広告

【リングドリーム】ヤングドラゴン杯2017【プレイバック4】

今回は、ストーリー内で4回目となるヤングドラゴン杯のまとめを。

今回も年をまたいだ開催となっていますが

表記上は2017とすることにします。

 

 

ヤングドラゴン杯2017

開催期間:2017年9月~2018年6月

参加資格:2014年一期~2015年三期

参加者:

2014年一期
冬崎ヤマト

2014年二期
ティフィ青山

2014年三期
兎角はねる

2014年四期
飯田知世子、風祭はやて、稲荷ひめり

2015年一期
サモエド、与那覇久遠

2015年二期
エリス・ライアル、黒山百合華

2015年三期
アナ・ペコリータ、神楽坂美樹

FWWW
天狗舞々、姫麻呂町由岐、ギガント森住、ヘカトン慧子、太堂ゆに、三浦佐奈恵、殺人蜂五月雨

RLoW
アリス・リドル

※2014年一期のパピヨン羽田は海外実績を含めると7年になるため除外
※2014年三期の薬師寺いろりは空手実績があるため除外

 

予選

前回優勝者のメアリが参加資格の枠から外れたため

予選には20名全員が参加。

 

まずはFWWWにて先行して予選を実施し

今回東女から与えられた4枠を奪い合います。

(舞々は前回の実績から無条件で4枠の内の1つを獲得)

FWWW予選
ヘカトン慧子 VS ギガント森住    
三浦佐奈恵 VS 太堂ゆに    
殺人蜂五月雨 VS 姫麻呂町由岐    

f:id:LITTLEWING:20170916121830j:plain

 f:id:LITTLEWING:20170930141543j:plain

 

f:id:LITTLEWING:20171005213301j:plain

 

その結果、ヘカトン、太堂、姫麻呂が勝利。

これで、東女側の12人とあわせて16名となり

予選を1回行えば8人になるはずでしたが

RLoWからアリスが参加を希望したために

1人だけ1試合余分にやらざるを得ないことに。

f:id:LITTLEWING:20171008132420j:plain

f:id:LITTLEWING:20171008132428j:plain

その舞台が大会場だと聞いて、兎角が真っ先に立候補。 

予選番外
兎角はねる VS アリス・リドル 後日談  

f:id:LITTLEWING:20171008131206j:plain

アリスとしては、昨年予選落ちしたリベンジを

と意気込んでいたのですが、結果は兎角の勝利に。

 

これでようやく予定の16名となったので

本来の予選を実施。

予選1回戦
稲荷ひめり VS 小天狗舞々 後日談  
飯田知世子 VS ヘカトン慧子    
兎角はねる VS 太堂ゆに 後日談  
風祭はやて VS 神楽坂美樹 後日談  
与那覇久遠 VS 姫麻呂町由岐 後日談  
ティフィ青山 VS アナ・ペコリータ 後日談  
エリス・ライアル VS 黒山百合華 後日談  
冬崎ヤマト VS サモエド    

f:id:LITTLEWING:20171015143342j:plain

f:id:LITTLEWING:20171015143348j:plain

f:id:LITTLEWING:20171015143356j:plain

冬崎 VS サモエド

前哨戦では冬崎に分が悪かったものの

前回本戦進出者の意地を見せて冬崎が勝利。

 

f:id:LITTLEWING:20171029140338j:plain

f:id:LITTLEWING:20171029140345j:plain

f:id:LITTLEWING:20171029140351j:plain

青山 VS アナ は、接戦の末に

おデスバレーボムで青山が勝利。

 

f:id:LITTLEWING:20171103222236j:plain

f:id:LITTLEWING:20171103223330j:plain

f:id:LITTLEWING:20171103223339j:plain

エリス VS 黒山 の同期対決は黒山が大差で勝利して

これでソニックファミリーは神楽坂を残すのみに。

 

f:id:LITTLEWING:20171109224506j:plain

f:id:LITTLEWING:20171109224521j:plain

f:id:LITTLEWING:20171109225243j:plain

f:id:LITTLEWING:20171109225249j:plain

姫麻呂 VS 与那覇

序盤は姫麻呂が経験を活かして優勢に立つも

那覇がサンボ を生かしたレスリングで接戦をものに。

 

f:id:LITTLEWING:20171218202713j:plain

f:id:LITTLEWING:20171218202721j:plain

風祭 VS 神楽坂 は、神楽坂が自慢の蹴りで先行するも

先輩としての意地を見せたいと言っていた風祭が勝利。

ソニックファミリーはここで全滅。

 

f:id:LITTLEWING:20171209150411j:plain

f:id:LITTLEWING:20171209150418j:plain

兎角 VS 太堂 は、勢いは太堂にあったと思われたが

それを要所要所でうまく凌いだ兎角が勝利。

 

他、飯田 VS ヘカトン は飯田が、

稲荷 VS 舞々 は舞々が勝利して本戦進出者8名が決定。

  

本戦

本戦は、8人によるトーナメント。

1回戦(2興行)、2回戦、優勝決定戦と、計4回の興行で実施。

 

1回戦

RISING ALTAIR (2018/3/15まで)
飯田知世子 VS 風祭はやて 後日談  
冬崎ヤマト VS 黒山百合華 後日談  

 f:id:LITTLEWING:20180310221558j:plainf:id:LITTLEWING:20180318164248j:plain

 冬崎 VS 黒山 は、胸部装甲の戦力差をものともせずに

冬崎が先輩らしいところを見せ勝利。

 

f:id:LITTLEWING:20180318164328j:plain

f:id:LITTLEWING:20180318164333j:plain

f:id:LITTLEWING:20180318164339j:plain

飯田 VS 風祭 は

風祭が自慢のスピードでかき乱すも

最後まで維持することが出来ずに飯田の勝利。

 

SEVEN DAYS STRIKE (2018/4/12まで)
兎角はねる VS 小天狗舞々 後日談  
与那覇久遠 VS ティフィ青山    

 

f:id:LITTLEWING:20180512145713j:plain

f:id:LITTLEWING:20180512145730j:plain

f:id:LITTLEWING:20180512145735j:plain

 

那覇 VS 青山 は、関節技 VS 投げ の勝負に。

しかし、組み合った状態での勝負は青山に分があったのか

危なげなく青山が勝利。

 

f:id:LITTLEWING:20180408134949j:plain

f:id:LITTLEWING:20180408134956j:plain

兎角 VS 舞々 は

舞々のようなトリッキーなタイプは苦手なのでは?

と評価されていた兎角が奮闘するものの

結果としてはその評価通り舞々の勝利に。

 

なお、試合とは関係ないですが

f:id:LITTLEWING:20180405222949j:plain

f:id:LITTLEWING:20180405222954j:plain

f:id:LITTLEWING:20180405222959j:plain

f:id:LITTLEWING:20180405223230j:plain

f:id:LITTLEWING:20180405223238j:plain

正式に許諾を得て

エルシャダイネタをぶっ込んできたのもこの頃でした。


2回戦 

RISING MEMORIAL (2018/5/17まで)
ティフィ青山 VS 小天狗舞々    
冬崎ヤマト VS 飯田知世子 後日談  

f:id:LITTLEWING:20180503211658j:plain

f:id:LITTLEWING:20180520132406j:plain

f:id:LITTLEWING:20180503212425j:plain

冬崎 VS 飯田 は

ポジティブシンキングの効果?によって

頭の中では8割方勝てると豪語していた冬崎でしたが

想像通りの試合が運ぶわけもなく

飯田がこの大会で初の「先輩越え」を果たす。

 

f:id:LITTLEWING:20180512142938j:plain

f:id:LITTLEWING:20180512142948j:plain

f:id:LITTLEWING:20180512143827j:plain

青山 VS 舞々 は

捕まらなければ舞々の、

捕まえられれば青山の展開になるだろうと思われましたが

要所要所では青山が良いところを見せるも

全体的には舞々が主導権を常に握り続けて勝利。

 

優勝決定戦

RISING BLACKHEART (2018/6/28まで)
飯田知世子 VS 小天狗舞々 後日談 後日談2

 

f:id:LITTLEWING:20180710222156j:plain

f:id:LITTLEWING:20180710222205j:plain

飯田 VS 舞々 は

「油断していたら」と飯田は言うものの

最初から最後まで、危なげない試合展開で

舞々も何とか意地を見せるのが精一杯といった感じの試合でした。

 

というわけで、大会前から本命視されていた飯田が

その期待に応える形で見事優勝。

  

参考記事

ヤングドラゴン杯出場選手

一番いいコメントを頼む

ネガティブシンキング