広告

【リングドリーム】多才な柑橘類.2【ストーリーズ】

リングドリーム ストーリーズ」4つめのストーリー

南城檸檬の「多才な柑橘類」2話目です。

前回のおはなしで

檸檬がいかにチートかについて語られたわけですが

今回は、南城家にいた頃の話を掘り下げていきます。

 

 犬猿の仲の二人

南城蛍からの誘いで

温泉でくつろぐことになった檸檬ざくろでしたが

当然のように、顔を合わせた途端に険悪なムードに。

f:id:LITTLEWING:20200821164241j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

f:id:LITTLEWING:20200821164314j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

仲良くおままごとをしてた頃のような二人に戻って欲しい

そんな風に思う蛍なのですが

実はそれ、大人に対してのポーズでしかなかった事が明らかに。

この頃はまだ、二人とも典型的な「南城」だったので

無垢な子供を演じることで

油断した大人達が思わずこぼしてしまった内容を

親に流していたのだとか。

つまり、仲の良かった頃に戻って欲しいといわれても

そんな時は一度も無かったのです。

 

 南城蛍の原動力

しかし、そんな二人がほほえましく「演じていた」姿が

レスラーを目指していた当時の南城蛍にとっての原動力であったのだとか。

このような無垢な(笑)幼子も

将来は南城に染まってしまうのかと胸を痛め

何とか自由に生きる道は無いかと行動を起こしたのだと。

f:id:LITTLEWING:20200822142110j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

もちろん、元から南城の方針とソリが合わないというのもあったのだけれど

きっかけは間違いなく二人の存在があればこそでした。

だというのに、それが勘違いだったというのだから

苦笑いするしかない蛍ですが、彼女がそのように

ずっと南城に染まらずに済んだのには実は理由が。

 

幼い頃から「人の道から外れた」教えを受けてきた蛍でしたが

f:id:LITTLEWING:20200822143020j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

その度に「それは違うよ」と囁いてくれる存在が

蛍の側に常にいたのだとか。

そして蛍は、どちらか一方の声を鵜呑みにする事無く

何が真実であるかを常に考えるようになり

結果、今の蛍が構成されることとなるのですが

その声が幼子の深層心理が作り出した幻聴だったのか

彼女が「神託の巫女」ゆえに聞こえたものだったのかは

今となってはわかりません。

 

いがみ合う理由

檸檬ざくろの仲についての話に戻りますが

 その、蛍が勘違いした「おままごと」をしていた頃は

互いが互いに感情を動かされない存在でした。

ようはどうでもいい相手だったんです。

それがなぜ、今のようにいがみ合うようになってしまったかといえば

f:id:LITTLEWING:20200822164305j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

その原因は蛍にありました。

 

親族の集まりの際

ざくろは親から「教育」という名の折檻を受けた事がありました。

しかしその時、ざくろには何の非もなく

ビールを飲んでいたざくろの父が

自身の不注意でコップを手にひっかけてこぼしただけの話。

それをざくろのせいにして八つ当たりしたため

 

f:id:LITTLEWING:20200822165418j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

そんな光景に我慢の限界を超えた蛍は

彼にニールキックを喰らわせから

馬乗りになってボコボコにし、文字通りざくろにしたのだとか。

この時の出来事がきっかけで

ざくろ檸檬に「憧れという感情」が芽生えたのです。

そして、二人ともが蛍に振り向いて欲しいと思うようになり

ここから二人のライバル関係が始まったのです。

 

その後、蛍は周りの反対を押し切ってレスラーに。

南城の力でも、東女に口出しすることは出来なかったため

入団試験を妨害されることなく無事合格。

入団後も、井上の直下に入った事で

南城からの干渉を避けることに成功したのですが

蛍が一族の集まりに顔を出さなくなったことで

ざくろ檸檬の「教育」はまた以前のように苛烈なものに。

 

そんな地獄から先に抜け出せたのは・・・ざくろでした。

次の神託の巫女が育つまで

蛍を南城に縛り付けておくためにも

一族の者を蛍の元へ送り込むべき、という提案から

ざくろが東女に送り込まれることになり

蛍をめぐる二人の争いは、ざくろに軍配が上がったのです。

 

 

というわけで、檸檬ざくろの関係について語られた第2話。

二人がまだ南城にいた頃はまだしも

今となっては、檸檬の方が一方的にざくろを憎んでいて

悪感情を向けてるから

ざくろ檸檬を嫌っているみたいな風にも?

 

なお、蛍が井上直下に入ったくだりのところで

井上直下についてもちょっと面白い話があったりしましたけど

南城の話とは直接関係なかったのでカットしましたが

ガッシュさん・・・ww