広告

【リングドリーム】慈悲など要らぬ!

f:id:LITTLEWING:20200227210614j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227210619j:plain

実際に動き出すまでにずいぶんと時間のかかった社長軍ですが

いざ動き出したらその勢いはとどまることを知らず

ここまで7勝1敗と絶好調。

社長の笑いが止まらないのも当然でしょう。

f:id:LITTLEWING:20200227210627j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227210632j:plain

だというのに、なんでそんな事言うかね?(^^;;

 

当初の目論見としては

社長軍との抗争で、やってやられてを繰り返して

団体を盛り上げられれば・・・そんな風に思っていた社長。

しかし、ナイトメアはもちろんのこと

最近はレジスタンスも力を付けてきているので

彼女らに張り合える戦力を・・・と集めた結果がこれです。

f:id:LITTLEWING:20200227211029j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227211033j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227211037j:plain

その際、「始まりの女帝直下」である姫小路の活躍を

自分の団体で見たい、といった個人的な願いも実現して

社長的には万々歳、と言いたい所なんですが

その結果、その姫小路のタッグ「ローズ・ロゼ」に大敗した

「節分☆気分」の赤鬼、青鬼は酷く落ち込む事となってしまい

それを見て軽い罪悪感に苛まれるようで。

 

とはいえ、これは勝負の世界に生きる以上は当たり前の事ですからね。

勝者の影には必ず敗者がいるんですから。

f:id:LITTLEWING:20200227211045j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227211051j:plain

しかし、そう言われても胸のつかえが取れない社長は

連合軍に少しは勝ちを譲るのもありじゃないか?

などと正気とは思えない発言を。

f:id:LITTLEWING:20200227212049j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227212057j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227212102j:plain

そんな発言を、たまたま通りがかった雪女が聞いてしまったからさあ大変。

今の連合軍が連敗中なのは確か。

でも、負けが込んでいるからこそ

価値ある勝利でしかこの負債は返せないのだと

雪女は言います。

それなのに、勝ちを譲ってもいいのでは?

などと言われれば、そりゃあ怒りますよね。

f:id:LITTLEWING:20200227212356j:plain

そんな雪女の言葉を聞いて、考えを改める社長。

f:id:LITTLEWING:20200227212403j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227212410j:plain

それでこの場は一応解決したこととなるのですが

もしもまた同じような発言をするようであれば・・・ヒィィッ!

っていうか、「南城檸檬になってしまいそう」って

社長にとってはかなりの脅し文句なんでしょうね(^^;;

 

ちなみに、今回の戦いで最も株を落とす結果となった節分☆気分は

f:id:LITTLEWING:20200227212822j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227212827j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227212832j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227212836j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227212842j:plain

SHIROKAGE、ローズ・ロゼ相手に連敗したことで

タッグにおいてはFWWWより東女の方が上だと認めます。

しかしその上で、落ちるところまで落ちたのだから

あとはもう這い上がるだけだと前向きな姿勢も見せます。

f:id:LITTLEWING:20200227213057j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227213102j:plain

f:id:LITTLEWING:20200227213107j:plain

SHIROKAGEとの対戦は、その時限りのスポット参戦だっただけに

リベンジしようにも難しいところですが

ローズ・ロゼは幸いにもFWWWへの移籍を決めてますからね。

何度負けようと決して諦めないと心に誓う2人。

 

まあ実際、ローズ・ロゼのこれまでが

まさにそんな境遇だったわけですからね。

実力派タッグと言われながらも

ここ一番というところでは結果が出せずに負け続き。

それでも諦めなかった結果、ようやくベルトを巻くことが出来たわけで。

リンドリの世界では、結果が残せないと

あっさりとタッグ解消なんて話が出てしまいますが

節分☆気分のタッグ解消とか考えられないですからね。

今回の結果にもめげずに頑張って欲しいものです。