を非表示にする