広告

【リングドリーム】女帝と魔王

f:id:LITTLEWING:20180618204711j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618204717j:plain

ついに長年の夢だった「女帝越え」を果たしたヴァンプ。

これを機に新たな「女帝」として名乗りを上げるのかいうと・・・

本人はそんな気はこれっぽっちもない様子。

 

f:id:LITTLEWING:20180618204737j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618204745j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618204755j:plain

「女帝」はあくまでも神崎さんの呼び名であって

他の誰かが引き継ぐようなものじゃないと。

自分には「魔王」の呼び名があるのだから

その呼び名に「女帝」と同じくらい重みを持たせるのが今後の目標と。

 

そういう考えならと、井上、神崎両名も納得。

f:id:LITTLEWING:20180618205532j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618205511j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618205542j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618205549j:plain

・・・納得?w

 

f:id:LITTLEWING:20180618205656j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618205704j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618205710j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618210954j:plain

そんなやりとりに口を挟んだのが細野。

鈴森さんは、神崎さんが「女帝」でなくなるのがさみしいんだと、

いつかそうなるのがわかっていても、出来るだけ先延ばしにしたいんだと

ヴァンプの本音を言い当てます。

細野にそれがわかったのは・・・彼女もかつて同じ気持ちだったから。

そう、ブラッディ井上が「ブラッディ」でなくなった時、

細野も同じ気持ちだったから。

f:id:LITTLEWING:20180618211003j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618211008j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618211014j:plain

思わぬところで意気投合するヴァンプと細野。

そして、完全にとばっちりの井上さんw

でもステーキ屋でゾンビはさすがにアカンw

 

f:id:LITTLEWING:20180618211121j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618211127j:plain

で、そのまま最後まで和気藹々としていたかというと

「最強決定戦」の話題になったところで雲行きが怪しく。

というのも、細野は最強決定戦へねじ込める可能性は十分にあったんですが

本人にその気が全くなく、

ホワイトフェイスとのタッグを優先した経緯があるため、

そこをヴァンプに散々つつかれたのだとか。

「野心がないわね」とか

「それでもプロレスラー?」とか。

しかし、細野も一方的に言われっぱなしではおらず、

タッグで頑張ると言い合いに。

f:id:LITTLEWING:20180618211744j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618211750j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618211759j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618211806j:plain

そして話がおかしな方向へw

っていうかホントいつの間にそんなもの用意したのよww

しかも、そんな細野のプレゼンが効果的だったのか

ヴァンプもホワイトフェイスに興味を示すようになり、

今度の試合を見に来ることになったのだとか。

f:id:LITTLEWING:20180618212005j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618212010j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618212016j:plain

f:id:LITTLEWING:20180618212026j:plain

井上さん以上のとばっちりを受けるホワイトフェイスww

細野相手だと振り回されっぱなしになる白面さんだけど、

それがまたいいですよねw

果たして、ヴァンプのお眼鏡にかなってご褒美ゲットなるか?w