広告

【リングドリーム】滝沢VSソニック再び

f:id:LITTLEWING:20200126143838j:plain

f:id:LITTLEWING:20200126143843j:plain

ラスカルに不覚を取ったことで

一時は今後の行動をどうするか迷っていた滝沢でしたが

「かつてタイトルマッチを行った相手に信を問われる」

という結論に達しました。

そして既に、菊池からは勝利を得ているため

今度はソニックと・・・というわけです。

 

f:id:LITTLEWING:20200126144409j:plain

f:id:LITTLEWING:20200126144415j:plain

ただ、それを言ったら

女神杯決勝戦の相手だったヴァンプも

信を問われる対象なんですが

他団体の選手というのは言うまでもなく

更には

FWWWのシングル王者になったばかりなので

両団体の王者が戦うなんていうのはまず不可能だろうと断念。

まあ、ヴァンプについてはさておき

f:id:LITTLEWING:20191225204640j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225204644j:plain

f:id:LITTLEWING:20191225205519j:plain

滝沢VS菊池戦に続き

今回も負けた方が一線から退くという話になっています。

f:id:LITTLEWING:20200126145103j:plain

f:id:LITTLEWING:20200126145107j:plain

双方とも、これまで長いこと戦ってきたので

ここらでレスラー的余生に入るのも吝かではないようなんですが

「負け抜け」でそうなるのはゴメンだというあたりは

やはりプロレスラーであるがゆえ、なんでしょうね。

ちなみに、滝沢が負けた場合には

滝沢組を解散させることになっています。

そもそもが、新人や若手を鍛える場だったのが

上の組員が一向に出て行こうとせず

その結果、大きくなりすぎてしまい

終わらせるタイミングをつかめずにいたのだとか。

そういう意味では、良いタイミングだったのかもしれませんが

f:id:LITTLEWING:20200126145708j:plain

f:id:LITTLEWING:20200126145713j:plain

問題は、組のみんなが納得してくれるか、ということ。

f:id:LITTLEWING:20200126163839j:plain

ただ意外だったのは、石狩はわりと冷静に事実を受け止めたこと。

石狩自身、「このままではいけない」と思っていたらしく

この機会を「次に進む時が来た」と判断したようです。

麗に負けてからは、武者修行に出るようになったことや

滝沢組を離れた早乙女との道場マッチを行ったことで

石狩も何か感じるものがあったのかもしれません。

それは、滝沢としても喜ばしいことでしょうけど

f:id:LITTLEWING:20200126164634j:plain

問題は、やっぱり赤城よねww

話を打ち明ける前に「深く考えてのこと」と前置きしたためか

最後まで黙って話を聞いてくれて

聞き終わった後には

「組長の意思を尊重します」

と言ってくれたんですが

こらえていた涙が頬を伝って床に落ちた途端

赤城、号泣

滝沢組を解散しても、縁が切れるわけではないし

タッグを行うにはパートナーが必要なんだから

その際には、石狩や赤城が有力候補なのは間違いない

という話をして、

赤城だけでなく石狩も表情が明るくなったとのことですが

それならば、組長には出来るだけ長く王者でいてもらわねばと

今の滝沢組はちょっとした「応援団」状態。

f:id:LITTLEWING:20200126165435j:plain

f:id:LITTLEWING:20200126165440j:plain

そんなわけで、気苦労が絶えない滝沢ではありますが

先にも言ったように、負けて楽になりたいわけじゃないですからね。

果たして、どちらが引導を渡すことになるんでしょうかねーw

 

なお、後半は後半で大事な内容なので

今回は記事を2つに分けました。

まあ、どうせ週3日しかストーリーないわけですしねー。