広告   

【リングドリーム】道化師の決意

f:id:LITTLEWING:20170816180401j:plain

f:id:LITTLEWING:20170816180410j:plain

世代闘争では滝沢と戦う事となったホワイトフェイス。

負けた事には納得しているとのことですが・・・

 

f:id:LITTLEWING:20170816180521j:plain

勢いで押し込もうと考えたホワイトフェイスは最初からフルスロットル。

それを滝沢は捌ききれない様子で

この調子ならいける・・・そう思ったのもつかの間。

最後まで冷静だった滝沢は

気がつけばホワイトフェイスを絡め取っていた。

f:id:LITTLEWING:20170816181841j:plain

終盤は「まるで詰め将棋でも見ている感じだった」と一ノ瀬が言うように

見事に詰まされたホワイトフェイス。

しかし、一ノ瀬が言うには滝沢も決して余裕があったわけではなく

勢いに押されてああするしかなかったのだと

珍しくフォローをする一ノ瀬。

その上で最初の質問を繰り返します。

f:id:LITTLEWING:20170816182521j:plain

f:id:LITTLEWING:20170816182526j:plain

この時にはその回答は得られなかったのだけれど

最終的にはホワイトフェイスが根負けして本心を吐露。

f:id:LITTLEWING:20170816182632j:plain

f:id:LITTLEWING:20170816182640j:plain

あの時ああすれば良かった、

こう動けば良かったと、後悔ばかりが渦巻き

悔しさは時と共に増すばかり。

f:id:LITTLEWING:20170816182701j:plain

真剣に戦う者達を間近で見て

彼女達の熱さを肌で感じて

分かった気になっていたホワイトフェイス。

ただ、それは本当に「分かった気になっていた」だけだった。

本気でぶつかった末の敗北が

これほど悔しいものだと初めて知ります。

しかし、そんな悔しさは

「主役」を目指している連中はしょっちゅう味わっているのだと。

それでもすぐ前を向けるヤツだけが先に進めるのだと。

f:id:LITTLEWING:20170816183441j:plain

f:id:LITTLEWING:20170816183448j:plain

そして一ノ瀬は、ホワイトフェイスに

「負けた悔しさ」を認識させた上で聞きます。

「これからも主役を目指す戦いに足を踏み入れ続ける?」と。

そしてホワイトフェイスの答えは・・・

f:id:LITTLEWING:20170816183457j:plain

f:id:LITTLEWING:20170816183504j:plain

正直、こんな気持ちを味わうのは二度とゴメン。

また同じように負けたらと思うと尻込みしたくなるし足もすくんでしまう。

それでも・・・チャンスがあるというのなら

次へと進む道があるというのなら

そこに挑戦したいと。

それならばと、一ノ瀬もホワイトフェイスに協力を申し出るわけですが

この時点で、もしかしてメアリのパートナーか?

と思ったんですよね。

しかし、一ノ瀬が取った行動は

f:id:LITTLEWING:20170816213039j:plain

 そう、メアリに「挑戦者決定戦」に参加する権利を与えたはいいものの

対戦相手がいなきゃ何も始まらないじゃないですか。

そこで、ソニックナイトに挑戦者の方向性を決めてもらうことに。

実績重視であれば、姫小路、霧島組や滝沢、石狩組。

勢い重視であれば、ハミング、キャシー組、

えり子、ルシフェル組、そして細野、ホワイトフェイス組あたり。

なるほどここで白面さんの名前が出てくるわけね。

f:id:LITTLEWING:20170816213452j:plain

ただ、選択の権利はあくまでもソニックナイトや菊池にあるし、

一ノ瀬自身もえり子、ルシフェル組をさりげなく推したりと

協力してないじゃん?!と思わなくもないわけですが

今回の挑戦者決定戦じゃなくても、

それ以降の挑戦者として推薦するみたいなたくらみなんですかね?

どちらにせよ、今の流れだと細野とのタッグになりそうですが

それはそれで面白そうではあるんですよねw

白面さんでも細野はコントロールしきれないだけに。

広告を非表示にする