広告

【リングドリーム】RISING GENESIS 5試合目 風祭はやて VS 稲荷ひめり

f:id:LITTLEWING:20190422210027j:plain

「RISING GENESIS」5試合目はヤングドラゴン杯優勝決定戦。

「2014年四期組の大パーティーに」

という風祭の言葉が現実のものとなり

決勝は風祭はやて VS 稲荷ひめり、

2人の2014年四期組によって競われることに。

 

青コーナー 稲荷ひめり

f:id:LITTLEWING:20190422211244j:plain

f:id:LITTLEWING:20190422211250j:plain

前回のヤンドラ杯では、最終的には準優勝だった小天狗と予選で当たり

2014年四期組の中で唯一予選落ちという悔しい思いをした稲荷。

しかし、そんな悔しさをバネに

前回優勝者である飯田を倒し、この優勝決定戦にまで勝ち残りました。

ここまで来たらもちろん、狙うは優勝。

f:id:LITTLEWING:20190422212355j:plain

f:id:LITTLEWING:20190422212400j:plain

f:id:LITTLEWING:20190422212405j:plain

しかし、その対戦相手がよりにもよって同居人の風祭であるため

甘えを捨てる意味で、今はお互い別のホテルに泊まっているのだとか。

結局、どちらかが寮に泊まる案は却下されたようですw

まあ、そうなったら寮泊まりの方が有利になりそうでしたしね(^^;;

f:id:LITTLEWING:20190422212722j:plain

f:id:LITTLEWING:20190422212727j:plain

ともあれ、そこまでして本気で勝ちに来ている稲荷。

前回の悔しさを、優勝の喜びで払拭することが出来るのか?

  

赤コーナー 風祭はやて

f:id:LITTLEWING:20190422213021j:plain

f:id:LITTLEWING:20190422213027j:plain

しかし、悔しかったのは自分も同じだという風祭。

風祭は、稲荷と違い本戦には進めたものの

1回戦で飯田と当たって敗北。

その飯田が優勝となれば、悔しくないはずがありません。

そのリベンジを今回したかったのに、

当の飯田は稲荷に負けてしまいましたしね。

でもまあ、その飯田を倒した稲荷と戦えるということでここは我慢。

 

そして、稲荷も話したホテル住まいの件ですが

風祭の方は若干トラブルがあったようで・・・

f:id:LITTLEWING:20190422213457j:plain

・・・あー。

どうやら、子ども扱いされてしまって

ホテルは断られそうになったり

外食に出かけたら補導されそうになったりと散々だったようで(^^;;

そんな不満を、今日この試合にぶつける・・・って

稲荷さん完全にとばっちりじゃないですかーw

f:id:LITTLEWING:20190422213750j:plain

f:id:LITTLEWING:20190422213755j:plain

f:id:LITTLEWING:20190422213811j:plain

f:id:LITTLEWING:20190422213816j:plain

もちろん、風祭も優勝を狙っていますが

風祭が勝てば、ヤンドラ杯での3人の戦績が

皆1勝1敗になってちょうどいいじゃないか、なんてことも。

などと、あれこれもっともらしいことを語ってみたものの

結局言いたいのはただ一言。

「優勝するのは自分だ」と。

  

解説および試合

コメンテーターは、当然飯田になるわけですが

f:id:LITTLEWING:20190422214304j:plain

さすがに今回ばかりは、予想とかそういったことは抜きで

ただ見守りたいと。

なので、ここは両者の戦績を見てみようかと。

 

稲荷ひめり 4-3
○ 稲荷ひめり VS 飯田知世子    
○ 稲荷ひめり VS 神楽坂美樹 後日談  
○ 稲荷ひめり VS 紅葉林檎[ワンマッチ]    
× 稲荷ひめり VS 小天狗舞々[ワンマッチ] 後日談  
○ 風祭はやて VS 稲荷ひめり[ワンマッチ]    
× 飯田&アナ組 VS 稲荷&神楽坂組    
× 風祭はやて VS 稲荷ひめり    

 

風祭はやて 5-2
○ 風祭はやて VS 太堂ゆに    
○ 兎角はねる VS 風祭はやて    
○ 風祭はやて VS 熊井さと[ワンマッチ]    
× 飯田知世子 VS 風祭はやて 後日談  
○ 風祭はやて VS 神楽坂美樹 後日談  
× 風祭はやて VS 稲荷ひめり[ワンマッチ]    
○ 風祭はやて VS 稲荷ひめり    

今回、風祭が勝てばヤンドラ杯での3人の戦績が皆1勝1敗に

なんて話をしていましたが、

それとは別に、風祭と稲荷の直接対決が実は今回で3回目。

過去2戦は1勝1敗だったりするんですよね。

前回の対戦から2年以上経過しているとはいえ

今回勝利した方が、戦績の上で一歩リードすることにも。

 

あと、2人ともこれまでタッグの試合が皆無なので

(稲荷が1試合のみ)

優勝のご褒美であるタッグの方も

気が早いですが興味ありますね。

 

それはさておき試合の方は、やはり一進一退に・・・

かと思いきや、若干とはいえ稲荷が優勢。

しかし、序盤は4-3だったのが中盤には5-2になり、

後半には6-1にと次第に差を話されていく風祭。

それでも、まだ終わりはしないと

終盤mixi勢による怒濤の追い上げで5-2に戻しましたが

ここまで積み重なった1千万近くのトータル差まではどうにもならず

結局5-2で稲荷の勝利に。

今回のヤングドラゴン杯は、稲荷ひめりの優勝となりました!

f:id:LITTLEWING:20190423215422p:plain

デビュー当時は、いきなり一ノ瀬の下に付いたこともあってか

他の2人よりも出番に恵まれない時期もあった稲荷。

前述の通り、前回は同期で唯一予選敗退して悔しい思いもしてきました。

しかし、今回は彼女が、稲荷がヤングドラゴンの頂点です!

しかも、前回優勝者である飯田を降しての優勝ですからね。

これはもう、誇って良いと思います。

 

ただやはり気になるのは、途中にも書いたご褒美タッグの件。

さすがにもう、一ノ瀬は無理ですよね?(^^;;

となると、余所の派閥にお願いすることになるんでしょうが

一体誰になるのやら・・・。