広告

【リングドリーム】強敵乱舞~きらめきのスターロード~4

通常スカウトイベント「強敵乱舞~きらめきのスターロード~」。

4回目に紹介するのは「ハニートリップ」と「ドロドロドロップ」です。

 

f:id:LITTLEWING:20180702195944j:plain

ラスカルからの課題から逃げなかった森近はついに弟子入りが認められる事に。

とはいえ、ラスカルの性格上それなりのスパルタは覚悟していたんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20180702195950j:plain

f:id:LITTLEWING:20180702195956j:plain

ラスカルから出された指示は、意外にも「基礎の見直し」。

技巧派から今のスタイルに変えたと聞くと

「技術を上回る暴力」に走った、ともみえますが

f:id:LITTLEWING:20150531172253j:plain

 えり子との乱闘でも語られていたように、

その暴力にすら確かな技術が用いられているわけで。

そんな、正邪双方の技術に一家言を持っているラスカルからすれば

基礎がしっかり出来ていなければ十分な力が発揮できないと。

f:id:LITTLEWING:20180702200001j:plain

f:id:LITTLEWING:20180702200006j:plain

f:id:LITTLEWING:20180702200012j:plain

ただし、麗のような天才肌は例外。

まあ実際、菊池に初挑戦して王者になる前も

「全力出したら凄いかも四天王」なんて言われてましたもんね。

しかし、そんな麗ですら今度の女神杯は苦しいと言わざるを得ない。

1回戦で姫小路、それに勝っても菊池が相手ですからね。

この逆境を跳ね返し、再び王座に返り咲く事が出来るのか?

 

f:id:LITTLEWING:20180703210924j:plain

f:id:LITTLEWING:20180703210930j:plain

一方こちらは、飯田のヤンドラ杯を祝うサンモニ。

前回のメアリに続いてのサンモニ優勝ですからね。

メンバーの喜びも半端じゃないでしょう。

f:id:LITTLEWING:20180703210936j:plain

f:id:LITTLEWING:20180703210946j:plain

そんな飯田に触発されたのか、

ついに忍ぶことをやめて表舞台に出る決意をしたあやめ。

まあ・・・「気配無きアイドル」とどっこいどっこいでしたからねw

f:id:LITTLEWING:20180703210954j:plain

f:id:LITTLEWING:20180703210959j:plain

あと気になるのはやはり、飯田のご褒美試合で組む相手。

「女神杯で結果を出せたら」という条件付きで

あかりが予定されているようですが

結果を出す=優勝というわけではさすがにないでしょうけど

それでも面子が面子だけになかなか難しそう。

そうなると、サンモニ以外のメンバーと組む可能性もありそうなんですかね?