広告

【リングドリーム】交わらない道

f:id:LITTLEWING:20180816210752j:plain

f:id:LITTLEWING:20180816210757j:plain

たまたま会場で鉢合わせした加藤と成田、兎角。

せっかくなので、躊躇いながらも

野々村のことについて聞いてみることに。

 

f:id:LITTLEWING:20180816211142j:plain

f:id:LITTLEWING:20180816211148j:plain

f:id:LITTLEWING:20180816211153j:plain

もちろんこれは、加藤が勝手にやっていることで

野々村から頼まれた事ではありません。

が、成田から言わせればそれがもう答えなんだと。

野々村との縁はもう切れている、ときっぱり言い切ります。

もちろん、あの当時は成田も思うことは色々あったでしょう。

しかし、時間が経てば見えてくるものもあるわけで

今だから言えるけれど、あの頃の野々村は「迷走していた」のだと。

f:id:LITTLEWING:20180816211612j:plain

f:id:LITTLEWING:20180816211617j:plain

いくら天才と言われようと、所詮は1人の小娘。

そんな小娘の「若さ故の過ち」を受け入れられないほど狭量ではないと

どちらが年上なんだかわからなくなる発言をする成田。

とはいえ、また共に歩もうとまでは思わないとも言っているので

これ以上引きずるつもりはないけど、

これ以上関わるつもりもないといったところでしょうか。

 

ただ問題は兎角の方。

入った途端にD&D解散という、ある意味一番の被害者ですからね。

「世の中厳しすぎる」「言葉にすると恨み言になる」などと

当時は口にしていましたが・・・

f:id:LITTLEWING:20180816212221j:plain

f:id:LITTLEWING:20180816212226j:plain

f:id:LITTLEWING:20180816212231j:plain

意外にも、兎角はそのこと自体はさほど引きずっていなかったようで。

この世界が「超体育会系」なのはいうまでもなく、

一般社会の常識が通用しない事例など多々あることでしょう。

それだけに、「新人など人間扱いされない」くらいの覚悟はしていたのだとか。

だから、D&Dがなくなったのも「天災」くらいの受け止め方をしていたので

今更、野々村に対してどうという気持ちはないとのこと。

f:id:LITTLEWING:20180816212820j:plain

f:id:LITTLEWING:20180816212827j:plain

などと、兎角が珍しく真面目に答えたというのに

加藤さんなにボケかましてるんですかww

 

ともあれ、これで成田、兎角の野々村に対する気持ちが明らかになりました。

一番恨み言を言っても良い兎角がこんなだったので

正直ホッとした感じではありますが・・・

爆弾がまだ控えてますからねー(^^;;

 

それはさておき

f:id:LITTLEWING:20180816213203j:plain

f:id:LITTLEWING:20180816213209j:plain

野々村のサポート要員として、アリス再来日!

RLoWとしても、野々村が勝ち進むことは喜ばしい事のようで

手助け出来ることはしようという流れから、アリスの出番になったようで。

なお、飯田直伝の料理の腕はアメリカでも好評だそうです。

 

f:id:LITTLEWING:20180816213218j:plain

f:id:LITTLEWING:20180816213223j:plain

で、そんなアリスですが

加藤が作る中華にも興味があるようで。

f:id:LITTLEWING:20180816213228j:plain

ええ、もう居座る気満々ですねww

しかしまあ、サポート要員としてアリスまで来たとなると

それこそ次で負けるわけにはいかないですよね。

そうなったらアリスは来て早々とんぼ返りという羽目に・・・(^^;;