広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS FINAL 3試合目 節分☆気分 VS ローズ・ロゼ

f:id:LITTLEWING:20200208153551j:plain

「SEVEN DAYS FINAL」3試合目はFWWW興行のメインイベント。

FWWW認定タッグ王者である節分☆気分に

外敵、ローズ・ロゼが挑みます。

 

青コーナー ローズ・ロゼ

 

f:id:LITTLEWING:20200105134533j:plain

これまで、あと一歩というところまでは何度と行きながら

最終的な結果には至れずじまいだったローズ・ロゼ。

これが最後のチャンスとFWWWに乗り込んできたわけですが

f:id:LITTLEWING:20200208161600j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208161605j:plain

まさか、FWWWでの1試合目が

望んでいたタイトルマッチになるとは思っていなかったようで。

姫小路が考えていたように

本来は段階を踏んだ上でベルトに挑むもの。

f:id:LITTLEWING:20191210174339j:plain

それがこうして繰り上がったのは

節分☆気分がむしろ対戦を熱望したから。

f:id:LITTLEWING:20200208163057j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208163102j:plain

なので、そんな節分☆気分に感謝の意を込め

演奏会を行いたいという姫小路。

楽器はもちろん鬼2人。

最近では、演奏技術に更に磨きをかけてきたという姫小路。

その腕前は

f:id:LITTLEWING:20200208163246j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208163255j:plain

地獄の苦しみを味わいながら、天国にいるような声

を出させるんだとか(経験者談)。

f:id:LITTLEWING:20200208163424j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208163429j:plain

で、榎下の方はさすがに姫小路のようには出来ないとのことですが

f:id:LITTLEWING:20200208163433j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208163438j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208163443j:plain

姫小路に言わせれば

榎下の演奏もかなりの域に達しているとかで

今回は2人で最高のコンサートにしようと

これからの舞台に胸を膨らませます。

  

赤コーナー 節分☆気分

f:id:LITTLEWING:20200208163734j:plain

当然そんな反応になりますよねww

あまりにも予想外なコメントに

これからやるのはプロレスよね?と思わず確認をしてしまうほど。

f:id:LITTLEWING:20200208163902j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208163908j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208163912j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208163916j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208163921j:plain

そんなローズ・ロゼの空気に呑まれてしまったのか

もし自分達が楽器だとしたら

より高級なのはどちらか?なんて

更に話がおかしな方向に・・・

f:id:LITTLEWING:20200208164034j:plain

なりかけたところで、ようやく正気に戻ってくれました(^^;;

f:id:LITTLEWING:20200208164152j:plain

節分☆気分の望みは、自分達の名誉回復。

FWWW王者でありながら

SHIROKAGE相手にワンサイドに近い形で敗北した昨年夏。

f:id:LITTLEWING:20190909104237j:plain

f:id:LITTLEWING:20190909104245j:plain

その後、いずれSHIROKAGEにリベンジするため

東女とのタッグ試合を望んだ節分☆気分でしたが

他団体との試合ということもあって

なかなか実現には至りませんでした。

それだけに、ローズ・ロゼのFWWWマット上陸は

節分☆気分にとってはまたとない機会。

f:id:LITTLEWING:20200208164158j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208164203j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208164209j:plain

ローズ・ロゼを倒すことで社長軍の勢いを止めるだけでなく

FWWWタッグベルトには自分達こそが相応しいことを

証明して見せると豪語します。

  

解説および試合

コメンテーターは雪女。

今回の試合が、節分☆気分の希望によるものというのは

先ほど触れた通りですが

f:id:LITTLEWING:20200208165103j:plain

節分☆気分が負けるということは

ベルトを社長軍に持って行かれるということであり

それはつまり、シングル、タッグどちらも

社長軍が頂点ということになるわけですが

そのリスクについては考えなかったのか?

というのは確かに気になるところ。

しかし、雪女の返答は至ってシンプル。

f:id:LITTLEWING:20200208165329j:plain

戦う前から気にしたってしょうがないと。

彼女達が勝つつもりで出陣したのだから

私達はそれを信じて送り出すだけだ、と。

それに、万が一ベルトを奪われるようなことがあっても

指をくわえて眺めているつもりはないのだと。

f:id:LITTLEWING:20200208165920j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208165924j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208165936j:plain

そんな、連合軍の本気の表れとして

近いうちに、雪女、円陣がタッグを組んで出るつもりなのだとか。

今イベントの最終戦に予定されているカードがそれなんですが

ストーリー中での発表はこの時が初めてということなんでしょう。

f:id:LITTLEWING:20200208165941j:plain

f:id:LITTLEWING:20200208165946j:plain

そして、そんなドリームタッグを発表しつつ

社長軍との抗争が今後はもっと苛烈になると

ファンに対してアピール。

確かに、ナイトメアとレジスタンスのトップ同士のタッグとか

それだけで盛り上がりますもんね。

 

とはいえ、今は節分☆気分とローズ・ロゼが主役。

そちらの試合に話を戻しますが

試合が始まって早々にローズ・ロゼが7-0で優勢になると

あとは最後まで節分☆気分には何もさせず。

トータル差でも1億5千万以上の大差となるワンサイドゲームとなり

ローズ・ロゼが新たなタッグ王者となりました。

 

まあ・・・ローズ・ロゼがもう後がなかったことや

今回が最後の7連戦ということで

残りを気にせずにドリンクを投入できたことなど

思い当たる理由がないわけではないですが

それでもここまで一方的になろうとは・・・。

 

ローズ・ロゼはスポット参戦ではないので

負けたとしてもリベンジの機会はある・・・

みたいな話も以前ありましたが

ここまで大差がついたとなると

そのリベンジの機会というのも相当先になりそうで。

そして、FWWWのタッグ王者が

SHIROKAGE、ローズ・ロゼ相手に

続けて大敗という結果になった以上

タッグの実力は、東女 > FWWW

という見方がどうしても強まってしまうでしょう。

 

節分☆気分にとっては今回の黒星、

予想以上に大きなダメージとなったかもしれません。