広告   

【リングドリーム】王座移動後のそれぞれの道

f:id:LITTLEWING:20170916143310j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916143320j:plain

タイトルマッチでシュバルツに負け、ついにベルトを失った麗。

その割にスッキリした表情なのは、未だ実感が沸いていない様子。

 

f:id:LITTLEWING:20170916143614j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916143624j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916143631j:plain

そして、実感が沸いていないというのもあるけれど

それよりも「ベルトを持っていない方が出来る事」をやりたいんだと。

もちろん、負けて悔しくないわけはないけれど

相手は同期のシュバルツだし、時代が戻ったわけではないので

しばらくは彼女に任せておけばいいのではと。

そんな風に思っているからこそのこの表情のようです。

 

で、肝心の「ベルトを持っていない方が出来る事」ですが

f:id:LITTLEWING:20170916144003j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916144019j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916144027j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916144341j:plain

今回の世代闘争で、その存在感を見せつけたソニックファミリー。

そんなソニックファミリーのように

ディスティニーが東女を動かす・・・そんな風にしたい。

そしてそのために、ディスティニーの底上げを。

それが今、麗が一番やりたいこと。

f:id:LITTLEWING:20170916144404j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916144413j:plain

そんな話を聞いて、ラナも協力することに。

相変わらず首の調子は思わしくないようですが

くるみ達を鍛えるくらいなら問題ないということで

しばらくは訓練期間ということで

ディスティニーはしばらく7連戦等には絡まなくなるフラグ?

 

一方、新王者となったシュバルツ。

f:id:LITTLEWING:20170916152621j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916152628j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916152634j:plain

「王者になって何か変わったか?」

という質問に対し、なんとも曖昧な返答。

f:id:LITTLEWING:20170916152731j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916152749j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916152757j:plain

これまで何度も「シュバルツ劇場の開演」云々と言ってましたけど

あれは自分をも追い込む意味での発言だったんですね。

しかし、そんな強気な発言をしたにも関わらず

結果を残せないこともしばしば。

シュバルツでもプレッシャーに感じていたようで。

それが、ベルトを獲った途端感極まって大泣きしたんだとか。

シュバルツにとって、それだけの出来事だったというのに

「変わっていない」という言葉が出る理由、それは

f:id:LITTLEWING:20170916153943j:plain

王者として、シュバルツがまだ何も成していないから。

試合前のコールにも「世界王者」ってついたし

上位陣の目つきが獲物を狙うようなものになったし

そういう意味では以前と変わった点は確かにある。

でも、シュバルツが言いたい「変わった」という意味は

王者として戦って、防衛して、神崎越えを果たして

そんな課程での自分自身の変化、そして回りの変化のこと。

だからこそ、「今はまだ」変わっていない。

変わっていくのは、変えていくのはこれからなんだと。

 

そんな、王者としての心構えを聞いて霧島は

f:id:LITTLEWING:20170916154634j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916154640j:plain

シュバルツとのタッグ「KASUMI」を一時封印することに。

霧島にとってのベストタッグはKASUMIだと思っているけれど

やるなら対等な立場で組みたいからと。

そこで、別のタッグを模索することになるわけですが

f:id:LITTLEWING:20170916154834j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916154839j:plain

そんなのわかりきってるじゃん!(^^;;

咲川はさわりとのタッグ「朧双花」がメインですもんね。

その片手間で組む分には構わないけど、

霧島が求めているのはそういうレベルじゃないですもんね。

f:id:LITTLEWING:20170916155109j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916155114j:plain

ちなみに、姫小路も榎下との「ローズ・ロゼ」を

今後のタッグのメインにしようと考えているので引き受けてはくれないだろうと。

・・・ババア呼ばわりは関係ないですよ?(^^;;

十両の足については、最前線での活躍はもう期待できないほど悪いそうなので

これも駄目。

めぼしいパートナーが誰もおらずに困り果てる霧島。

f:id:LITTLEWING:20170916155417j:plain

咲川さん、言ってはならぬことを・・・(^^;;

とはいえ、いなさそうなんですよね実際w

霧島が頼めるかどうかは別として、パッと思いつく人物だと

 

・ヤンドラ杯のご褒美として挑戦者決定戦の権利を持ってるメアリ

・フロントがOKするか微妙だけど、放浪中のトパーズ

・フロントがOKするか微妙だけど、働き場所がなくなったモモタ 

 

・・・こんなところ?

 

などと、この記事最初書いた時には思っていたわけですが

19日のストーリーでメアリ消えましたね(^^;;

東女選手の候補がいなくなっちゃったけどどうしよう・・・w

広告を非表示にする