広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ ダーク・プリーステス聖光院 VS キョンシーYui

f:id:LITTLEWING:20181013173035p:plain

今回のスペシャルワンマッチは

ダーク・プリーステス聖光院 VS キョンシーYui

結構なビッグマッチに思えるのですが

その背景には予想以上に重い展開が・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20181013173752j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013173758j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013173804j:plain

アンデット・パッケージの去就について、今日の試合の結果で決める。

その旨を霧島に確認するYui

霧島の「FWWW侵略」は岸田によって食い止められてしまいました。

FWWWとしては「霧島の首を最初に誰が獲るか?」が重要だったので

この時点で、霧島には以前ほどの価値はなくなりました。

なので霧島としては、また別の場所で仕切り直そうかと思っていたんだとか。

ただし

f:id:LITTLEWING:20181013174833j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013174839j:plain

アンデット・パッケージへの義理があったため

こうしてまだFWWWに残っているわけです。

f:id:LITTLEWING:20181013175111j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013175116j:plain

そして、Yuiが聖光院に勝つようであれば

アンデット・パッケージに今度は霧島が力を貸すということで

何かの節目が訪れるまではFWWWに残ると約束。

f:id:LITTLEWING:20181013175301j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013175305j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013175309j:plain

逆に、Yuiが負ければ霧島はFWWWから出て行くことになるのですが

その時にはアンデット・パッケージも霧島に着いていくと。

それが、冒頭でYuiが言っていた

「私たちの去就は今日の試合で決める」

ということ。

どちらにしても3人が協力体制なのは変わらないようですが

FWWWから出て行くといっても

それこそ地方の弱小団体になってしまいますからね。

今後の出番という意味でもここは負けられないところ。

 

一方、聖光院サイドはというと

f:id:LITTLEWING:20181013175618j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013175623j:plain

よもやYuiがナイトメアに噛みついてくるとは・・・

と雪女は意外そうでしたが、

Yuiの狙いはナイトメアではなく私個人でしょうと

聖光院はYuiの行動にも理解を示している様子。

彼女がいうには、微妙に立場が重なるのだと。

 

現ナイトメアナンバー2と、元ナイトメアナンバー2であり

霧島に敗れた者と霧島の下についた者。

あと

別の旗印を求めた結果、成功した者と失敗した者

というのもあるのかもしれません。

霧島が討ち取られたことで目論見が瓦解したYui

己の立ち位置をはかるために

近い立場の聖光院をモノサシとして選んだのだと。

f:id:LITTLEWING:20181013180842j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013180847j:plain

ただそれだと、聖光院を利用しようとしているということだから

仲間を利用されるのは雪女としては面白くないのですが

己をはかりたいという意味では自分も同じだという聖光院。

というのも

f:id:LITTLEWING:20181013181045j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013181052j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013181059j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013181104j:plain

ナイトメアナンバー2という肩書きを持ってはいるものの

それに見合った結果が残せていないと。

霧島相手に負けた際にも

「霧島が相手であればしょうが無い」と

心のどこかで納得してしまっていた聖光院。

これで、岸田も負けていれば話は違ったのでしょうが

結果は先にも触れた通り岸田の勝利。

同じナンバー2でありながら、岸田はエースの手を煩わせないよう

ナンバー2の役目を見事果たしたのです。

そんないきさつから、自分も今は足元が見えないのだと言います。

f:id:LITTLEWING:20181013181817j:plain

f:id:LITTLEWING:20181013181823j:plain

だから、逆にYuiを利用して

自分の立場を再確認したいという聖光院。

 

しかし試合はYuiが完全に主導権を握ります。

 7-0ワンサイド状態がしばらく続き、

今回はこのまま行きそうかなと思ったんですが

そんな状況は、折り返しあたりでガラリと変わります。

mixi、ゲソ・ブラゲの聖光院勢が猛烈な追い上げを見せ、

トータルもひっくり返して一気に逆転!

更にはハンゲもジワジワと差を広げていくんですが

終盤今度はYui側に動きが。

PFでは2-3で負けているYuiが逆転するためには

トータルptで逆転するのが一番の近道。

しかし、それでも残り3時間という時点で約500万の差がありました。

数値的には決して追いつけないわけではない差。

それを最後の最後まで縮めていきます。

試合終了直後でも、どちらが勝ったのかわからなかったくらいの接戦。

それを制したのは・・・

f:id:LITTLEWING:20181014141054j:plain

f:id:LITTLEWING:20181018235815p:plain

キョンシーYui

その差はわずか42万という大接戦でした。

負けた聖光院としては、内容よりも結果が欲しかった試合だったので

この敗北をどう受け取るのか心配ではありますが

霧島&アンデット・パッケージ側としては

これでFWWW残留ということでホッと一安心。

 

ただ、FWWWでの今後という意味では

そろそろ何か形にしないとダメなんじゃないかな?とも。

今の宙ぶらりんな状態が今後も続くようでは

いつまた出てく出て行かないという話になってもおかしくないですもんね。

いっそ、霧島と縁があるモモタとかトパーズも巻き込んで

FWWWに新派閥を作っちゃえば足場という意味ではしっかりするのでは?

とか一瞬思ったんですが、

それだと霧島はいつまでいればいいのよってことになっちゃいますしねー(^^;;

難しい問題です。

  

 

難しいといえば今回の試合、リング外でも色々荒れたようで。

もちろん頷ける内容もありはしたんですけどね。

霧島達の去就までユーザーに委ねることはないのよ?とか

たかが一度の敗北で制圧を断念とか諦め早くね?とか。

 

ただ個人的には、思うところが全くないとは言いませんが

罵詈雑言を並べ立てるほどの憤りとかはなかった

というのが正直な気持ちです。

(っていうか、そういうのを持ち込まれても困るので先に釘を刺しておきます)