広告

【リングドリーム】野々村の「好き」「嫌い」

f:id:LITTLEWING:20180805143613j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805143619j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805143624j:plain

かつて、凶獣を抜ける際に同じやりとりをした野々村と豪徳寺

しばらくは日本にいる野々村としては

この件を清算しておきたいと、このような行動に出たわけですが

豪徳寺、南城、ソニックナイトに対しては

世話をかけたと申し訳なく思っているけれど

「レスラー」ではそれくらい、と言い切ってしまう野々村を

豪徳寺がよく思うはずがなく・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20180805144157j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805144206j:plain

ようは自分がスッキリしたいだけじゃねえかと

バッサリ切り捨てる豪徳寺

一般社会でも、加害者が被害者に対して後日

「謝らせて欲しい」なんて申し出る話とかありますけど

まさにそんな感じですよね。

とはいえ・・・

f:id:LITTLEWING:20180805144655j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805144700j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805144709j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805144716j:plain

 「殴る価値がない」と以前言ったことは撤回する、というまさかのお言葉。

野々村の人間性を認める事は今でも出来ないけれど

プロレスラー、マーズ野々村は認めなきゃならない。

自分を取り巻く環境をわかっていながらも堂々と帰国し

ヤジが飛び交う試合とはいえ、最も盛り上がったメインで結果を残した。

「勝てば官軍」のこの世界できっちり自らの力を示したのだから

それは認められなきゃならないんだと。

 

とはいえ、「殴る価値がない」のを撤回するからといって殴りたいわけじゃない。

仲間を裏切る奴は嫌いだと、

今後もリング外で交わるつもりはないと言い切る豪徳寺

f:id:LITTLEWING:20180805145456j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805145503j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805145510j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805145514j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805145519j:plain

そんな豪徳寺を、結構好きだという野々村。

野々村が好きなのは

自分の足で歩ける人。

自分の考えが第一の人。

自分の中に芯があって、その芯のためなら世界を敵に回せる人。

そういう人間なら、敵味方関わらず大好きだといいます。

たとえば、あかり。

たとえば、こがね。

かつての仲間だった成田も

「芯」があったということで悪くは無かったと。

f:id:LITTLEWING:20180805145753j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805145759j:plain

そしてここで、名前は直接出さなかったものの

ユーリの事を指していると思われる表現が。

普段は仲間と連んでいても、

自分一人になった時にちゃんと動けるならいい。

けど、そうじゃない人もいるでしょ?と。

そんな人間に寄りかかられるのは無理だと拒絶する野々村。

野々村が凶獣に移籍する際に

成田が「悪にはなれない」と拒否した点を「芯があった」と評し、

ユーリが考え無しに野々村について来た点を

「一人では動けない人」と評しているんでしょうね。

 

ただまあ、そんな野々村の考え方に関しては

f:id:LITTLEWING:20180805153740j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805153745j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805153750j:plain

豪徳寺の言うように、どっちが正しいか?という話ではないのでしょう。

しかし、豪徳寺は一度仲間と認めた者を見捨てたりは出来ない。

だから、野々村のやり方は正しい正しくない以前に気に入らない。

だから、今後も和解することもないし

ずっと平行線のままなんだろうという結論に・・・

 

f:id:LITTLEWING:20180805153839j:plain

f:id:LITTLEWING:20180805153845j:plain

なったはずなのに、再度凶獣入りなんて爆弾をぶっ込んでくる野々村w

もちろんこれは冗談だったんですけど、

それでも本気でそう思っているのなら

「入るなら俺らの流儀に従ってもらう」

「そんときゃ一番下の扱い」

と、入った後の事を離してくれる豪徳寺

「一度仲間と認めた者を見捨てたりは出来ない」

豪徳寺の中では、今でも野々村にも適用されているのかもしれません。

口では散々ないいようですけどもね(^^;;

 

ともあれ、これで野々村の元仲間へのスタンスがハッキリしました。

(元々それっぽい事を言ってはいましたけど)

まあ、ハッキリしてないのは兎角くらいですよね。

D&D解散の際にも「忘れられているんじゃないか?」

とか言われていたわけですが・・・w

 

あと、依存してる人を切り捨てるって意味では

かつて神崎がヴァンプ相手にした件とか

ヴァンプがナイトメアにした件とかもそうだとは思うんですが

違う点は「相手のためを思っての行為か否か」ってことなんでしょうね。

で・・・結局ユーリはどうなったんだろうか?(^^;;