広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS CHAOS 2試合目 円丈美和 VS 福北ののり

f:id:LITTLEWING:20190726204548j:plain

「SEVEN DAYS CHAOS」2試合目はセヴンスター選手権試合。

森近との死闘の末に新王者となった 円丈に

2012年三期組のトップバッター、ののりが挑みます。

 

青コーナー 福北ののり

f:id:LITTLEWING:20190726205507j:plain

セヴンスターは目立てていないレスラーにとって

自己アピールすることが出来る格好の場。

「チャンスさえあれば、結果を残してみせる」

そう思っている選手達に

お望み通りチャンスが与えられるわけです。

そして、そのチャンスがようやくののりにも回ってきました。

しかし、そのチャンスを実際にものに出来た選手というのは

実のところそんなに多くはありません。

f:id:LITTLEWING:20190726210204j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726210209j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726210221j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726210228j:plain

そういう意味では、円丈はまさに

そのチャンスをものにした一人といえるでしょう。

森近との試合で、間違いなく知名度が上がったでしょうし

選手の間でも見る目が変わったことでしょう。

f:id:LITTLEWING:20190726210753j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726210805j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726210809j:plain

しかし、そんな円丈が相手だからなおのこと

勝ってチャンスをものにしたい、

いや、してみせると断言するののり。

  

赤コーナー 円丈美和

f:id:LITTLEWING:20190726210951j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726210956j:plain

そんなののりからの大絶賛に戸惑いを隠せない円丈。

まあ実際、ののりの言うように

円丈も埋もれていた選手の1人でしたからね。

ただ円丈自身は、今もそんなに変わったという気はしていないのだとか。

とはいえ、森近との試合を認めてもらえるのは嬉しいとのこと。

f:id:LITTLEWING:20190726211635j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726211640j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726211647j:plain

あれは円丈のこれまでのプロレス人生の中で

間違いなくベストバウトだと断言できる試合。

その試合の結果、セヴンスター王者としている以上

森近のためにも負けられないのだと。

f:id:LITTLEWING:20190726212020j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726212024j:plain

防衛出来て初めて価値があると言われるセヴンスターだけに

今日勝って、自分に王者としての価値をつけてみせるとこちらも断言。

  

解説および試合

コメンテーターは、次の挑戦者であるざくろなんですが

f:id:LITTLEWING:20190726212651j:plain

いきなり「円丈さん読めなさすぎ」の一言からスタートw

まあ、セヴンスター以前の評価は

「ディスティニーのモブレスラー」だったそうなので

今の円丈を見て頭を抱えるのもわかります。

実際、以前のままであればののりの勝ちと予想していたそうなんですが

森近戦での円丈だと逆にののりには勝ち目がないのではないかと。

 

ただ、読めないと言っているのは

f:id:LITTLEWING:20190726213211j:plain

f:id:LITTLEWING:20190726213215j:plain

森近戦での強さが果たして本物なのか?という点。

あれが単に、森近に引っ張りだされただけの力なら

今回はまた元に戻っているはず。

しかし、これまでは力の使い方を分かっていなくて

それが森近戦で目覚めたということであれば

ののりばかりかざくろも危ういと危機感を抱きます。

 

まあ結局、やってみないとわからないってことなんですが

試合は攻守がめまぐるしく入れ替わる乱戦模様。

どちらも6-1リードまで持って行くのに

それをキープすることが出来ずに

今度は逆に6-1で相手にリードされる・・・

そんな展開がしばらく続きます。

しかし後半、ついにののりが6-1で落ち着き始め

そこから更に7-0を狙う展開に。

 

これでこのままののりが勝負を決める・・・

かと思いきやそうはいきません。

ここから円丈の追い上げが始まります。

前半はどちらが有利ともいえない展開だっただけに

実はトータルpt的にも300万ほどの差しかなく

各PFの差もさほどではなかったため

この円丈のラストスパートにより形成は一気に逆転。

そして勝負はトータルptに委ねられます。

その結果は・・・

f:id:LITTLEWING:20190727113423j:plain

5-2で円丈の勝利!

森近戦に続き、今回も終盤での猛攻で勝利をモノにしました。

なんかこう・・・アレよね。

試合前に襲撃されての劣勢スタートだった森近戦で覚醒したという扱いですが

逆境でこそその力を発揮する、みたいな感じのキャラになりつつある感?

ともあれこれで、1回限りの確変ではなかったことを

その結果で証明して見せた円丈。

そうだった場合には、ざくろでも厳しいと本人は言っていましたが

果たして次のざくろ戦、どうなりますかね?