広告   

【リングドリーム】ぽひの現在の実力は?

f:id:LITTLEWING:20160321113418j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321113425j:plain

ヤングドラゴン杯に優勝したぽひですが

受け身重視のスタイルであるためにその強さはわかりにくいと。

実際に戦った岡部でさえ「しぶとい」「タフ」という印象はあっても

「強い」とは思えなかったくらい。

じゃあ、実際のところはどのくらい強いの?というおはなし。

 

f:id:LITTLEWING:20160321113512j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321113516j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321113519j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321113523j:plain

A>BでかつB>Cであるならば、

A>Cが成り立つ・・・わけではないのが勝負の世界。

とはいえ、同じインサイドワークで勝負が決したのであれば

そういってしまってもいいのではないか?

というのが笠松理論。

f:id:LITTLEWING:20160321113528j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321113534j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321113539j:plain

ぽひ>さわり>笠松

が成り立つと笠松本人が言ってる中、

じゃあその笠松はどのくらいかというと、

赤ずきんや玉子と互角に渡り合えるだろうと。

そしてその笠松の上を行くぽひはというと

円陣、岸田を相手に勝負の土俵に上がれるのも

そう遠くないのではないかと・・・。

 

っていうか、赤ずきん、玉子が

円陣、岸田の次に挙げられるくらいのクラスだと判明した方が

私としては「へ~」って感じなのですが

実際にぽひと7連戦で当たるとしたら、ぽひが勝ってしまうんですよね(^^;;

つまり、「勝負の土俵に上がれる」ところまで成長するまでは

そのカードは少なくともシングルでは実現しない、

と読み替えればいいわけですね。

 

f:id:LITTLEWING:20160321114927j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321114957j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321115001j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321115006j:plain

一方その頃、ナイトメアでも

ぽひに対する対応について話していましたが

今は放置の方針のもよう。

おいしい獲物とはいえ、レジスタンスを相手にしながら

片手間で仕掛けられる相手ではないし、

ぽひを狙う=ヴァンプ達に喧嘩を売る

ということになるので、さすがに2派閥相手は厳しいと。

それに、ぽひの相手を誰がするかという所でも問題が。

単純に考えれば、赤鬼、青鬼のいずれか・・・というところなんですが

 

f:id:LITTLEWING:20160321115555j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321115559j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321115604j:plain

しかし、前回ヤンドラ杯優勝者であるさわりは

2人に勝利した上での優勝であり、

ぽひは今回のヤンドラ杯でそのさわりに勝利して優勝。

つまり、青鬼の頭の中では

ぽひ>さわり>こがね、石狩、青鬼

という方程式がちらついているわけですね。

それがそのまま成立するわけではないのは前述の通りですが

だからといって無視できるデータでもない。

だから、楽に勝てるとは言えなくなってしまったと。

 

f:id:LITTLEWING:20160321115610j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321115615j:plain

f:id:LITTLEWING:20160321115618j:plain

最後の青鬼さんの一言が

運営の言葉に聞こえなくもないんですがw

そしてこれは、私達も認めなくてはいけないってことなのかも?

まあ・・・違和感がないと言えば嘘になりますけどね(^^;;

これはリアルのプロレスではないので、そこは受け入れましょう。

広告を非表示にする