広告   

ローゼンメイデン完結

最近ヤンジャン読んでなかったんですが、

いつのまにかローゼンメイデン終わってたのね(^^;;

というわけで、最終巻となる10巻です。

真っ先に思い浮かんだのは

「つまり・・・どういうことだってばよ?」

微妙にすっきりしない終わり方というか何というか。

 

結局の所、5巻あたりからすべては幻で、

世界も、鳥海も、元気になっためぐも、

何もかもは雪華綺晶が作り出したものだったと。

 

そして、ローゼンの名はジュンが継ぎ、真紅はアリスとなったものの

誰もおきざりにしないこと

誰もひとりにしないこと

それを真紅は望み

ローザミスティカを他の姉妹達へと返し、自らは眠りにつく

その真紅を目覚めさせるため、

ジュンは新たなローザミスティカを自分の手で作ろうと外の世界へと飛び出す

・・・

っていうことでいいんですかね?(^^;;

 

意外だったのは 、雪華綺晶も最終的には悪役ではなく、

ちゃんとローゼンメイデンの末妹として書かれてたこと。

逆に、翠星石が鳥海にいじられて結構えぐい姿になってたりとか

あれは正直引きました・・・。

そして、ラスボス(?)めぐと水銀燈の結末・・・。

めぐは例の足踏みから私の中で大暴落だったんですが、

(人によっては逆に評価上がったかも知れませんがw)

最後は水銀燈との別れを綺麗にまとめてくれたと思います。

 

・・・なんか、こうしてまとめてると、

真紅何やってたんだ?

と思わなくもないですが、ともあれこれにて完結!

原稿紛失で幻冬舎ともめて、ヤンジャンへ移行したりと大変でしたが

その幻冬舎時代も含めて11年、本当にお疲れ様でした!

 

 

ローゼンメイデン 10 (ヤングジャンプコミックス)
 

 

広告を非表示にする