広告

【リングドリーム】雌伏の時

f:id:LITTLEWING:20180925215149j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925215154j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925215207j:plain

女神杯に備えて咲川とスパーリングをしにきたシュバルツですが

あいにく咲川は打ち合わせ中のためしばらく不在。

ならばと、さわりをターゲットに定めるシュバルツですが・・・

 

f:id:LITTLEWING:20180925215434j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925215439j:plain

もちろん、スパーの相手は誰でもいいわけではありません。

が、咲川をはじめとしたフラフラのメンバーは

相手の力を利用した戦い方に秀でているため、

回転力で受け流し、回転力で攻撃するという

円陣対策にはもってこいなのだとか。

f:id:LITTLEWING:20180925215654j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925215659j:plain

結局、さわりの方もセヴンスターに向けての特訓だと思うことにして

シュバルツとのスパーを受け入れるのですが

f:id:LITTLEWING:20180925215745j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925215750j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925215754j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925215758j:plain

ここで千鶴から待ったがかかります。

女神杯の都合上、タッグが後回しになっているとはいえ

今のシュバルツのパートナーは千鶴ですもんね。

確かにここは、まず千鶴に声をかけるべき。

そんなわけで、結局シュバルツが2人を相手にすることになったんですが

咲川が結局練習時間に間に合わなかったこともあって

f:id:LITTLEWING:20180925220130j:plain

さわり、千鶴共に足腰が立たない状態にw

ただ、今回のやりとりで気になったのは千鶴が割って入ってきたこと。

f:id:LITTLEWING:20180925220301j:plain

いつもの千鶴ならあのタイミングでは声をかけず、

さわりがダウンして動けなくなったのを見計らって

「次は私が」とか入ってきたはず。

そんな、いつもの千鶴らしからぬ積極性を見せたのは

FWWWタッグの話を聞いたから。

f:id:LITTLEWING:20180925220528j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925220743j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925220748j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925220753j:plain

タッグとシングルでは事情が違うとはいえ

ぽひは既にカオス・ブリザード、アンデット・パッケージ、

そしてヴァンパイアガーデンとそうそうたる面子を打ち破っており

そして今度はSHIROKAGEとやるかもしれないと。

そして、同じく同期のメアリだって

f:id:LITTLEWING:20180925221034j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925221038j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925221042j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925221046j:plain

f:id:LITTLEWING:20180925221205j:plain

SHIROKAGE、ベノムナイト、トナーズと

ぽひに劣らない実績を挙げているわけですが

千鶴だけはまだ実績を挙げられていないわけです。

もちろん、シュバルツというパートナーを得ることが出来たので

今後チャンスはあるのでしょうが

当のシュバルツが今は女神杯で手が離せないため

2人との差がこれ以上開くことにどうしても焦りを感じてしまう千鶴。

 

とはいえ、今できることは

いずれ来るであろう機会に向けて自らを鍛え上げる事くらいですからね。

早いとこ、シュバルツ&千鶴のタッグを見てみたいですけど

だからといってシュバルツに女神杯で負けて欲しいわけではないので

この辺り心中複雑なところで(^^;;