広告

ロード・エルメロイII世の冒険 1巻「神を喰らった男」

 「 ロード・エルメロイII世の事件簿」で完結したと思われた

エルメロイII世とグレイの物語が

 「 ロード・エルメロイII世の冒険」とタイトルを改めて

再び始まることに。

 

 「 ロード・エルメロイII世の事件簿」から数年経ち

「事件簿」ではなく「冒険」になったことから

今作では時計塔周辺が舞台というわけではなく

様々な土地へ赴くことになりそうな感じです。

まあ、この数年でエルメロイII世も知名度が上がって

「略奪公」なんて物騒な二つ名で呼ばれるようになりましたしね。

実際の実力に関してはお察しなのですが・・・w

 

なお、「 ロード・エルメロイII世の事件簿」の時には

毎回TYPE-MOON別作品のキャラがゲストで登場して

ファンを喜ばせてくれたのですが

 「 ロード・エルメロイII世の冒険」第1巻では

ついに遠坂凜が登場!

 

といっても、エルメロイII世と凜の関わりについては

Character materialか何かで結構前から語られていたはずなので

これまでのゲストキャラとは違い

「ようやく登場か」

といった気持ちだったのが正直なところ。

むしろ、凜に関しては

エルメロイII世よりもグレイとの絡みの方が興味深かったですね。

あと、凜が時計塔に来ているということは

当然シロウも同行しており

ルヴィアのところで執事のアルバイトをしているようですが

今回は残念ながら匂わせのみで登場はしていません。

 

っていうか、ゲストキャラという意味では

今巻よりもむしろ次巻の方が気になっているんですよね。

エピローグでの橙子さんからの手紙。

その宛先にあった「両儀幹也」の名前。

ここで「空の境界」と絡んでいくんですか!?