広告

【リングドリーム】Nightmare Princess.2【ストーリーズ】

リングドリーム ストーリーズ」Nightmare Princessの2話目です。

 

いずれ、「始まりの女帝直下」と

呼ばれるようになる鈴森と姫小路が

旧・東女寮にて同室となり、初めて顔を合わせることに。

「神崎玲子の後継者となるのは私!」

そう言ってはばからない2人が

初日からしのぎを削っていく展開なのかと思いきや

現実はそう甘くはなかったのでした。

 

 

新人耐久テスト

恒例行事として今も東女に残っている「新人耐久テスト」。

東女に入ってくる前には

「体力に自信がある」と豪語していた人も

この「プロの洗礼」により鼻をへし折られる事となります。

そしてそれは鈴森も例外ではありませんでした。

体力の限界まで走った末に、最後は気を失ってダウン。

姫小路は、意識は保てていたものの同じくらいで限界に。

f:id:LITTLEWING:20200514173448j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう


先輩達との差を痛感させられた2人ですが

そんな中で、最後まで粘った新人が野々村光。

f:id:LITTLEWING:20200514174201j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

自分達のように入団試験を受けたのではない

いわゆる「スカウト組」といわれる立場で登場した彼女。

当然、これには対抗意識を燃やす鈴森。

これが後のナイトメアとD&Dの抗争のきっかけに・・・

なったのかは定かではありませんが(^^;;

 

指導という名の理不尽なしごき

この頃は、入団試験が年1回のみで

最初に多めに採用して

そこからそぎ落としていく方針だったため

最初の時点では同期が20人もいたのだとか。

そんな中から生き残ったのが

f:id:LITTLEWING:20200514175138j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

皆口、西田、マルシア(後の十両)、野々村、姫小路、鈴森の6人。

当時と今では、寮自体が違えば方針も違うのですが

それでもここまで生存率に差があるのは

今では考えられない「理不尽なしごき」があった故でしょう。

 

先輩の言うことは絶対

ちょっとでも逆らえば殴られる

逆らわなくても反応が遅ければ殴られる

お辞儀の角度がなってなければ殴られる

掃除のやり残しがあったら殴られる

それが当たり前にまかり通る時代だったのです。

その指導についても

加減してくれる先輩ばかりではなく

指導とか関係無しに単なる憂さ晴らし目的で

暴力を振るう先輩もいたため

それが理由で恨みを買ったりなんて事も・・・。

f:id:LITTLEWING:20200514181519j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

 

弱肉強食の世界

そんな、先輩達からの理不尽な仕打ちに

ついに牙を剥く鈴森と姫小路。

リングの下では上下関係は絶対だったけれども

リングの上では実力がすべて。

ここぞとばかりに、これまで溜めに溜まった鬱憤を

先輩達にぶつけていったのです。

もちろん、デビューしたての頃はやられっぱなしの毎日だったけれど

半年もすれば、実力の足りない先輩とは良い勝負が出来るように。

更に、そんな先輩達とは「因縁状態」、つまりは

「場外乱闘もあり」な関係に持ち込むことで

2人は本当にやりたい放題暴れ回ることとなります。

その結果、威張り散らしていた先輩が

2人を見るだけで怯えるようになり

それでも執拗に追いかけ回すうちに

しまいには場外乱闘禁止令を出されるまでに。

しかし、そんなことがあったからこそ

「活きの良い新人」「面白い女」と

神崎の目にとまることとなるのだから世の中本当に分かりません。

 

 

といった感じの第2話でしたが

新人耐久テスト、この頃からあったんですね・・・w 

f:id:LITTLEWING:20170428232003j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

 

以前、千鶴の回想で

ぽひが10分、メアリが43分、

そして千鶴が2時間3分耐えたなんて話がありましたが

スカウト組の野々村が1時間50分だったのと比較すると

新人クラスでは千鶴のスタミナはかなり多めだというのがわかります。

もっとも・・・それでも先輩の誰にもかなわなかったんですけどね(^^;;

 

そして、今回の回想で登場した2人の先輩

左が古川先輩で右が飛田先輩といいますが

見たことあるなーと思った方もいるでしょう。

f:id:LITTLEWING:20160115211733j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

ここです。

2人とも凶獣の先輩だったんですね。

ただ、鈴森、姫小路のいう「尊敬できない先輩」ではなく

ちゃんと実力のある選手だったようで

しごきの仕返しを果たせるようになる前に

場外乱闘禁止令を出されてしまったために

この両先輩には仕返しできないまま引退されてしまったとか。

 

その仕返しで行ったという場外乱闘ですが

今回の話を聞くと、本編でのやりとりにも納得がいくといいますか。

f:id:LITTLEWING:20180624141241j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

f:id:LITTLEWING:20180624141247j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

f:id:LITTLEWING:20180708152206j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

f:id:LITTLEWING:20180708152212j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

f:id:LITTLEWING:20180809221717j:plain

©SUCCESS Corp. ©でいしろう

っていうか、ホントにこの世代ひどいな!w

 

あとは、デビュー出来なかった14人のうちの1人の話とか

その人との意外な繋がりとかの話もありましたけど

そこは割愛ということで。 

でも、個人的には割と好みでしたw

 

【検索用登場キャラリスト】

皆口音子

西田幸恵

小金井マルシア

野々村光

姫小路由樹

鈴森杏菜