広告

【リングドリーム】DANDELION.1【ストーリーズ】

f:id:LITTLEWING:20200604183404p:plain

リングドリーム ストーリーズ」にて

まずはヴァンプ鈴森の過去話が語られたのですが

2人目の主人公はメアリ・ノートン

彼女の入団当時をふり返ります。

 

ぽひのいない風景

f:id:LITTLEWING:20200604184241j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

琴無千鶴、小早川ぽひ、そしてメアリ・ノートン

この3人が2012年四期組として入団したのですが

小早川ぽひは、ナイトメアの移籍騒動に巻き込まれる形で

ヴァンプ鈴森に連れられて共にFWWWへ移籍することに。

この世界でぽひが生きていけるのか心配する2人でしたが

これまでの過酷な環境下でも文字通り「生きてきた」ぽひ。

仮に、レスラー以外の道を選んだとしても

きっと生きていけるだろうと彼女を信じることに。

 

もっとも・・・そんな彼女がのちに

FWWWの頂点に立つことになろうとは

この当時、誰も想像しなかったでしょうけどもw

 

千鶴への嫉妬

そんな感じで、ぽひの事で思わず話が盛り上がってしまう2人。

が、今は練習の真っ最中。

当然、練習に身が入っていないと

この日のコーチを務めていた寮長からお叱りを受けてしまいます。

しかし、お叱りはそれだけでは終わらず

f:id:LITTLEWING:20200604204437j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

先輩から思いもよらぬ制裁を受けてしまう千鶴。

メアリを狙わずに千鶴だけに制裁を加えるという時点で 

別の意図を感じずにはいられないわけですが

f:id:LITTLEWING:20200604204911j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

実は、女帝直下の人であるラズベリー咲川が 

千鶴のことを意識しているとかで

彼女に嫉妬した末の行動だったのだと

社務さわりから明かされます。

ともあれ、そんなこんなで

千鶴は後日、咲川に挨拶しに行くことに。

 

メアリの望む道

 この話を聞いて、焦りを感じるようになるメアリ。

この当時の東女では、新人の内に先輩と師弟関係になったり

どこかの派閥に所属するというのが珍しくなく

f:id:LITTLEWING:20200605210900j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

そうするかしないかでは、与えられる機会に雲泥の差があったのです。

 となると、自ら売り込みに行く必要があるわけですが

当然、望めば必ずかなうというわけでもなく。

特にこの頃の東女は、もの凄い勢いで新人を採っていたこともあって

上の人が面倒を見れる許容量をオーバーしていたのです。

 

特撮やアニメが好きで日本に来たメアリとしては

ソニックファミリーが第一候補だったのですが

残念ながら、今は新メンバーを募っていないとのこと。

それに、この時のメアリが目指していたのは

「スーパーヒロイン」ではなく「スーパーヒーロー」だったため

理想とするレスラーは実はソニックキャットではなく

ジャスティスXだったのだとか。

そんなこともあり、メアリはサンデーモーニング入りを目指す事となります。

f:id:LITTLEWING:20200605213818j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

もっとも・・・ジャスティスXのようなメアリというのは

千鶴的にはあまり見たくはなかったようですがw 

 

そんな感じのメアリ編第1話でしたが

この当時は、まだ千鶴が3人の中でも一歩抜きん出ていた頃であり

メアリがまだ「スーパーヒーロー」を目指していた頃なので

今現在と比較するとずいぶん違いを感じさせられます。

 

ですが、今回のおはなしの中で個人的に印象に残ったのは

新人が増えすぎて、面倒みきれなくなっているという話の中で出てきた

キャリア赤城のくだりでしょうか。

f:id:LITTLEWING:20200606150313j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

よもや、滝沢組にごり押しで入っていたとは・・・w

 

なお、メアリの湯上がりシーンは

怒られるかも知れないのでカットしました(^^;;