広告

【リングドリーム】暁の流星雨.3【ストーリーズ】

リングドリーム ストーリーズ」3つめの物語、

星空こがねが主人公(のはず)の「暁の流星雨」第3話です。

前回、中津井によるこがね評が語られたのですが

その中津井の話が今回も続きます。

 

リーダーは誰だ?

最初の顔合わせの際にいきなり

「全力で戦い合ってリーダーを決めよう」

などと言い出すこがね。

普通に考えれば、新人を卒業したばかりのこがねが

中津井、ホワイトフェイスの両名に勝てるわけがありません。

が、そこにはこがね勝利に至る理由がありました。

その決着方法とは・・・

「体力が尽きるまでの」3人総当たりのスパーリング。

f:id:LITTLEWING:20200717210839j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

最初に脱落したのはホワイトフェイス。

総当たりが5巡したあたりで

「そもそも私はリーダーってガラじゃない」と辞退。

「ほどほどのところ」で抜けようと最初から考えていたのだとか。

そして、中津井とこがねの一騎打ちとなったわけですが

最初は5回中4回は中津井が勝っていたのが

体力が減って行くにつれ、中津井の勝率はどんどん下がっていきます。

体力面で中津井がこがねに劣っていたというわけではありません。

しかし、心の方はそうではなかったのです。

f:id:LITTLEWING:20200717212144j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

このまま続けて後輩に逆転されるような結果は避けたいという思いから

勝負から逃げてしまうことに。

こうして、チーム星屑のリーダーはこがねに決まったのでした。

 

女帝とのスパーリング

次に中江の証言となりますが

彼女にとってのこがねは

「ただ騒がしいだけのウザい先輩」

という認識だったんだとか。

なので、星屑に入ったのも

あくまで中津井に誘われたからであって

こがねについてはどうでもいいと思っていたのだとか。

しかし、そのこがねへの認識を

改めることとなる事件がわりとすぐ起こります。

それが女帝、神崎玲子とのスパーリング。

 

これは今の若手達で例えると

八神、月城が菊池にケンカを売るようなもの。

常識的に考えれば、若手の選手がいくら息巻いても

上の選手が相手をしてくれるわけがありません。

しかしそこは、周りが牽制し合っていて

なかなか対戦相手が決まらないという神崎のイライラを利用。

f:id:LITTLEWING:20200718141007j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

この当時(2013年)、東京オリンピック開催が決まったばかりだったこともあり

こがねを一回KOするごとに

日本にメダル一個獲得分の幸運が舞い込むという

何とも胡散臭いメリット?を神崎に提示してきたのです。

f:id:LITTLEWING:20200714202943j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

そんな馬鹿馬鹿しい提案に神崎は乗ることに。

こうして、見事スパーリングの相手を勝ち取る事に成功したこがねですが

ここぞとばかりに溜め込んでいた鬱憤を晴らしにくる神崎。

そのスパーリングは凄惨たるものとなったのです。

 

こがねを叩き潰すつもりであれば

おそらく3分も必要としなかったでしょう。

なので、絶妙な加減をしつつも

こがねを試すかの如く、心が折れそうになる攻めを続ける神崎。

しかし、何度ダウンしても立ち上がるこがねを見て

本物とはこういう奴らなんだと

f:id:LITTLEWING:20200718142416j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

こがねは本物の「バカ」なんだと

以後、こがねを意識するようになったのだとか。

ちなみに、そのスパーリングの後

こがねはしばし戦線離脱することになるのですが

戦線復帰した際の星屑メンバーのコメントがこちら。

そういえば、スパーの後遺症?で

妖精が見えるなんて言ってましたっけ・・・w

 

なお、夢原にとっても

こがねの印象深い話といえばこのスパーリングだったため

「私はパス」なんて言い出すんですが

水着キャンペーンに選ばれた時に

鏡の前で効果的なポーズを研究していた事とか

20歳になった際にレンタルDVDの成人向けコーナーに突撃した事とか

バレンタインキャンペーンに選ばれた時に

未来の旦那様のためにとチョコを作って

未だに冷凍庫にしまってある件とか

色々あるじゃないかと妖精さんからツッコミが。

f:id:LITTLEWING:20200718143547j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

妖精さん・・・それらの情報をいったいどこからw

そんな冗談はさておき

夢原としては、過去のこがねよりも

未来のこがねに興味があると言い出します。

 

未来の星空こがね

今回の分裂騒動についてこがねがどう考えているのか?

f:id:LITTLEWING:20200719102454j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

夢原自身はこがねの選択に従うつもりのようだけど

全員がそうとは限らないから

リーダーの考えはどうなのか?という判断材料を提示して欲しいのだとか。

 

そして、こがねの答えは既に決まっていました。

今の東女は大きすぎて、今の私には息苦しい。

だから・・・東女を出て行こうと思っていると。

f:id:LITTLEWING:20200719103043j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

答えが出ているのにそれを口にしなかったのは

こがねの中でもまだ迷いがあったから。

大した実績も残せないまま出ていくのは逃げなんじゃないか?とか

東女にここまで世話になったのに

恩返しが出来ていないんじゃないか?とか

もっと他の人にチャンスを回すべきなんじゃないか?とか。

しかし、こうして実際に口にしている内に

こがねの決心も固まります。

そんなのは、私のためにも東女のためにもならないと 

 遠慮するのをやめ、東女を抜けることに。

そしていつの日か、胸を張って東女に逆上陸することを誓うのでした。

 

  

 というわけで、チーム星屑は東女から出て行くことに。

火村がどうするかは結局明かされませんでしたが

今の流れから察すれば、たぶん一緒について行くんですかね?

ちなみに、現段階で分かっている情報をまとめてみると・・・

  残留濃厚 新団体濃厚 不明?
サンモニ キャシー・ホワイト
ハミング野草
メアリ・ノートン
あかり
マジョラム吉井
ジャスティスX
風魔あやめ
ムー成田
スクール飛咲
兎角はねる
飯田 知世子
凶獣 勝てば残留、負ければ新団体
校条手鞠
シャドゥ細野
友野なるみ
ルシフェル美香
グレイ綾野
冬崎ヤマト
AKINA
紅葉林檎
熊井さと
樹緑みどり
VS
カース伏久
ロイド・ガッシュ
恵比寿さとり
カーボン乗杉
ラヴァーズ井ノ瀬
ハロウィン園原
十六夜半月
南城ざくろ
薬師寺いろり
スパイダー菊池
アントラー山口
サーカス大鉛
南城蛍
豪徳寺伊吹
ソニックナイト
サタン皆口
都坂ユーリ
ライサ秋咲
インフェルノ
冴口みーな
ウルフ金森
星屑   星空こがね
パペット夢原
中津井珠樹
中江いんこ
風祭はやて
火村怜

 こんな感じでしょうか?

前述の火村同様

サンモニのメンバーもおそらくは

多くがあかりについて行くのではないかと思われますが

明言されているわけではないので一応こういう形に。

ただ、火村も東女を出て行くなら

凶獣は樹緑がいる方が出て行って

敵であれ味方であれ、新団体で合流して欲しいみたいな思いも。

 あとは、凶獣同士の抗争に関わっていない上の方のメンバーや

逆にいるのかどうかすらも怪しいメンバーはさておき

都坂ユーリとかどうしたのかねーと思わなくもなかったり(^^;;

 

なお、今回のおはなしで

えり子の代から寮長を引き継いでいかなくなった明確な理由についても

実は触れられていましたが

(誰も引き受けてくれないとかそういう事では無く)

星屑とは直接関係ないので割愛させていただきました。