広告

るろうに剣心 最終章 The Final

少し前に「るろうに剣心 最終章 The Final」を観てきました。

最終章は二本立てということで

今回はどこまでやるんだろうと思っていたのですが・・・

 

※以下、ネタバレ要素を含みます。

 コメントもTOPページ上では非表示に設定しています。

 

The Finalでとりあえず最後までやって

The Beginningで巴との過去編をやるってことだったのね。

すっかり勘違いしてましたわ(^^ゞ

 

で、今回のThe Final。

気になったところ、印象に残ったところをざっくりと。

 

縁 VS 斎藤

横浜駅に到着した縁と、

彼を捕らえようとする警官達とが衝突。

縁のアクロバティックなアクションは

さながら映画前のCMで見た「映画泥棒」のようw

あらかた警官達がのされた後、いよいよ斎藤が牙突の構えをとるが・・・

ここで縁が大人しくなったために夢の対決は実現ならず。

 

戍亥 VS 左之助

本来であれば、戍亥が前川道場を襲撃して

そこに左之助が駆けつけてファーストコンタクト即対決!

となるのですが・・・実写では戍亥を既に出してしまったためか

戍亥の格好した別名のキャラが前川道場を襲撃。

更には、左之助もその現場には間に合わず

対決には至らずという結果に。

 

縁 VS 張

ホウキ頭じゃないから、最初は張だってわからなかったよ・・・w

それはさておき、原作では大人しく斎藤の部下になっていた張ですが

実写では

「大人しく明治政府の犬になっていると思うなよ」

とばかりに、縁と通じて偽の情報を警官に流すという小細工を。

その報酬として、縁から和刀をもらおうとしていたのだけれど

「日本刀とは重心が違うから怪我するぞ」

と窘められたことでプライドが傷ついたのか縁に対して抜刀。

実際に切り結んだシーンはなかったのですが

その後、縁は普通に登場してるあたり一蹴されたのでしょう。

南無・・・。

 

縁 VS 左之助

原作とは違い、神矢道場を訪れたのは縁ただ一人。

剣心が留守だったため、左之助が迎え撃つことになったのですが

一方的にボコられた上に薫を拉致される羽目に。

あ、外印さんいないのでさすがに

薫が殺されたように見せかける話はカットされてました。

 

剣心 VS 宗次郎

呉黒星(ウー ヘイシン)がやとった用心棒として

まさかの宗次郎再登場!

今回一番驚いたところですね。

そして、剣心との再戦になるのかと思いきや

「ぼくもるろうにになったんですよ」

みたいなことを言って、黒星の部下達に攻撃して

そのまま剣心と共闘することに。

・・・北海道に向かう途中で道に迷ったんだろうか?

左之助じゃあるまいしw)

 

対決シーンに限れば

実現したものしなかったもの含め

気になったのはこんなところでしょうか。

 

あと、仕方ないこととはいえ

弥彦の活躍が全面カットされたのはご愁傷様としか。

っていうか、弥彦とつばめが一緒に映ってると

つばめの方が大人びていて

どうにも違和感が拭えなかったのが忘れられませんw

しかしそのつばめも、赤べこ襲撃の際に巻き込まれて

大やけどを負うという原作にはなかった痛々しいシーンも。

まあ、あれだけの砲撃があって怪我人無しというのは

さすがに無理があると判断されたってことですかね。

 

あとは・・・鯨波さんはともかく

乙和瓢湖と八ツ目無名異、そして戍亥の代役については

本編中で名前聴いた覚えないけど・・・まあしょうがないよね!w

その分、鯨波さんは迫真の演技してましたし。