広告

【リングドリーム】LOCK-UP OVERFLOW 1st ROUND 8試合目 アントラー山口 VS あかり

f:id:LITTLEWING:20180726211739j:plain

ヴィーナスカップ一回戦第7試合はアントラー山口 VS あかり。

友野、ルシフェルと連勝して勢いに乗る凶獣勢。

そこに山口が続くことになるのか?

それとも、霧島からあとを託されたあかりが

今宵も物理魔法を炸裂させるのか?

 

青コーナー あかり

f:id:LITTLEWING:20180726212626j:plain

他の東女の選手達とは違い、

あかりはいわゆる補欠枠を霧島と競い合ってこの場にやってきました。

しかし、出ただけでは意味が無い。

霧島にも「自分の分まで頑張れ」と託されたし、

サンモニのリーダーとしても格好良いところを見せたいあかり。

f:id:LITTLEWING:20180726213013j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726213024j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726213034j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726213039j:plain

そんなあかりの目標は「まずは1勝」。

でも、優勝を狙っていないわけではなく

優勝した暁には「魔法少女」ではなく「女神」を名乗るとぶちあげました。

それって・・・誰かが円環の理に導かれるとかそういう話?w

f:id:LITTLEWING:20180726213045j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726213050j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726213055j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726213101j:plain

そんなわけで、「女神・あかり」を名乗るため

さいたまの限りを尽くして戦うと宣言。

・・・さいたまの限り?(^^;;

 

赤コーナー アントラー山口

f:id:LITTLEWING:20180726213507j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726213512j:plain

あかりのブレのなさに感心する一方で

正面から向かってくるなら魔法でも何でも構わない、

しばきあいなら望むところだと頑丈さをアピール。

f:id:LITTLEWING:20180726214010j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726214019j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726214025j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726214030j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726214036j:plain

そして、あかりの魔法で倒しきれなかったその時は・・・

この豪腕でその首をかっ切ると首狩り宣言。

あかりの物理魔法が山口の防御を貫くのか、

それとも首を狩られたあかりが宙を舞うこととなってしまうのか?

 

解説および試合

コメンテーターは、この勝者と当たる予定のヴァンプ。

どちらと戦ってみたいか?という質問には

「戦う価値は両方にある」と答えるヴァンプ。

というのも

f:id:LITTLEWING:20180726214457j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726214504j:plain

現在、霧島がFWWWで大暴れしているわけですが

その霧島がFWWWに来る原因となったのがあかりに負けた事。

霧島と直接やる予定はないけれど、

その霧島に勝利したあかりを倒せば、誰も逃げたとは言わなくなるだろうと。

そしてそれは山口についても同様。

ヴァンプ>あかり>霧島

という図式が

ヴァンプ>山口>あかり>霧島

となるだけの話。 

とはいえ、山口の方はそれだけではありません。

f:id:LITTLEWING:20180726214822j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726214828j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726214833j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726214838j:plain

東女にいた頃の自分は、山口よりも弱かったと認めますが

それはあくまでも過去の話。

今なら絶対に自分の方が強いと自信を持って言える。

そう断言するヴァンプですが、それを証明出来るわけではないため

f:id:LITTLEWING:20180726214847j:plain

f:id:LITTLEWING:20180726214852j:plain

山口が勝ち上がってきた場合は、

そのヴァンプの言を証明するチャンスなんだと。

それはつまり、東女時代に果たせなかった

「先輩越え」を果たすということにもなるわけで ・・・

って、こっちの方がかなり意味大きくありません?(^^;;

 

思わぬ所で後輩から付け狙われることになった山口ですが

女神杯への出場権は、加藤からKOMのベルトを獲った事で獲得。

しかし、その後吉井にすぐベルトを奪われたばかりか

凶獣の後輩である細野にまで敗北と

迷路にハマってしまっている感が否めません(相手が細野だっただけに

かといって、あかりの方も

前述の霧島戦には勝利したものの

シングルではトパーズには完勝しているものの

雪女、ソニックには敗北しているだけに

この面子相手にどこまでやれるか?

 

と思っていたんですが、そんな心配が嘘のようにあかりがペースを握ります。

もちろん、山口も一方的にやられたりはせず

ヤバゲ、mixi、ゲソてんあたりを取ったり取られたりで

5-2、時には4-3と離されないようについて行きます。

一時的にはトータルptでも山口が上回ったりもしたのですが

その後終盤にはどんどん差が開く一方となり

最終的には5-2であかりの勝利に。

 

残念ながら友野、ルシフェルに続く事が出来なかった山口。

むしろ、KOM勢の連敗という意味で片倉、加藤に続いてしまう羽目に。

細野へのリベンジマッチもこれでご破算なんでしょうねぇ・・・。

 

逆にあかりはこれで、小さい方の目標を達成。

サンモニのメンバーが活躍している中、自分だけが・・・と

落ち込んでいた時期があったり、

そして試合前にも

f:id:LITTLEWING:20180728131750j:plain

f:id:LITTLEWING:20180728131759j:plain

f:id:LITTLEWING:20180728131805j:plain

f:id:LITTLEWING:20180728131937j:plain

f:id:LITTLEWING:20180728131941j:plain

女神杯に向け、日常の「水着」を封印するとまで言っていたあかり。

その甲斐あって、今回はいいところを見せられたのではないでしょうか。