【聖闘士星矢】神となった城戸光政!!【EPISODE.Gレクイエム】

帯で吹き出しそうになったのは言うまでもないw

というわけで、「聖闘士星矢EPISODE.G レクイエム」の第4巻です。

 

星矢にとって実父である城戸光政が

敵として登場するという全く予想だにしなかった展開に

さすがの星矢も動揺を隠せません。

そして、そんな光政の言葉を聞く内に

ついにアテナに対して疑念を抱いてしまう星矢。

そしてそのことが、アテナを死に導いてしまうことに・・・。

 

守るものがなくなり、戦う理由を失ったかと思われた星矢。

しかし、アテナの想いと小宇宙は消えず星矢を照らし続けます。

そして、老師が消滅の間際に

全ての次元の黄金聖闘士に救いを求めたことで

星矢は新たな聖衣を纏います。

その名も・・・

結合黄金聖衣(シナプスゴールドクロス)

 

最後は、冥王の剣によって

現世に肉体が縫い止められていることを利用して

地上へと降り注ぐ業火の雨から地上を守り続ける

希望の灯台となったのでした。

 

いい最終回だった(終わってません

 

「いい最終回だった」と言ってみたものの

聖衣なし、小宇宙なし縛りはやっぱきつかったよなーと。

聖闘士星矢の世界観を自ら否定しちゃうようなもんでしたからね。

 

しかしこれで、星矢はこれにて舞台から退場。

直後の話を見る限り、次の主役は一輝・・・でいいんでしょうか?

ここからどんな展開に持って行くのか見当もつかないですけどね(^^;;