広告

キン肉マン ネタバレ禁止令の影響につき

本来であれば、今回はキン肉マン72巻について書く予定でした。

(っていうか既に記事も用意していました)

しかし、ここ最近はキン肉マンのネタバレについて

SNS上で結構な騒ぎとなっていることもあって

とりあえず様子を見ることに。

 

事の発端は、以下のような作者のツイートでした。

といっても、この時点では

「スクショやめてください」という話なので

そりゃごもっともと多くの方が納得したことでしょう。

ブロッケンJr.とザ・ニンジャの「違うのだ!」かけあいとか

ジェネレーターを作った人もいましたね。

(これに関しては私も利用した覚えがあるので反省すべき所ですが)

そうじゃなくても、最新話のスクショを

早々に貼ってる人なんかもいたので

作者として、苦言を呈したくなったというのもわかる話です。

 

しかし、編集部からの声明内容で話はおかしな方向に。

いや、スクショを無断でアップロードするのが

著作権の侵害だという点に対して異論がある人は

まずいないでしょう。それはいいです。

問題となっているのは

ネタバレ行為(文章によるものを含む)に対して

発信者情報開示請求や刑事告訴

損害賠償請求などの法的手段を講じることもある

というところ。

 

感想は一向に構わないとのことですが

じゃあ、どこまでが感想でどこからがネタバレなんでしょう?

「ビッグボディでさえ勝利したというのに」とか

「肉ラップって何だよww」とかは

リアルタイムでは・・・アウト?

みたいな感じで、ある程度の予想はできるものの

明確な線引きが出来ない以上

その内容に触れづらくなっているのは確かで

「だったらもう、キン肉マンについて語る事自体やめるわ」

という人が増えてきているのが現状です。

 

また、いつまでがネタバレに該当するのか?も気になるところですが

これについては作者の別ツイートで

「少なくとも3日は」と言われていました。

最新話から3日ということであれば

単行本の内容に触れているウチみたいなのはセーフ・・・なのか?

個人的にはここが一番気になるところです。

 

キン肉マンという作品は

それこそ週刊少年ジャンプで連載してた頃から好きでしたし

今後の展開も楽しみにしていますが

最近では、ブログの更新が生存報告程度になってるウチとしては

今後扱うのはやめておくべきなのかなーと

考えさせられる今回の騒動でした。

  

 

なお、今回の件と直接関係するわけじゃないと思いますが

キン肉マンネタが満載だったFGOのサンバイベントが復刻しないのも

やっぱり怒られたのかなーとか思ってしまいますね(^^;;