広告

【リングドリーム】RISING GENESIS 4試合目 獅子唐辛子 VS 暗黒果実

f:id:LITTLEWING:20190421160048j:plain

「RISING GENESIS」4試合目からは東女の興行に。

わらしべタッグもついに最終章!

ここまで、「Meat Mercury」「Spica」「クリムゾンスポット」と

徐々に上のレベルのタッグと対戦して勝利してきた

伏久、ざくろの「暗黒果実」ですが

今回はついに「元・女帝直下」が登場!

十両、紅蓮の「獅子唐辛子」が相手です。

 

青コーナー 暗黒果実

f:id:LITTLEWING:20190421161814j:plain

f:id:LITTLEWING:20190421161823j:plain

f:id:LITTLEWING:20190421161828j:plain

数日前に伏久とは話していましたが

この試合、勝っても負けてもわらしべタッグとしては一区切り。

しかし、勝った場合は東女での上位クラスのタッグと認め

じっくりと育てていきたいとのこと。

f:id:LITTLEWING:20190421162134j:plain

それだけに、獅子唐辛子という「金脈」を掘り当て

ゴールドラッシュを起こすのだと、俄然やる気のざくろ

f:id:LITTLEWING:20190421162140j:plain

f:id:LITTLEWING:20190421162145j:plain

でも、そこでまさか御神体ネタを引っ張ってくるとは

伏久だって思わないでしょうにw

f:id:LITTLEWING:20190421162150j:plain

あと、それが夢だったとかどういうことよww

 

ちなみに・・・このやりとりから

「金粉ショーは皮膚呼吸が出来なくなるから危険」

なんて話を思い出したんですが、調べてみたら嘘らしいですね(^^;;

どちらかといえば、金粉の成分によっては

中毒症状に陥るとかそっちの危険があるとかどうとか

まあ、ここでは正直どっちでもいい話。

  

赤コーナー 獅子唐辛子

f:id:LITTLEWING:20190421163701j:plain

f:id:LITTLEWING:20190421163705j:plain

f:id:LITTLEWING:20190421163715j:plain

獅子唐辛子の実力を認めた上での「金脈」発言なので

そこについては別に文句はないけれど

素直に金を持って行かれるつもりはさらさらありません。

f:id:LITTLEWING:20190421163911j:plain

f:id:LITTLEWING:20190421163917j:plain

それに、獅子唐辛子に金が眠っているというのなら

それは自分達のために使おうという紅蓮。

獅子唐辛子はまだまだやれるのだから、と

ここで負けてタッグ解消するつもりなど毛頭ない事をアピール。

f:id:LITTLEWING:20190421163921j:plain

f:id:LITTLEWING:20190421163925j:plain

十両としても、負ければ一線から退くと言ってはいましたが

もちろんそれを望んでいるわけではありません。

勢いづいている暗黒果実を返り討ちにすることで

改めて上に挑む機会を目論みます。

  

解説および試合

コメンテーターはKATON。

f:id:LITTLEWING:20190421164510j:plain

f:id:LITTLEWING:20190421164514j:plain

普通に考えれば、獅子唐辛子有利と誰もが思うだろうと前置きした上で

あえて「互角」だと予想するKATON。

もちろん、何かの偶然で格下が勝つこともあるでしょう。

しかし、暗黒果実はここまで最初の「Meat Mercury」はともかくとして

「Spica」「クリムゾンスポット」と格上を立て続けに撃破してきました。

積み重なった時点でそれはもう偶然ではないのでは?

それが、KATONが互角だと予想する理由。

むしろ、獅子唐辛子側がそう思っていなければ

本当に金星を持って行かれるぞと軽く脅すほど。

f:id:LITTLEWING:20190421165051j:plain

もっとも、「成り上がり」の話が好きなKATONとしては

それはそれで見てみたい気持ちもあるようですが

f:id:LITTLEWING:20190421165056j:plain

十両に無様なところを晒して欲しいわけではないので

心中複雑なところ。

 

そんな、私らマネージャーの心境を代弁してくれたかのようなコメントでしたが

試合の方は、立ち上がりは獅子唐辛子が先制。

しかし、暗黒果実もすぐに立て直して接戦に。

しばらくはその状態が続くのかと思われましたが

徐々にその差がハッキリと・・・。

そう、リードしているのは暗黒果実の方に。

試合の2/3が経過した頃にはついに7-0ワンサイド状態となり

獅子唐辛子は巻き返すことが出来ずに決着。

よもや、この試合までもが7-0で終わろうとは・・・。

 

しかしこれで、暗黒果実は上位クラスのタッグと認められ

いずれはベルトに絡むチャンスも期待出来るように。

逆に、獅子唐辛子は事前に十両が言っていた通り解散。

紅蓮は別のパートナーを探すことになるのでしょう。

先の展開について、明暗がハッキリと分かれてしまいましたが

紅蓮の新パートナーというと、今ならかんきちが最有力だと思うので

実績を積んでいずれ暗黒果実にリベンジを・・・期待したいですね。