広告

【リングドリーム】「ストーリーズ」および続編についてのインタビュー

リンドリのサービスが終了することは既に周知のことですが

4Gamer.netにインタビュー記事にて

今後の予定などについても触れていましたので

そこのあたりをざっくりと。

 

  • ストーリーズについて

    ビジュアルノベルの買い切り形式

    ■1キャラクターにつき3話構成で
     10日に1話ずつ出して1か月で完結くらいが理想(変わる可能性はあり)

    ■リンドリ2に繋げる形にしたいため
     可能な限りのキャラクターのシナリオを用意したい

    ■配信開始は4月1日予定

     

  • リンドリ2について

    ■PCオンリーは厳しいので、スマホでも遊べるようにしたい

    ■週ごとのイベントのシナリオを「分業で」行う予定
     作家さんごとにキャラクター1人を担当するイメージで
     メインシナリオとキャラクターの監修をでいしろう氏が担当

    ■キャラ人気で勝負が決まってしまう現行システムとは別に
     筋肉キャラや悪役キャラが勝てる仕組みを作りたい

    ■プレイヤーの年齢層を考慮して、身体に優しい作品にしたい

 

要約するとこんな感じでしょうか。

ビックリしたのは、ストーリーズの配信開始が予想以上に早いこと。

サービス終了の翌週じゃないですかw

ただ、今回は「ノベルを買う」という形になりますので

それを当ブログでどう扱うかは今までより注意が必要となりそうです。

 

一応、現状のリンドリに関しては

公式がこんなツイートをしていたくらいなので

大丈夫だという判断なんですが

ストーリーそのものが有料となると

今までみたく画像ペタペタ貼りまくるのはさすがにマズいかなと(^^;;

なので、おそらくはたまに書いてる

マンガの感想記事みたいな感じになりそうかなと。

もちろんその内容についても

あまり早いタイミングであげるとネタバレ云々言われかねないので

現状の3日遅れくらいで書くか

いっそ1回遅れくらいにするかも考えどころかなと。

ただ、ようやく「TOPページではコメント非表示」タグが

有効活用出来そうな感じではあるんでしょうかね。

 

そして、リンドリ2(仮称)の方については

分業制になるのが一番大きなポイントでしょう。

でいしろう氏が倒れたらアウトという、自転車操業でしたからね。

これで少しでも負担が減ってくれるのを願うばかりです。

あと、筋肉キャラや悪役キャラが勝てる仕組みというのも期待したいところです。

人気のある選手が勝つのを全否定するつもりはないですが

プロレスだったら悪役が勝つターンも必要なんですよ、やっぱり。

 

ともあれ、サービス終了後は

どうやって次回作まで場を繋いでいこうかと頭を抱えていたんですが

4月からストーリーズ開始というのであれば

さほど心配することもなさそうですね。

といっても・・・10日に1話更新ってことだから

毎日更新はやはりどこかで途絶えそうですが・・・(^^;;