広告

キン肉マン62巻

キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

 

突如、サグラダ・ファミリアを襲撃した

メガマン・アリステラ率いるオメガ・ケンタウリの六鎗客。

それを迎え撃つのは

便器!(ベンキマン)

紅茶!(ティーパックマン

咖喱!(カレクック)

楓!(カナディアンマン

そしてウルフマンと、

どう考えても勝ち目がなさそうなメンバーなんですが・・・。

 

まずはヘイルマンVSティーパックマン

ティーパックをヘイルマンの側頭部に叩きつけるも

事前にティーパックを切り裂かれていたために

既に茶葉は入って折らずただの空の袋に。

まあ・・・茶葉が入っていてもどうなのよ?

とは思わなくもないですが・・・(^^;;

その後は凍らされた挙げ句、

ウォーズマンにやられて以降

必死に鍛え上げてきた首を狩られて終了。

 

次はパイレートマンVSカナディアンマン

パワーと体格に恵まれながらも

正義超人軍の主力でないことを指摘されるカナディアンマン

しかし、地に堕ちきった名誉を取り戻すためにと奮起。

オースイスープレックスからのSTFと、

実況すら「驚きを禁じ得ません」と言うほどの変貌っぷり。

必殺のカナディアンバックブリーカーも極め、

そこから更にリビルト・カナディアンバックブリーカーという

新技まで披露しますが、闘志はあっても体力はそれについて行けず

締め付けが緩まったところから一気に逆転。

最後は、約束を果たせなかったとスペシャルマンに詫びを入れながら

セントエルモスファイヤーにより真っ二つに。

スペシャルマンカナディアンマンは、

どうしても2世での落ちぶれっぷりがイメージ強すぎて

素直に応援出来ないところがあるんですけど、

スペシャルマンに詫びを入れながらの最期はちょっときましたね・・・。

それにしても・・・

「やはりダメかー」という委員長はひどいと思うのw

 

そして3試合目はギヤマスターVSベンキマン。

正直、ティーパックマンの次くらいに勝ち目ないでしょ?

と思うんですが、これが意外にも良い勝負に。

ギヤの中に巻き込もうとするギヤマスターの攻撃を

ことごとくかわすベンキマン。

ついに捕まった!

と思いきや、便器から水を大放出してギヤの回転を鈍らせて反撃。

更には、頭部のう〇こをギヤに詰まらせた隙を突いて

秘技アリダンゴからの

恐怖のベンキ流しーっ!!

まさかの大金星?

とはさすがにならず、

「お前は絶対に流してはいけないものを流してしまったのだー!」

と便器の濁流をギヤの力で遡って脱出。

そしてついに捕まってしまったベンキマン。

ギヤに身体を巻き込まれて全身をズタズタにされ終了。

 

まあ、1巻のうちに3連敗という時点でお察しではありますが

それでもベンキマンはわりと頑張ったと思うよ・・・。

しかし、そんなベンキマンの頑張りも

思わぬ人物の登場により吹き飛んでしまうことに。

 

スーパーフェニックスも絡んでくるの??