広告

ドカベン ドリームトーナメント編 ウォーリアーズ VS スーパースターズ(完結)

f:id:LITTLEWING:20180908174155j:plain

ついに、ドリームトーナメント編の

いや、「ドカベン」最後の試合となる

京都ウォーリアーズVS東京スーパースターズのダイジェストとなります。

 

1回表

両投げの木下に対して

先頭バッター大楽はその巨体に似合わぬバントの構えで挑発?

更には、フォアボールで進塁した後初球で走る!

木下はとっさにコースを外すも真田がしっかりバントして1アウト2塁。

3番中西は右中間ライナー。

抜けると判断して走る大楽。

しかし山岡ダイビングキャッチのファインプレー!

が、その後まさかの落球。

これで大楽は悠々とホームを踏み、中西は二塁へ。

先制点はウォーリアーズ・・・と思いきや、

ボールを持った殿馬が二塁を踏んでアウトの宣告。

山岡が落球したのは完全捕球が認められた後だったため、

タッチアップしていない大楽もまとめてアウトに。

初回から波乱の展開。

 

1回裏

1番岩鬼、中西の高めの球をピッチャーゴロ。

しかし、バットを真っ二つに折るほどの力で叩きつけたため

ワンバウンドした打球は中西の頭上を越える。

殿馬送りバント、星王三振の後、4番山田。

チェンジアップ、フォーク、カーブ、捕手えーじのサインは

いつもの中西からは想像も付かない配球。

しかし最後は、160キロストレートで山田を三振に。

 

2回表

4番微笑、内野安打からの単独スチール。強肩山田の意表を突いて二塁セーフ。

5番牛之介も同じく内野安打でノーアウト一・二塁。

6番才蔵の打球はピッチャーの前で大きく跳ねて・・・

後方に抜けようとするところを殿馬がジャンプしてたたき落とす!

それをセカンドに入ったサルがそのままキャッチしてセカンドアウト。

7番先斗は浅いライトフライになるも、

微笑ホームへ!ギリギリのタイミングになる先制点。

 

2回裏

5番義経、ファーストのタッチを八艘飛びで躱しての内野安打。

山岡、サルを3球三振に取るも、長島、桜木が塁に出て満塁になったところで

岩鬼死球で押し出し。

更に殿馬がグリップバントによる満塁スクイズ

更に追加点が欲しいスーパースターズだが、星王3球三振。

 

3回表

ピッチャー、「フォークボーラー」緒方に交代。

真田を3球三振に取るも、フォーク狙いのふりをした中西が

ストレートを狙い打ってライトスタンドへ。

続く微笑もツーベースヒット。

牛之介を三振に取ったツーアウトにするも

才蔵、先斗が連続タイムリーヒットで逆転。4-2に。

 

3回裏

山田VS中西2度目の対決は、初球163キロをライトスタンド上段へ。

山岡の三塁線のゴロはベースに当たる幸運のツーベース。

そこをサルがセーフティバントで自らも生き、山岡は一気にホームへ。同点4-4。

 

4回表

ノーアウト満塁のピンチに緒方、中指負傷のため降板。

変わったピッチャーは・・・岩鬼?!

いきなり押し出して1点を献上するも、

ピッチャー強襲の打球を身を挺して阻止した岩鬼、見事ゲッツーに。

 

4回裏

がに股で構えて何やら様子のおかしい岩鬼

しかし、その構えから163キロのど真ん中をレフトスタンド上段へ。

実は先ほどの守りの際、ピッチャー強襲の打球が岩鬼の睾丸を直撃していた模様。

そのあまりの痛みから,ど真ん中が悪球になったというオチ。

その後の殿馬、星王、山田は連続三振。

特に山田を三振に取った球は、なんと166キロ!

 

5回表

ピッチャーは隼に交代。

ナイター照明を利用した「ブルートレイン投法」でツーアウトまで取るも

先斗にセーフティバントで塁に出られた以上はBT投法はもう使えずに降板。

代わった義経が、高校時代を思わせる「予告ストレート」で堀田のバットをへし折る。

 

6回表

沖田、居合い打法で打球に変化を与えての内野安打。

続く大楽がフォークをすくい上げる形に。

打ち取ったはずの打球を力で無理矢理スタンドへ。7-5。

 

6回裏

岩鬼、詰まったフライがフェアゾーンに落ちるやいなや一気に二塁へ。

続く殿馬がセカンド、ショート、センターのちょうど間に落とす

秘打「甲子園円舞曲」で1点返す。

そして星王は相手にされず(作中で本当にそう書いてた)、山田との4度目の対決。

詰まった打球は三遊間のゴロ。

山田にとっては珍しい内野安打でまたもや同点に。

 

7回表

ピッチャーは中2日の里中。

牛之介、才蔵、先斗を三者凡退に。

 

7回裏

長島がバットを3本折られながらも内野安打。

山岡はバント失敗キャッチャーフライ。しかしその間に長島はタッチアップ二塁へ。

里中三振の後、足利のところで代打賀間。

ピッチャーゴロになるもその怪力が起こした大回転によって中西ファンブル

一・三塁というチャンスで岩鬼に回るも、163キロの「悪球」をまさかの三振。

 

8回裏

山田との5度目の勝負は、微笑がクッションボールをうまく処理するも

山田の強引とも言える走塁でツーベースに。

判定に納得のいかない堀田が審判に講義した結果、退場に。

 

9回表

真田が自慢の足を生かしてランナーに出ると中西が送り

微笑がセンター前ヒット。

浅めに守っていた義経からのバックホーム

真田が空中に逃れた所を山田は着地点でタッチしようとするも

狙われた左手はしっかり躱した上で右手でホームインして8-7。

最終回に貴重な1点が。

 

9回裏

長島三振、山岡ショートライナーであと1人。

しかし、里中が執念で一・二塁間を抜けるヒット。

更に、投手が走ってくることはないだろうという思いの裏をかこうとするも

中西が気付いてクイックに。

里中を救うためにファールにするつもりだった賀間の打球がポテンヒットになり

ツーアウト一・三塁で岩鬼

低めのボール球を一塁後方のライン上に落として同点。

だが岩鬼は更に二塁へ暴走?

実はこれ、二塁に投げた瞬間に賀間がホームへ!という作戦なんですが

それに気付いた真田、岩鬼には目もくれずにバックホーム

真田の好判断により延長戦へ。

 

10回裏

山田との6度目の勝負は会心のストレートをバックスクリーンへ

しかし、センター沖田がジャンプ一番ファインプレー!

 

11回表

ここでついに日付が変わりました。

大楽がイレギュラーバウンドで出塁すると真田はファールで粘る作戦に。

フルカウントからの低めのストレートを見送る真田。

結果は・・・ボール!

大楽はここで代走空草と交代。決めに来たウォーリアーズ。

そして、中西は・・・ここでセーフティバント

さすがにこれは予想していなかった岩鬼

慌てて一塁に投げるもワンバウンドして星王がファンブル

その隙を突いて空草がホームへ!

山田もタッチに行くが空草の方が早く9-8。

更に悪い事に、里中が投球時に地面に指を引っかけ暴投。

転がるボールを山田がフェアゾーンで止めたため、結果はボーク扱いに。

これで進塁は1つだけとなり、三塁にいた真田は仕方ないとしても

一塁にいた中西は二塁止まりということに。

これがファールゾーンで止めていたら暴投扱いで

中西も走り放題だったというまさに紙一重のプレイ。

とはいえ、これで10-8。さすがに決まったか?

 

11回裏

義経セーフティバント、長島サードゴロでワンアウト二塁。

山岡の三遊間へのゴロは、三塁へ行きかけた義経を刺そうと先斗が二塁へ送球。

義経のフェイントに引っかかった形となってワンアウト一・二塁。

そして、「山岡を刺していれば」と思わずにはいられない

里中の2点タイムリーヒット

しかし、三塁を狙った里中はきわどいタイミングになるもタッチアウト。

続く賀間は、捕手の打撃妨害によって出塁。

盗塁して二塁まで進むも、捕手から誰もいないはずの二塁への送球を

センターが取るというトリックプレーに引っかかってアウト。

 

12回裏

ど真ん中ストレートでもなぜか当てる岩鬼

なんと、167キロストレートを一・二塁間へヒット。

殿馬はわざと芯を外してバットを木っ端微塵にする

秘打「花は咲く」でポテンヒットに。

星王は相変わらずいいとこなしのダブルプレー

ツーアウトランナー三塁で・・・山田との7度目の勝負!

4球続けてのファールに思わずタイムを取る岩鬼

その岩鬼からアドバイスを受けた山田。

結果は・・・アッパースイングで文句なしバックスクリーンへ!

山田の4試合連続サヨナラホームランによって東京スーパースターズが優勝!

 

というわけで、わかっていた結果とはいえ

山田の4試合連続サヨナラホームランで幕を閉じたドリームトーナメント編。

個人的には、あぶさんも出てきて欲しかったところですが

それはしょうがないこととして、

それ以外で気になったところというと星王の不甲斐なさ・・・でしょうか。

中西から全く相手にされてませんでしたからね(^^;;

そもそもドリームトーナメント編での見せ場って・・・あったっけ?

大甲子園」では結構良い味出してたキャラだっただけに

せっかくのクリーンナップ、少しは活躍して欲しかったなぁ・・・。

あとは・・・中西ずいぶん打たれたなぁとw

 

ちなみに、「プロ野球編」以降で印象に残っている事というと・・・

 

・伊良部の迷言

たぶん、ドカベンよく知らない人でも知ってるネタw

「ヒーローは高橋じゃないチバ

 おれは殿馬ひとりに負けたんだロッテ

 あいつにリズムを狂わされたために

 安全パイの高橋にそこしか打てない球が行っちマリーンズ」

もちろん本人はこんな語尾じゃありませんが、

インパクトとしては相当なものでした。

 

イチロー殿馬

まだイチローオリックスにいた頃は1番イチロー、2番殿馬という

相手投手からしたらこの上なく嫌な相手だったんですよね。

イチイチ づらづら

 

・不遇の伊東

山田が西武入りしたことで正捕手の座を奪われる羽目に。

おそらく、「プロ野球編」で最も不遇な目に遭った方(^^;;

 

・実名外国人選手不在

肖像権とかうるさいのよ、あっちは特に・・・。

(もっとも、この問題が起きたのは「あぶさん」の方だったんですが)

 

・不知火のイナズマ

水原の「ドリームボール」や里中の「さとるボール」「スカイフォーク」など

ドカベン世界でも魔球っぽいものはいくつか出てきますが

前述のものについてはまだ理解可能なレベルなんですよ。

ただ・・・不知火のイナズマ、あれはアカンw

文字通り、イナズマのような軌道を描くんですが

さすがにあれは現実離れしすぎと後から思ったのか

以降に不知火がイナズマを投げる機会はなかった・・・と思う。

 

こんな感じでしょうか?

ともあれ、これにてドカベンもついに完結。

清原からの要望で「プロ野球編」が始まったのももう23年前の事なんですよね。

彼の一言がなかったら「大甲子園」までで終わってたのかもしれないわけで

そう考えると、清原には本当に感謝ですよ。

今では名前を出しにくい人になっちゃいましたけど(^^;;

 

そして、これでもう山田や岩鬼に会えないのかと思うと寂しい限り。

最終回の紙面では「水島先生の次回作に~」みたいな

お約束の文面が載ってましたけど、水島先生ももういい年ですからね(79歳)

これが最後の作品になる可能性も?

そう考えると、なおのこと寂しくなりますけど

長いこと楽しませてくれて、本当にありがとうございました。