広告

【リングドリーム】RISING CHOCOLATE 3試合目 アナ・ペコリータ VS 飯田知世子

f:id:LITTLEWING:20190216130815j:plain

「RISING CHOCOLATE」3試合目もヤンドラ杯1回戦。

この試合で、いよいよベスト4が決まりますが

前の試合に続いて今回も、2014年四期組と2015年三期組の戦いに。

飯田知世子が同期対決を実現させるのか?

それとも、アナ・ペコリータが同期の無念を晴らすのか?

 

青コーナー 飯田知世子

f:id:LITTLEWING:20190216132159j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216132208j:plain

今回、シードとして予選を免除されたのは飯田と兎角の2人でしたが、

兎角の方は既に1回戦敗退が決定。

ここで飯田が負けては、シード選手がふがいないと言われかねないし

何よりも前回王者という立場もあって

プレッシャーがハンパない様子。

しかし、前の煽りVで稲荷からエールを受けたこともあり

ここで終わるわけにはいかないと気を引き締めます。

f:id:LITTLEWING:20190216133333j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216133340j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216133347j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216133355j:plain

そして、アナのことは嫌いではないけれど

勝負は勝負ということで

「容赦なく攻め立てる」宣言を。

 

赤コーナー アナ・ペコリータ

f:id:LITTLEWING:20190216133641j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216133651j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216133658j:plain

そんな飯田からの「攻め立てる」宣言を受け、

普段ならご褒美ですらあると相変わらずのアナ節を炸裂させますが

神楽坂との約束の方が大切だと一途なところも見せます。

準決勝で神楽坂と戦い、打ち倒すことこそが

神楽坂への最大の誠意だと信じているから、と。

f:id:LITTLEWING:20190216134304j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216134313j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216134319j:plain

そして何よりも、1人のレスラーとして

前回優勝者に己の力をぶつけたい、

レスラーとして実力を発揮したいと

普段のアナからは想像できないような闘争心を前面に出してきます。

f:id:LITTLEWING:20190216134325j:plain

その闘争心をぶつける先は、

もちろん前回優勝者、飯田知世子。

彼女に全てをぶつけると宣言するアナ。

 

解説および試合

 コメンテーターは、先ほどの風祭同様

既に1回戦突破を果たしている太堂。

といっても、FWWW所属の選手なので東女のことはわからないかと思いきや

神楽坂とは学生同士の繋がりで色々話をしているのだとか。

そんな話の一つとして、アナの事が話題になることも。

f:id:LITTLEWING:20190216135102j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216135109j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216135118j:plain

で、アナが神楽坂にやたらと絡んでくる光景というのは

想像するに難くないのですが、

その絡み方がやたらとうまくなかなかふりほどけないのだとか。

 

f:id:LITTLEWING:20190216135316j:plain

神楽坂が蹴り以外もそつなくこなす事は

前の試合に語られていましたが、

そんな神楽坂が、寝技に持ち込まれると危機感を感じるほどなのだと。

アナが得意なのはスープレックス系、というのが周りの認識なので

寝技に持ち込めばアナにも可能性があるのでは?とのこと。

f:id:LITTLEWING:20190216135757j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216135804j:plain

f:id:LITTLEWING:20190216135811j:plain

とはいっても、あくまでも可能性があるかも?程度で

飯田が有利なのは変わらないだろうと。

怒濤のフルコースに入られたが最後、

同世代では止められないのではないかと。

 

そんな太堂の予想通りか、試合は飯田ワンサイド。

神楽坂は同じような展開から最後に一矢は報いましたが

こちらはその一矢報いることすらも許さない完璧な試合運び。

文句なしの7-0で飯田が準決勝へ勝ち上がり。

f:id:LITTLEWING:20190217131658p:plain

その結果、準決勝は2014年四期組3人とFWWWの太堂ということに。

前の試合で稲荷が

「2014年四期組で支配する」といっていたのが

現実のものとなるまであと一歩というところに。

こうなると、唯一残った太堂に頑張って欲しい気持ちもありますが

準決勝、どんな展開が待っているのでしょうか?