広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ グレムリン御門 VS ピオーネ鋼皇女

f:id:LITTLEWING:20191130142238p:plain

今回のスペシャルワンマッチは、グレムリン御門 VS ピオーネ鋼皇女。

なんでこんなカードが実現したのかというと

先日の、舞々VSアリスの試合後にまで話は遡ります。

 

f:id:LITTLEWING:20191130142531j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130142536j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130142540j:plain

アリスが勝利したとは聞いていましたが

フィニッシュとなったのは

コーナーにいる舞々を捕まえてのスパニッシュ・フライからの

複合関節技「リドル・リドル」でした。

 

なお、これは私も指摘してる人がいて初めて気付いたのですが

アリスがかつてヤンドラ杯に参加した際

多子相手にフィニッシュとして用いたのも「リドル・リドル」だったんですね。

ただし、その時の技は脳天逆落とし式フロントスープレックス

同じ名前なのに全然違うじゃーん!とw

これはきっと・・・アレだよ。

リドル・リドル’16とリドル・リドル'19みたいなw

 

・・・話を戻します。

試合後、互いの健闘をたたえ合うアリスと舞々。

何なら仲間にならないかと舞々を勧誘しますが

ナイトメアの一員である舞々は当然拒否。

ナイトメアとの共闘という形なら・・・と多少の譲歩を見せますが

f:id:LITTLEWING:20191130143301j:plain

RLoWの共闘先は既に決まっていると

ここででかい爆弾を落とします。

(プレイヤーは既に知っているわけですが)

f:id:LITTLEWING:20191130143402j:plain

そして会場のライトが消え

ムソグルスキーの「はげ山の一夜」をBGMに

f:id:LITTLEWING:20191130143515j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130143519j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130143524j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130143528j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130143607j:plain

樽金社長とマミー、ピオーネ、Yuiがリングへ登場。

RLoWは社長軍に力を貸し

FWWWの粛正に乗り出すことを宣言します。

f:id:LITTLEWING:20191130143804j:plain

粛正がどうとか、あの社長が言い出すような事ではないので

さすがに正気を疑う舞々ですが

f:id:LITTLEWING:20191130143815j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130143819j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130143825j:plain

もちろん茶番に決まっておるじゃろう!w

っていうか、ここで「ささやき女将」ネタとか

懐かしいものぶっ込んでくるとか思わないじゃないですかw

f:id:LITTLEWING:20191130144029j:plain

舞々も、マイクがアリスの声を拾ってしまわないか気が気じゃありませんw

とはいえ、真面目な話

この3人ではいささか戦力不足なのではないか?

そんな指摘が出るのもごもっとも。

f:id:LITTLEWING:20191130144320j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130144325j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130144330j:plain

もちろん、メンバーはこれで全員ではありません。

むしろ、まだ顔を見せてない面々の方がヤバイですからね。

この後、霧島達を紹介する段取りだったはずなんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20191130144420j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130144425j:plain

樽金社長による「ボーナス宣言」によって

その段取りがめちゃくちゃにw

結局、霧島達は紹介されないまま。

会場に来ていたというサプライズゲストの方もわからずじまいに。

いつになったら正体わかんのよ・・・(^^;;

 

 

とまあ、そんないきさつがありまして

f:id:LITTLEWING:20191130144931j:plain

めでたく粛正第一号に選ばれたのが、御門だったわけです。

っていうか粛正対象なのに嬉しそうだなw

まあ本人は、刺客を倒してボーナスGET!と思っているようなので

嬉しそうなのもわかりますが。

f:id:LITTLEWING:20191130145221j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130145236j:plain

それだったら、自分を狙ってくれれば・・と

同じくボーナス狙いの鈴木。

まあ、鈴木が珍しく強気でいるのは

新人相手だったとはいえ、

「勝つつもりでやって」ちゃんと試合に勝てたからなのでしょう。

f:id:LITTLEWING:20191130142245j:plain

だからってこれはズルイと思ったけどね!w

何よ「本気の」鈴木ってw

 

f:id:LITTLEWING:20191130145240j:plain

f:id:LITTLEWING:20191130145245j:plain

とはいえ、あまり調子に乗らせるとこういう事言い出しますので

やっぱり最弱芸のままでいてくれた方がいいんですかね?w

 

とまあ、結局ピオーネの方はろくに紹介なかったんですが

試合の方はやはり御門が優勢に。

そもそも、これまで

ピオーネのキャラを掘り下げたことほぼないですしねぇ・・・。

ともあれ、7-0から4-3まで安定はしないものの

常に優勢の状態で試合を進めます。

そんな状態に変化がみえたのが後半に入ってから。

ピオーネの反撃により6-1と逆転!

しかし、その後何度か攻防が入れ替わった後

再び御門優勢に。

星数的にも5-2で落ち着いてきたこともあって

これで決まりか・・・と思った試合終盤、ピオーネの猛反撃が!

ニコ以外の4PFをおさえ

更にはトータルptの方も試合終了ギリギリで逆転!

結果、6-1でピオーネが逆転勝利を果たしました。

 

f:id:LITTLEWING:20191205182020p:plain

ちなみに、文中では

御門の方が人気があるだろう風に書いていましたが

実際にはピオーネ側についた人が200人ちょっと多かったとか。

もちろんこれで、キャラ人気はピオーネが上なんて

決めつけられるわけではないですが

社長軍への期待が表れた数値とはいえるのではないでしょうか。

ともあれこれで、アリス、ピオーネと連勝した社長軍。

出だしとしては悪く無いのではないでしょうか。