広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS ROMANTIC 2試合目 クリムゾンスポット VS 暗黒果実

f:id:LITTLEWING:20190322183533j:plain

「SEVEN DAYS ROMANTIC」 2試合目は

わらしべ長者杯(そんなものはない

ここまで、ディスティニー、チーム星屑に勝利して

まさに「わらしべ長者」の如く成り上がってきた

伏久、ざくろの「暗黒果実」。

今回のターゲットは・・・ソニックファミリー!

赤井、原田の「クリムゾンスポット」が相手です。

 

青コーナー 暗黒果実

f:id:LITTLEWING:20190322183906j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322183911j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322183919j:plain

今回の相手は、新参とはいえソニックファミリー。

更に、現王者であるSHIROKAGEとも試合経験があるという格上の相手。

それだけに、ここで金星を挙げれば

一気に上に上がることが出来る、そんな試合だけに

ざくろも試合前からやる気十分!

問題は伏久の方なんですが

f:id:LITTLEWING:20190322184235j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322184241j:plain

いつもどおり、後ろ向きな発言を続けるのかと思いきや

今日のこの機会はざくろと2人、実力でもぎ取ったものなんだと。

f:id:LITTLEWING:20190322184247j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322184252j:plain

だから、胸を張ってリングに立つと

ある意味伏久らしくない前向きな発言を。

これにはざくろもビックリで、

そんな伏久を見れただけで、今日はいける!との確信が。

f:id:LITTLEWING:20190322184302j:plain

確信が・・・w

 

赤コーナー クリムゾンスポット

f:id:LITTLEWING:20190322214007j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322214013j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322214019j:plain

暗黒果実からすれば一気に浮上するチャンスだというこの試合ですが

チャンスという意味ではクリムゾンスポットにとっても同じ。

というのも

前述の通り、タッグではSHIROKAGEにしてやられたわけですが

シングルも両者とも負けて以降出番がない状態になっているので

再起を図りたいと思っていたところでのこの試合、

確かにまたとないチャンスでしょう。

f:id:LITTLEWING:20190322214739j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322214745j:plain

ただし、SHIROKAGEとの試合を理由に評価されるのには抵抗あるようでw

確かに、試合内容としては一方的にやられた感じでしたからね。

f:id:LITTLEWING:20190322214917j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322214922j:plain

ともあれ、暗黒果実を生け贄にすることで

もう一度上を目指したいクリムゾンスポット。

拒否権?そんなものはもちろんありません。

  

解説および試合

コメンテーターは蛍さんの方の南城。

f:id:LITTLEWING:20190322215356j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322215402j:plain

同じ南城一族、同じ凶獣の仲間ということもあって

当然暗黒果実を応援しているのですが

そんな身内びいきを抜きにしても伏久とざくろが頑張っているのは確か。

それだけに、その努力が報われて欲しいと思うわけですが

f:id:LITTLEWING:20190322215632j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322215638j:plain

f:id:LITTLEWING:20190322215645j:plain

2人が選んだクリムゾンスポットという相手は実に厄介だと。

レスラーとしての素養は決して高くはないのだけれど

その分「出来ること」と「出来ないこと」をわきまえ

その上で諦めが悪いと南城は評します。

粘りのある戦いという意味では伏久の土俵に思えますが

その点ではクリムゾンスポットの方が上だとまで。

今回はざくろが出ているからという理由からの

コメンテーター抜擢かと思いましたが

そういえばSHIROKAGE VS クリムゾンスポット の試合でも

コメンテーターを務めていたりして

何気にクリムゾンスポットを気にかけてますよね、南城さん。

 

そんな彼女が「暗黒果実の方が不利」と評価した通り

序盤はクリムゾンスポットがリード。

しかし、暗黒果実側の上積みは予想以上だったのか

6-1で負けていた状況が試合1/4を経過した頃には接戦に。

折り返しの頃には逆に6-1でリードする側に。

そこからはごぼ暗黒果実のペースで

終盤5-2になりはするもののそれも1,2時間程度のもので

最終的には6-1で

クリムゾンスポットをほぼ抑え込む形での盤石な勝利。

チャンスをものにしたのは暗黒果実の方でした。

 

でもこうなると、次は誰が相手をするのか?

ここまで来たら、タイトルを狙えるレベルの相手が出てきても良い頃?

その方向で考えるのであれば、

今回のSHIROKAGE主導のイベントに参加していない

十両、紅蓮の「獅子唐辛子」や咲川、さわりの「朧双花」あたりは

スケジュール的には空いてそうですが。

あとは

昨年6月にSHIROKAGEに負けて以降音沙汰無しの

えり子、ルシフェル組「エンジェルクラッカー」とか?

 

まあ・・・朧双花はタイトルマッチ経験してることもあって

さすがに次はないでしょうけども

このあたりのクラスを相手にするようになると

いよいよタッグ戦線に殴り込み!って感じしますよね。

もちろん、次にこのクラスが出てくるのかはまだわかりませんけども。