広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS FINAL 6試合目 TausendKanone VS 朧双花

f:id:LITTLEWING:20200211130735j:plain

「SEVEN DAYS FINAL」6試合目はTWP世界タッグ王座選手権試合。

王者、タウゼント・カノーネに対して朧双花が挑みますが

今回の面子は4人中3人がフラワリング・フラッフィであり

元・女帝直下も2人いるという珍しい組み合わせとなりました。

 

青コーナー 朧双花

f:id:LITTLEWING:20200211131247j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211131251j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211131256j:plain

シュバルツの出した条件をクリアして

ここまでたどり着いた朧双花。

少し前なら、これだけでも満足出来たそうですが

それでいい時はもう過ぎ去ったと。

今は、ベルトという結果が求められているのだと

まるで自分に言い聞かせるかのように語ります。

しかし、相手はフラフラの仲間である千鶴と

女帝直下として苦楽を共にしてきたシュバルツ。

f:id:LITTLEWING:20200211132144j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211132148j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211132153j:plain

手の内を知り尽くした者同士の対決となるだけに

読みあい勝負になるだろうと試合展開を予想。

f:id:LITTLEWING:20200211132343j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211132347j:plain

しかし、そういう勝負なら自信のある朧双花。

うまく流れを引き寄せて、自分達の試合を作ってしまおうと画策します。

  

赤コーナー TausendKanone

f:id:LITTLEWING:20200211132515j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211132520j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211132526j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211132534j:plain

そんな朧双花の展開予想に対し

ある程度は同意するタウゼント・カノーネ。

しかし

「私のパートナーはシュバルツさんですよ?」

と、そちらの思い通りになるはずがないと断言。

 

f:id:LITTLEWING:20200211133157j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211133203j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211133207j:plain

「流れを引き寄せる」というあちらのコメントに対して

「流れそのものをぶっ壊してやる」ともコメントしたシュバルツ。

朧双花の力を認めているからこそ

読みあいには応じない姿勢を見せます。

f:id:LITTLEWING:20200211133213j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211133217j:plain

今回は、技には技で対応するのではなく

技には暴力で対応するというタウゼント・カノーネ。

朧双花の読みを、力で粉砕する事が出来るのか?

  

解説および試合

コメンテーターは、これまたフラフラからむつみが。

ほぼ身内ばかりのタイトル戦なだけに

心情的にはどちらが勝っても構わないとのことですが

試合予想という意味では、千鶴の見方に近いんだとか。

f:id:LITTLEWING:20200211133742j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211133746j:plain

f:id:LITTLEWING:20200211133752j:plain

心理戦では、さとり以外には負けないだろうと咲川、さわりを評価。

しかも、そのさとり相手でも

たとえ手が読まれても、対応策を考える時間を与えないので

試合の流れを作る能力としては東女でもトップクラスだろうと。

そういった、理詰めの戦いなら朧双花に勝てるチームはいない。

そこまで断言するむつみなんですが

f:id:LITTLEWING:20200211134137j:plain

プロレス界には、そんな理詰めを

力尽くでひっくり返してしまう人が上位に多くいるから

朧双花の天下になっていないわけですからね。

シュバルツはまさにその典型なので

千鶴の言うように、技だけでなく暴力でも対応出来る

王者側が有利なのではないか?と。

 

そんなむつみの予想通り、タウゼント・カノーネが先行し

試合のペースを握る・・・かと思いきや

早々に朧双花がひっくり返して逆に試合をコントロールします。

そのまま試合は6-1ないし5-2で朧双花リードの状態で進行するも

 その間、タウゼント・カノーネも徐々に差を詰めていきます。

そして、14時間を過ぎた頃には

最初からリードしていたニコ以外に

ヤバゲも追いついて、トータルでも逆転に成功。

更にはmixiもひっくり返して逆に差を広げるタウゼント・カノーネ。

終了直前にはハンゲまでもひっくり返して

結果、6-1でタウゼント・カノーネが防衛に成功!

朧双花のリードが10時間くらいは続いたので

てっきりこのまま逃げ切るかと思ったんですがさすがは王者チーム。

宣言通り、流れをぶっ壊してくれました。

 

それにしてもアレよね・・・。

フラフラ同士のタッグ対決というと

かつてさわりが咲川相手に戦った事もありましたが

今回もキャリアが下の方が勝ってしまいましたねw

まあ、今回はキャリア的には下でも

挑まれる立場だったのだから下剋上にはならないだろうし

相方が煽ろうとしたりなんてこともないはず・・・

・・・ないよねシュバルツさん?(^^;;