広告

キン肉マン63巻

キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)

 

 正義超人軍VSオメガ・ケンタウリの六鎗客の戦いは

ティーパックマンカナディアンマン、ベンキマンと3連敗。

ここらで連敗を止めたい正義超人軍ですが・・・

というわけで、今回のメインは

カレクックVSマリキータマンの試合。

 

オメガ・ケンタウリの六鎗客の狙いは

サグラダ・ファミリア地下に眠る

マグネット・パワーの秘密だけではありませんでした。

ベンキマンが見せた謎の発光現象。

まさにこれこそが、彼らの狙いだったことが明らかに。

友情パワーを彼らがモノに出来るのか否かはさておき、

うかつに見せるべきではないと判断したカレクックは

正義超人としてではなく、

かつての残虐超人としてのファイトスタイルで

マリキータマンに対抗。

 

腹部への攻撃から、傷口にカレールーを擦り込んでからの

両足でのバックブリーカー「ガンジスブリーカー」炸裂!

しかし、マリキータマンは自ら腹の傷口を広げることで

わずかな隙間を作り技から脱出。

カレクック一番の見せ場でしたが、

ここからはマリキータマンのターン。

1度目のコキネリツイスターは無理矢理外されるものの

コーナーポストからのムーンサルトミミックニードルで迎撃し、

すかさずその背中の針で

カレクックをコーナーポストと挟み撃ちにする

テントウムシダマシクラッシャーを決めてカレクック大流血。

背中の針がない部分を狙ったニールキックも

2度目にはウイングブックエンドで迎撃されて為す術無し。

最後は、2度目のコキネリツイスターからの天道羽根抜刀により

カレクックの枠腹を割いて決着。

 

これで残るはウルフマンVSルナイトのみに。

相撲なら負けないと豪語するウルフマン。

その言葉通り、相撲技でルナイトを攻めていくものの

ルナイトが巨大化してから一転、

逆に投げ返されるわ、ぶちかましでパワー負けするわ

挙げ句にダウンしたところを

四股の形で顔面を踏みつけられるわで

一気にルナイトのペースに。

そして極めつけが、ウォルフガングスパイラル。

スプリングマンのデビル・トムボーイを彷彿とさせる体勢に

不安を隠せないキン肉マン

しかしウルフマンは

そんな風に心配されるのが気に入らないとばかりに

力尽くでルナイトの尻尾を引きちぎる!

 

というわけで、ウルフマンまで負けてしまうと

正義超人軍全敗というところまで追い込まれた63巻。

まあ・・・メンバー的にそうなるよね!

と言わざるを得ないところはあったわけですが(^^;;

 

そして、カレクックが敗北する少し前に

キン肉マンがようやく到着。

いや、本来ならまだ到着してないはずなんですが

謎のワープゾーン(笑)でショートカットしてきましたのでw

そのワープゾーンを用意したと思われるジャスティスマン。

彼の動向も気になる所ですが、

基本、直接関与はしない方向なんですかね?

今回のも影ながらこっそりとって感じでしたし。