広告

【リングドリーム】こがねのやることだから

f:id:LITTLEWING:20171217214533j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217214538j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217214545j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217214550j:plain

なぜかこがねの言うがままに

片田舎の旅館に連れてこられた紅蓮、大木、石狩。

まあ、この面子を見ればおおよその見当はつきますが・・・w

 

f:id:LITTLEWING:20171217215220j:plain

紅蓮には「セヴンスターの打ち上げ」と言っていたようですが

大木や石狩も連れてきている以上

「2011年一期組の打ち上げ」と言われた方が確かにしっくりきます。

特に、紅蓮の活躍は目を見張るものがありました。

f:id:LITTLEWING:20171217215805j:plain

こがね自身も、「この試合、もらった」と途中まで思っていた展開。

実際試合の流れもコントロールできており、

完全にこがねの手の内・・・のはずだった。

しかし、紅蓮が倒れない。

いや、倒れても立ち上がり、

また倒れてもまた立ち上がり、

こがねの攻撃が効いていないはずなどないのに

それでも何度でも立ち上がってくる紅蓮。

そんなこがねの攻撃をついに最後まで凌ぎきっての逆転勝利!

そりゃもう、会場の盛り上がりは相当なものだったでしょう。

 

それはまあわかるんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20171217220626j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217220632j:plain

そう、あれだけの試合をした2人なのだから

試合後に友情が芽生えるのはまあわからなくはない。

けど、試合前から仲良かったような?

と石狩からごもっともな指摘がw

f:id:LITTLEWING:20171217220800j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217220809j:plain

そして、また例によって誤解を招きかねない言い方をするこがねw

それを聴いて微妙に距離を取る石狩の反応がなんかリアルでww

まあ・・・一夜を共にしたというのは嘘ではないですからね(^^;;

 

そんなことよりも、気になるのはこの場所。

打ち上げってことなら、どこか近くのお店とかでやればいいわけですよ。

なんでよりにもよってこんな片田舎の旅館にやってきたのか?

f:id:LITTLEWING:20171217221317j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217221324j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217221341j:plain

実はここ、ブラッディ井上が引退直前に

神崎、麗、加藤、ヴァンプと共に泊まった場所。

つまり、ここであの昔語りが行われ、

ここから歩いていった山奥の湖で、2人が死闘を繰り広げたわけです。

そんな事を聞かされたら、興奮せずにいられるはずもなく

翌日には2人が戦った場所にも行ってみようなんて話に。

 

そんな風に、2011年一期組が盛り上がってる頃

f:id:LITTLEWING:20171217222316j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217222322j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217222332j:plain

年末の試合について話し合うチーム星屑の2人。

「次の目標は仲間の活躍」

とこがねが言っていたのが約1年と4ヶ月ほど前。

ただ今日までの間、チーム星屑が活躍したとは正直いえないところ。

しかし、ようやくその機会がやってきた・・・

というよりは、こがねがその機会をたぐり寄せてきたようで。

元・遊撃隊の2人、原田、赤井の「クリムゾンスポット」の相手を

ソニックが探しているとの話を聞きつけ、

それならばとこがねが話をまとめたもよう。

(宿の情報はおそらくこの時に入手した?)

 

ともあれ、久しぶりに活躍出来るチャンスと当然2人も乗り気。

特に、中江は同期である榎下、片倉が先に

年末の興行に出ることが決まっていて

自分だけ取り残されたように感じていた事、

更には

f:id:LITTLEWING:20171217224805j:plain

f:id:LITTLEWING:20171217224813j:plain

原田と「どちらがアイドルとして上か」ハッキリさせてやると

とにかく殺る気満々の中江。

でも、中津井の言う通り

アイドルは拳で語り合うものではないと思いますw

 

裏仕事からは足を洗ったとはいえ、

そっち方面のプロレスはお手の物の原田、赤井。

これは、今年最後の血の雨が降る事になる・・・のか?