広告   

「盾の勇者の成り上がり」13巻

盾の勇者の成り上がり (13) (MFブックス)

盾の勇者の成り上がり (13) (MFブックス)

 

 前回、巫女服着たらなぜか襲撃されたラフタリア。

そこから判明したラフタリア出生の秘密。

ラフタリアはずっとクテンロウという国から監視されていた事を知り憤慨する尚文。

ずっと監視していたということは、

ラフタリアの村が襲撃されたときも、

奴隷狩りに襲われたときも、

奴隷として酷い扱いを受けていたときも、

そして尚文の奴隷となって苦労していたときも

ずっと見ていただけだったということ。

そのいずれの場合にもラフタリアを救うだけの力があったにも関わらず。

そのため、クテンロウの国家転覆をたくらみます。

決して巫女服のためではないですよ、決してw

そんな13巻です。

 

ただ、クテンロウという国は鎖国時代の日本のようなもので、

シルトヴェルトを経由しないと入ることが出来ないのだとか。

そこで、まずはシルトヴェルトへと向かうのですが・・・

 

「外伝 槍の勇者のやり直し」を読んだ方はおわかりでしょうが

シルトヴェルトは亜人を優遇する盾の勇者を神として崇めている国で、

「槍の勇者~」においても、やれ縁談を~、やれ子種を~と

執拗に迫られ、挙げ句に仲間に毒を盛られそうになったりしました。

当然、今回もそこは変わりません。

が、違ったのは尚文自身にも毒を盛ってきたこと。

シルトヴェルトの誰もが尚文を崇めるわけではなく、

その尚文を倒して自らが神になろうと企む輩が登場。

まあ・・・うまくいくはずもないんですけどねw

一応、フォウルが獣人化して敵を撃退するんですが、

フォウルの扱いは相変わらずな感じで・・・(^^;;

 

そしてようやくたどり着いたクテンロウ。

そこで見たのは・・・天命様による

「魔物や生き物を殺した者には重い罰を与える」

というお触れに苦しめられている民の姿でした。

っていうか、生類憐れみの令はわかるけど魔物までですか・・・。

 

革命派の人達と共に行動を起こす尚文達。

しかし、あちらも勇者対策をあらかじめしていたのか勇者の力を封じられ、

更にあちらは祝福による能力付与を1人に集中して大幅パワーアップ。

果たして打開策はあるのか?!

 

・・・といった内容となっています。

Web版にはなかった完全オリジナルなので、

先の展開も全くわからないしハラハラしますねw

でも正直、クテンロウの話は1冊で終わるものだと思っていたので

シルトヴェルトの話が割り込んできたのはちょっと予想外でした。

それでも次くらいで解決する・・・んですかねー。

広告を非表示にする