広告

【リングドリーム】引き算と足し算

f:id:LITTLEWING:20180226215041j:plain

f:id:LITTLEWING:20180226215048j:plain

タッグ王者となったソニック、メアリ組「ライオット」ですが

ソニックはシングルでも無差別級王者となったために

あちこちから引っ張りだこで大忙し。

そのため、メアリの特訓を見てあげられない状態が続いていますが

サンモニの方でもちゃんとやってるし、

ソニックファミリーとの練習では

ディアナや赤津が(赤井と原田も巻き込んで)相手してくれているし

大丈夫だというメアリ。

f:id:LITTLEWING:20180226215054j:plain

f:id:LITTLEWING:20180226215103j:plain

ただ・・・この現状に何やら不満があるとのことですが?

 

f:id:LITTLEWING:20180226215705j:plain

その現状とはやはり、千鶴に負けてしまったこと。

いや、それ自体は個人では納得しているのだけれど

「ライオット」として考えた場合、

ソニックは無差別級の頂点を制したというのに

メアリは若手を卒業したばかりの同期に遅れを取ってしまった。

そう、一番負けてはいけないタイミングで負けてしまったのです。

もちろん、ソニックがメインで

メアリがサブだということは百も承知。

それでも「二人で力を合わせて取ったベルト」だと思われたい。

ソニックの力で取ったベルト」だなんて言われたくない。

そんなことをあれこれこぼした末のメアリの一言が

f:id:LITTLEWING:20180226220308j:plain

f:id:LITTLEWING:20180226220314j:plain

ただ、「悔しい」と。

 

f:id:LITTLEWING:20180226220420j:plain

メアリはそう言うけれど、

いくらソニックでも菊池とソニックナイトを相手にして

1人では到底勝てやしないし

そこらのただの若手上がりなら、二人の攻めに遭ったら

耐える間もなく、フォローする間もなく

あっという間に狩られてしまうでしょう。

メアリも普段ならそれくらいわかりそうなはずなんですが

f:id:LITTLEWING:20180226220740j:plain

今は悪い方、悪い方に考えが行ってしまう

いわゆる「引き算」の考え方になっているんだとソニックは指摘。

・タッグ王者なのに若手を卒業したばかりの千鶴に負けた。

⇒メアリにはベルトに相応しい実力がないんじゃないか?

と。

しかし、これを「足し算」の考え方でいうと

・タッグ王者なのに若手を卒業したばかりの千鶴に負けた。

⇒千鶴もベルトにからめるだけの実力があるのでは?

となるのだと。

f:id:LITTLEWING:20180226221227j:plain

f:id:LITTLEWING:20180226221233j:plain

そこで改めてメアリに問うソニック

千鶴はただの中堅か?

それとも、タッグ王者がライバルだと認めて良い存在か?

と。

その答えは・・・

f:id:LITTLEWING:20180226221427j:plain

確認するまでもなかったですね。

ともあれ、これで吹っ切れたメアリ。

自分がベルトを防衛し続けることで自らの力を証明し、

更には千鶴の力をも証明すると誓い、

ソニックはそんなメアリを最後まで面倒見ると約束します。

 

そんな二人のやりとりがあった後

f:id:LITTLEWING:20180226221807j:plain

f:id:LITTLEWING:20180226221813j:plain

ディアナ達に事の経緯を説明。

そして、ディアナも

ソニックがメアリを見捨てるような事は無いと断言してくれます。

そこで終わっていればいい話だったんですが

f:id:LITTLEWING:20180226221935j:plain

f:id:LITTLEWING:20180226221940j:plain

そんなソニックを裏切る相手がいたら私が許さないと

笑顔なのに口調は全く笑っていないディアナさん怖いw

f:id:LITTLEWING:20180226221948j:plain

f:id:LITTLEWING:20180226221953j:plain

と思ったらあんたらもかー!(^^;;

まあ、赤井と原田もソニックに拾われたクチですもんね。

ソニックに対して相当恩を感じているようで

f:id:LITTLEWING:20180226222249j:plain

必要なら鉄砲玉でも肉壁でも引き受けると言い出します。

このあたりはやはり、裏仕事が長かった影響なんでしょう。

f:id:LITTLEWING:20180226222343j:plain

f:id:LITTLEWING:20180226222349j:plain

しかし、そんな2人に対してディアナが窘めます。

恩を返したいのなら、レスラーとして成功しろと。

この一言によって、クリムゾンスポットは

援護に徹するのでは無く自ら上を目指す事に。

 

原田はまだ試合数が少ないからともかく、

赤井はセヴンスターでかなり結果を残しましたからね。

これからの活躍が楽しみなチームがまた一つ・・・。