広告

タイガーマスクW 5話「ふくわらマスクの謎」

今回は新日の永田からタイガーに

シリーズに参戦して欲しいとのオファー。

そのシリーズに同じく参戦していたのが

フリーの覆面レスラーふくわらマスク。

試合開始早々のロープブレイクや

場外でマスクを前後ろ逆になったように見せかけ

相手が仕方なしに手助けしようとしたところを

急遽攻撃に転じてリングアウト勝ちとか

なんとも人を食ったようなレスラーですが・・・

 

そのふくわらマスクととの対決が今回バトルロイヤルにて実現。

相変わらず自分からは戦おうとせず

漁夫の利を狙うふくわらマスク。

しかし、最後にタイガーと一騎打ちとなり

タイガーがローリングソバットを繰り出した際に

ふくわらマスクが足を滑らせ顔面直撃。

ここから、ふくわらマスクがコミカルレスラーではなく

強豪レスラーに豹変し、タイガーと互角の勝負を展開。

それでも最後はタイガースープレックスホールドで

見事勝利を収めたわけですが、

今後何か絡んできそうな感もあるふくわらマスク。

大きな怪我の跡や、

豹変した際にコーナーポストめがけて投げを放ったりとか

虎の穴出身レスラーなんじゃないかと思える節もありますが。

そういえば原作では、ジキル=アンド=ハイドなんてレスラーもいましたけど

あれはベビーフェイスのレスラーが反則できない鬱憤を晴らすために

マスクマンとして登場し、場外でやりたい放題って話だったから

たぶん今回の話とは無関係なんでしょうね。

 一応、その話は原作10巻に収録されています。

 

一方、GWMのリングで荒れまくっているタイガー・ザ・ダーク。

対戦相手を潰してばかりいるため

先輩レスラーにも目を付けられている模様。

(そういえば潰れた相手へのとどめともなった技、

 ローリングエルボーっぽかった気も?)

 

そんなギスギスした空気の中行われたバトルロイヤル。

こちらは新日のようにいきなり全員があがるのではなく、

一定時間ごとに1人ずつ上がっていく

いわゆる「ロイヤルランブル」というもの。

当然、最初に上がる選手が不利で、最後の選手が有利なわけですが

タイガー・ザ・ダークはくじに細工をされて1番手に。

残り19人全員を敵に回すことになるダーク。

リングアウト狙いで次々と選手をリング外へ落としていき

いよいよ最後、くじを細工した張本人でもあるボスマンとの対決。

ボスマン必殺のベアハッグに苦戦を強いられるも

最後はダークネスドライバー一発でKO。

できればもうちょっと痛めつけて欲しかった気もするけど・・・w

 

そんな感じで今回、タイガーは頭脳プレイについて学び、

ダークは自らの実力を示す事で

GWM内での地位を着実なものとしてきていると。

ただ、同じバトルロイヤルでも

海外のほうはロイヤルランブルにしたりと

細かいところにも気を配ってるなと思いました。

 

 

次話

前話