広告

【リングドリーム】暁の流星雨.2【ストーリーズ】

リングドリーム ストーリーズ」3つめの物語、

星空こがねが主人公(のはず)の「暁の流星雨」第2話です。

 東女の分裂を前にして

チーム星屑としてはどう動くべきか?

先輩達が話し合っている中

未だチームに馴染めているとは言えない火村が

リーダーのこがねについて風祭に尋ねたところで第1話が終わったのですが

f:id:LITTLEWING:20200710205050j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

大事な話し合いをしていたはずの先輩達までが

なぜかこっちの話に加わる始末。

夢原の言うように、風祭ではこがねの昔の話が出来ないのは確かですけど

「こんな楽しそうな話なのに仲間はずれにするつもり?」

って、こがねを肴に楽しんでますね中津井さんw

(なお、こがねもこの場にちゃんといます)

 

 中津井珠樹の証言

 チーム星屑の初期メンバーといえば

今いるメンバーではこがねと中津井になるのですが

f:id:LITTLEWING:20200710205807j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

そもそものきっかけは

社長からこがねの面倒を見るよう言い渡されたことでした。 

 

この頃のこがねは、先輩達の間でも既に「バカ」なやつという意味で有名に。

というのも、入団して一発目から

f:id:LITTLEWING:20200710210334j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

こんな感じだったので・・・w

当然、そんなビッグマウスは先輩達に目を付けられ

練習や試合では彼女への当たりが強くなる羽目に。

 

そんな目に遭っても発言を撤回するどころか

繰り返し言い続ける彼女でしたが

会社からはそれなりに期待されていました。

とはいえ、バカだから危なっかしいという評価は相変わらずだったので

そんな彼女の手綱を握っておくために

中津井とホワイトフェイスの2人がお目付役として抜擢されたのです。

 

ちなみに、会社の方から新人や若手相手に

先輩達を斡旋するということは時々あるのですが

会社がそのレスラーに期待しているか

もしくは、「こいつは放置しておくと危険」と判断した場合、

大抵はそのいずれかの理由からこのような措置が取られます。

例を挙げれば、前者が野々村にフォルゴレを付けた件であり

後者が赤津にえり子を付けた件となります。

 

三つ目の理由

そういう意味では、こがねに関しては

期待半分、危険視半分といった感じだったようですが

実は、上記2つに加えてもう一つ理由があったのです。

f:id:LITTLEWING:20200711124335j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

それは、こがねのためだけでなく

中津井のためにもなるから、というもの。

実際、その頃の中津井にはこがねを御するほどの度量は無く

むしろホワイトフェイスだけいれば十分でした。

それなのに、中津井も世話役に加えたのは

こがねが中津井に良い影響を与えるだろうと会社が判断したが故。

 

当時の中津井は、同期に対してコンプレックスを抱いていました。

実力的な意味での友野、えり子に対してはもちろんのこと

実力では決してひけは取らない椿、野草に対しても

「揺るがぬ自分」を持っているという点で引け目を感じていたのです。

その結果、「悪い意味で」ベテランみたいに落ち着いていると評されるように。

そこで、中津井とはある意味真逆であるこがねの世話をさせることで

良い刺激となってくれればと期待したようですが・・・。

 

裏表の無い人間

f:id:LITTLEWING:20200711125652j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

そんな会社の思惑に反して

中津井のこがねに対する第一印象は

「無駄に明るくてあざといヤツ」でした。 

やたら元気に振る舞っているのも

きっと計算してのものだろうと思ってしまったのです。

ただ、こう思ってしまったのには理由が。

 

その頃、中津井は既に中江との付き合いがあったのですが

f:id:LITTLEWING:20200711130133j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

その当時の中江は、何がウケるか試行錯誤しながら

キャラ作りをしていた頃で

そもそも中津井に近づいたのも

地味で自分のライバルにはなりそうもない先輩だから、

なんて理由だったのだとか。

まあ、中津井にはそんな思惑を一発で見抜かれて

にも関わらず中江の面倒を見てくれたことから

「姐さん」と慕うようになったそうですが

そんな中江を見ていたから

きっとこがねの元気さも

中江のキャラ作りと同じなんだろうと思ったのだとか。
 

f:id:LITTLEWING:20200711131004j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

そんな中津井の考えを、ホワイトフェイスは否定し

「バカと付き合うのはわりと楽しいことでもある」

と言ってくれるのですが

それでも

 裏も表も無い人間なんかいるわけがないと

一向に信じる様子のない中津井。

 

 しかし、そんな中津井が考えを変えるまでに

さほど時間はかかりませんでした。

f:id:LITTLEWING:20200711131531j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

なんたって、こがねですからねぇ・・・w 

 

というわけで、こがねの物語というよりは

すっかりチーム星屑の物語になってますが

昔語りを風祭から中津井にバトンタッチしたのは良かったですね。

じゃないと、私らの知らない時代の話とか出来ませんし。

あと、意外な形で判明した中津井と中江の繋がり。

今の中江はほぼ地でやってるそうですが

彼女でもキャラ作りに悩んでいた時代とかあったんだなーと。

そして、中津井からの誘いで星屑に入ったというのは

本編でも語られていた通りで

f:id:LITTLEWING:20200711133617j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

f:id:LITTLEWING:20200711133623j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

その時に夢原も、ホワイトフェイスに誘われたと言っていたので

次回はそこから星屑入りして

こがねと相対するあたりの話になるんですかね?