広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS ROMANTIC 3試合目 風祭はやて VS 太堂ゆに

f:id:LITTLEWING:20190323145116j:plain

「SEVEN DAYS ROMANTIC」3試合目は、ヤンドラ杯の準決勝。

風祭はやて VS 太堂ゆに となります。

 

青コーナー 太堂ゆに

f:id:LITTLEWING:20190323154142j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323154148j:plain

f:id:LITTLEWING:20190217131658p:plain

今回のヤンドラ杯、準決勝まで勝ち残ったのは

風祭、太堂、稲荷、飯田の4人。

太堂以外の3人ともが2014年四期組という状況に

四面楚歌という言葉が出てくるのも頷けます。

とはいえ、そもそもFWWWの選手という時点でアウェーですからね。

f:id:LITTLEWING:20190323154616j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323154622j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323154831j:plain

なお、1回戦では白木と正面からのぶつかり合いをしてみせたわけですが

今回の相手は小兵の風祭。

いかにして彼女を捉えられるかが勝負の鍵となります。

f:id:LITTLEWING:20190323154838j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323154845j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323154852j:plain

それをふまえた上でなんと

コーナーポストからのパワースラム予告!

 

赤コーナー 風祭はやて

f:id:LITTLEWING:20190323155506j:plain

ですよね!(^^;;

f:id:LITTLEWING:20190323155609j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323155615j:plain

なので、風祭としては正面から挑むことは最初から考えず

相手をかき回しまくる作戦に。

f:id:LITTLEWING:20190323155622j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323155628j:plain

でも、その台詞を引っ張ってくると何だか不安にw

若さ故の過ち」とかにならないことを願うばかりです。

f:id:LITTLEWING:20190323160120j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323160126j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323160132j:plain

ともあれ、太堂も言っていたように

2014年四期組が3人とも残っているこの状況。

だったらこのまま最後まで2014年四期組でヤンドラ杯を制覇せんと

最後の壁、文字通り壁である太堂に立ち向かいます。

  

解説および試合

コメンテーターは、ヤンドラ杯優勝経験者であるメアリ。

普通なら、東女対FWWWとなれば東女の選手に肩入れしたくなるところですが

f:id:LITTLEWING:20190323160658j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323160705j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323160712j:plain

自分のヤンドラ杯での経験から

同期対決を実現させたいという気持ちもわかるし

その同期であるぽひがFWWW所属ということから

他団体の選手でも熱い試合が出来る事も理解出来るため

どちらにも肩入れはせず、両者ともに全力を尽くして欲しいとエール。

 

試合予想に関しては

f:id:LITTLEWING:20190323161115j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323161122j:plain

「要塞」VS「戦闘機」という構図を示してくれます。

太堂もあの巨体には似合わず、ムーンサルトを使ったりしますが

今回は相手が小さく躱されやすいこともあって

空中戦には発展しないだろうとのこと。

ただ、風祭側は少しずつダメージを蓄積させなければならないのに対し

太堂側はとにかく1発当てさえすれば状況を変える事が可能なので

風祭側が精神的に苦しいのは否めないところ。

f:id:LITTLEWING:20190323161740j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323161746j:plain

f:id:LITTLEWING:20190323161754j:plain

個人的には、今でも

餅つきパワーボム=エンドレスリバウンド高岩ボム

なんですが、これ喰らったらアウトでしょうね。

パワーボムパワーボム→パワースラムとか

太堂の巨体でやられた日にゃあシャレになりませんw

 

そんな両極端な2人の試合。

太堂のでかい一発から始まりますが、即座に切り返していく風祭。

負けじと太堂も反撃し、自分のペースに持ち込もうとしますが

キープできたのは4,5時間ほど?

試合後半は完全に風祭のペースとなりひたすら5-2の展開に。

それでも終盤、mixi勢の怒濤の追い上げにより

最大で約900万ほどあったトータル差を一気に縮めに行きますが

130万まで詰めるのが精一杯であと一歩及ばず。

結果、風祭がヤンドラ杯優勝決定戦へコマを進めることとなりました。

f:id:LITTLEWING:20190324131029p:plain

これにより、2014年四期組同士の決勝戦となることが決定。

2014年四期組のためのヤンドラ杯になってしまったわけですが

その相手が、前回優勝者である飯田になれば

前ヤンドラ杯1回戦以来の再戦に。

稲荷となれば、これまで1勝1敗と五分の相手と3度目の勝負になります。

果たして、決勝戦はどちらの再戦となるのか?