広告

【リングドリーム】タッグ王座挑戦者決定戦カード決定

f:id:LITTLEWING:20181021170333j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021170337j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021170341j:plain

タッグ王座挑戦者決定戦を行うにあたって

対戦相手を誰にするか?が課題となっていたわけですが

あかりの要望もあってSHIROKAGEに話をもちかけることになったのですが

「あの」あかりがそんなことを言うなんて・・・と

時の流れを感じずにはいられないホワイトフェイス。

 

f:id:LITTLEWING:20181021170628j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021170634j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021170638j:plain

なお、あかりからの申し入れは即了承。

幸いなことに、FWWWのタッグ王座への挑戦についても

勇子と戦いたいという岸田の要望があり

ホワイトフェイスも彼女に順番を譲っていたため

スケジュールの都合も問題ないのだとか。

そこで、早速あかりを挑発するホワイトフェイス。

f:id:LITTLEWING:20181021171204j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021171208j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021171212j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021171218j:plain

かと思いきや、どうやらこれは自分の甘さを自覚しているが故に

自分自身に言い聞かせる意味で行った行為のよう。

ともあれ、これで対戦相手はSHIROKAGEで決定ということに。

 

f:id:LITTLEWING:20181021171407j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021171414j:plain

なったわけですが、SHIROKAGEの厄介さを

身をもって味わっているメアリからすれば

「よりによってそこかー」といった感じに。

f:id:LITTLEWING:20181021171527j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021171533j:plain

ソニック曰く「手品とかでよくやる視線の誘導」を用いることで

突然目の前から消えたりするわけですが、

細野単体でも十分厄介なところを

ホワイトフェイスが加わることで「魔法」といっていいレベルに。

たとえば、ホワイトフェイスが視界を遮った次の瞬間、

その後ろにいたはずの細野がどこにいるのかわからなくなるんだとかで

ソニックですら引っかかるというのだから相当なもの。

 

飯田だってその試合を見てはいるし、

メアリから何度となく話を聞いているけれど

実際のリングでは想像していた以上の厄介さがあるんでしょうね。

それでも、なんとかなるかなという飯田。

f:id:LITTLEWING:20181021172403j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021172406j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021172411j:plain

飯田1人では、ホワイトフェイスにも、細野にも当然勝ち目はないでしょう。

しかし、これはタッグマッチ。

連携で相手を上回れば、勝てる可能性はあるのです。

そうはいっても、試合巧者のSHIROKAGEを上回るのは容易ではないでしょうし

シングルでやるよりは可能性があるといっても

その数値は決して高いものではないでしょう。

f:id:LITTLEWING:20181021173201j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021173206j:plain

それでも、あかりの意見に反対しなかったのは

飯田もまた「逆境が大好きな」サンデーモーニングの一員だから。

f:id:LITTLEWING:20181021173423j:plain

f:id:LITTLEWING:20181021173428j:plain

ならばメアリも

「仲間を信じる」サンデーモーニングの一員として2人を待つと、

次の対ローズ・ロゼ戦でもベルトを防衛することを約束。

果たして、あかり、飯田、メアリの3人が

タッグタイトルマッチのリングで

「ボクと握手」するシーンが現実のものとなるのか?