広告

【リングドリーム】台所の守護神(代理)

f:id:LITTLEWING:20180103125303j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103125319j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103125340j:plain

お正月ともなると、東女寮でも帰省中の人が多いようで

飯田もその一人。

寮に残っている霧島は、飯田不在の中

ご飯をどうするのか気にしているようですが・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20180103125758j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103125823j:plain

ところで、赤ずきんはなんで帰省しないの?

といきなり爆弾を放り込んでくれる霧島。

ええ、赤ずきんの故郷は災害で何もかもなくなってしまったため

霧島のいう「帰る場所」がそもそもないんですよね。

f:id:LITTLEWING:20180103125839j:plain

とはいっても、もう5年近くも前の話だから・・・

と話している最中に思わず涙がこぼれる赤ずきん

霧島もさすがにこれは無神経だったと即土下座。

f:id:LITTLEWING:20180103131334j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103131347j:plain

じゃあ逆に、なんで霧島は残っているのかというと

鹿児島は遠いから「無理して帰ってこなくていい」と言われているのだとか。

それでも、ずっと帰らないのも不義理だからと

何度かは帰郷しようとしたこともあったのだけれど

そのたびに「無理するな!」と強い口調で言う両親。

それでも無理に帰ろうとした時には

なぜかおばあちゃんの具合が急に悪くなったり

なぜか両親の海外旅行の日程にぶち当たったりで

なんだかんだで長いこと帰っていないってことなんですけど・・・

f:id:LITTLEWING:20180103131359j:plain

デスヨネー

f:id:LITTLEWING:20180103131406j:plain

赤ずきんのようなわかりやすい不幸とは違うけれど

そんな霧島に仲間意識を抱く赤ずきんなのでしたw

 

そんな2人の不幸話(一方は気づいてもいないけど)はさておき

ご飯の話に戻ります。

飯田不在ということで、

一応雑煮やおせちを前もって作ってくれてはいたようですが

f:id:LITTLEWING:20180103132218j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103132233j:plain

ここで思わぬ戦力が。

普段から飯田の手伝いをしていたアリスですが

今ではシチューや煮物系に関しては合格点をもらえるほどの腕前に。

(唐揚げと天ぷらも得意らしい)

師匠(飯田)不在の台所は私が守る!

とやる気を見せるアリス。

f:id:LITTLEWING:20180103132334j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103132345j:plain

しかしここで霧島がまた余計なことをw

「やる気だけはある」って、本当にその言葉通りだから厄介なわけで(^^;;

f:id:LITTLEWING:20180103132353j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103132405j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103132415j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103132425j:plain

しかし、さすがにアリスもこれだけ長いことここにいれば

「霧島の料理」の危険性は十分わかっているようで

断固として台所を死守する構え。

f:id:LITTLEWING:20180103132431j:plain

f:id:LITTLEWING:20180103132439j:plain

それでも押し入ろうとする霧島に対し

ついには寮長召喚という最終手段に。

哀れ霧島、この後寮長に引きずられて姿を消すのでした・・・w

f:id:LITTLEWING:20180103132529j:plain

っていうか、アリスも気がつけば

飯田の弟子が板に付いちゃいましたねw

f:id:LITTLEWING:20171209150804j:plain

かつてえり子がこんな事言ってたこともありましたけど

いいのよ、ホントずっとここにいてもw