読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

シルバーマンVSサイコマン(キン肉マン55、56巻)

キン肉マン 55 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 55 (ジャンプコミックス)

 
キン肉マン 56 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 56 (ジャンプコミックス)

 

サイコマンVSブロッケンJrにて、

ブロッケンがなすすべなくやられたところで

割って入ってきた「銀のマスク」ことシルバーマン。

完璧超人始祖の1人であった彼が姿を現したのは

ほかの始祖達への合流のため・・・ではなく

彼らとの対立でした。

というわけで、55巻、56巻はシルバーマンVSサイコマン、

まさかの完璧超人始祖同士の対決となりました。

 

対ブロッケン戦でも見せたサイコマンの「巨握の手」、

これに対してシルバーマンは

肉のカーテンのオリジナル「パーフェクトディフェンダー」で対抗。

しかしサイコマンは、完璧超人お得意の「マグネットパワー」で

シルバーマンの動きを封じにかかります。

 

そもそもこのマグネットパワー、オリジナルはサイコマンで

ネプチューン・キングは彼に伝授してもらったのだとか。

そして、ヘル・ミッショネルズの代名詞「クロスボンバー」も

サイコマンの「マグネティカ・ボンバー」をヒントにして

編み出された技だったことが明らかに。

 

そして、マグネットパワーと共に繰り出される

完璧・拾式奥義「輪廻転生落とし(グリム・リーインカーネーション)」。

完璧に決まったと思われたこの技、

しかし落ちた場所がブロッケンとの試合時に掘り返されていたために

致命傷を免れるシルバーマン。

マグネットパワーに頼りすぎた結果がこれだよ

と煽って・・・はいないけどマグネットパワーを否定します。

そして、その言葉を証明するために

実際にマグネットパワー封じを見せた上での

マッスルスパークのオリジナル「アロガント・スパーク」にて勝利!

 

これでついに始祖のダンベルがすべて揃い、

始祖達を消滅させる事が可能になったので

完璧、正義、悪魔、三つ巴の戦いにもようやく終止符が・・・

と思ったのに、一向に消える気配のない始祖達。

そう・・・サイコマンを除いては。

こんなこともあろうかと、始祖を消滅させるシステムに手を加え、

その力が自分だけに向くようにしていたサイコマン。

ここまで散々アクの強いキャラクターを演じてきたというのに

最期は仲間の犠牲に自分だけ消えるとかずるいわ・・・。

 

でもまあ、サイコマンに限らず始祖達はキャラ濃いよね。

ガンマンとかジャスティスマンとか。

・・・他誰が居たっけ?(マテw

広告を非表示にする