広告

【リングドリーム】RISING FINAL 4試合目 水星ケア VS 校条手鞠

f:id:LITTLEWING:20191222135828j:plain

「RISING FINAL」4試合目からは東女興行に場を移します。

そして最初の試合はセヴンスター王座決定戦。

前回の試合にて、伏久が満期返上を果たしたため

空位になった王座を水星ケア、校条手鞠が奪い合います。

 

青コーナー 校条手鞠

f:id:LITTLEWING:20191222140140j:plain

キミはいきなり何を言っているんだw

本人曰く、思いついたフレーズを適当に口走っただけのようですが

開口一番これとか、相変わらず物騒な・・・(^^;;

f:id:LITTLEWING:20191222140308j:plain

元々は、「メタルサーガ」の

タイアップレスラー「メンテ子」としてデビューした彼女。

今でも愛用している凶器もそもそもは

メンテ子というキャラに合わせてのものでした。

その後、クリスマスのキャンペーンにあわせて「サンタ子」に改名。

キャンペーン中だけのものかと思いきや

春が来るまでとか言われて

あかりと同じ扱いは嫌だと叫んでいたのも

今となっては懐かしい話。

そうこうしている内にはや7年。

ヤングドラゴン杯では残念ながら結果を残せなかっただけに

セヴンスターこそは!という思いがあるようです。

f:id:LITTLEWING:20191222140314j:plain

だからキミは何を言っているんだw

それだったらナナコの方が(よせ

もちろんこれも、思いついたことを適当に言ってるだけなので

サラッと流すとして

f:id:LITTLEWING:20191222141858j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222141904j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222141910j:plain

前回、伏久のセヴンスター満期返上祝いと

菊池の挑戦者決定戦勝利を祝うための会場を

試合前から予約していた校条ですが

今回は、自らを追い込む形になるというのにまたやってくれました。

f:id:LITTLEWING:20191222141914j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222141919j:plain

f:id:LITTLEWING:20191203211010j:plain

しかも、舞々(チョムチョム)やられること前提ですかww

なんていうか・・・体張ってるなー(^^;;

  

赤コーナー 水星ケア

f:id:LITTLEWING:20191222142456j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222142501j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222142605j:plain

そんな校条の祝勝会コメントに触発されたのか

こちらは家で鍋パーティーを用意しているからと張り合うケア。

f:id:LITTLEWING:20191222142710j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222142718j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222142723j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222142727j:plain

って

鍋の話で終わりかーい!!w

ただまあ・・・以前のケアを思い出すと

ここで張り合う彼女の気持ちもわからなくはないというか?

f:id:LITTLEWING:20191222204606j:plain

元々は、新人の頃に期待されていたケアに

若手の円丈、楠原があてがわれて

「コスモトラベル」というユニットが結成されたわけなんですが

 

f:id:LITTLEWING:20191222204614j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222204622j:plain

周りの期待に増長したケアは思っていたほどの結果が出せないまま

気がつけば若手の世代に。

そこで、円丈達が先にお世話になっていた

ディスティニーを紹介してもらったのがきっかけで今に至るわけです。

 

新人の頃にそんな失敗を味わっているだけに

彼女にとって仲間というのはとても大事な存在であり

その仲間達が自分の勝利を信じて祝勝会の準備をしてくれている

これは、彼女にとってとても重要なポイントなんでしょう。

そんな仲間の信頼に応えるためにも

勝って鍋パーティーとしゃれこみたいところですが・・・。

   

解説および試合

コメンテーターは、次の挑戦者であるひまわり。

f:id:LITTLEWING:20191222142826j:plain

f:id:LITTLEWING:20191222142833j:plain

そんなひまわりの予想では、ケア有利。

最近の勢いでケアが勝っているとはいえ

校条も地方周りで地味ながらも実力をつけてきています。

そういう意味では五分五分ではないかというところなんですが

f:id:LITTLEWING:20191222143046j:plain

校条と対戦することになると

モンキーレンチをフルスイングしてくるので

ひまわりとしてはケアに勝って欲しいのだとかw 

そういえばかつて、フルスイングの練習を

ひまわり相手にしてましたもんね。

しかしそんな校条も

校条手鞠 3-4
× 校条手鞠VS小天狗舞々    
○ 唐沢しおん VS 校条手鞠 後日談  
× 校条手鞠 VS プロミス榎下 後日談  
× 社務さわり VS メンテ子 後日談  
○ プロミス榎下 VS メンテ子    
○ 佐和むつみ VS メンテ子 後日談  
× 凶獣若手決戦8人タッグ    

2度目のヤンドラ杯に出たのが最後で

大舞台では実に3年ぶり。

一方ケアは

水星ケア 3-5
× 暗黒果実 VS Meat Mercury    
× ディスティニーα VS ディスティニーΩ[ワンマッチ]    
× くるまお VS コスモハニー[ワンマッチ]    
× チェルシー森近 VS 水星ケア 後日談  
× 水星ケア VS 琴無千鶴 後日談  
○ 冬崎ヤマト VS 水星ケア    
○ 笠松鏃 VS 水星ケア 後日談  
○ 水星ケア VS 赤ずきん 後日談  

その校条が予選落ちした時のヤンドラ杯で

本戦準決勝まで勝ち進んでその存在を周知されることに。

とはいえ、それ以降は連敗が続いていることもあって

ここでいいところを見せたいのはどちらも同じ。

そんな両者の激突は校条が先制。

前半をほぼ6-1ペースで進めます。

後半に入ると、ゲソ・ブラゲでケアの反撃が始まって5-2に。

全体を見渡せば、4-3にまで迫った時間帯もありはしたのですが

そこからもう一歩を詰めることが出来ず

結局5-2で校条が新たなセヴンスター王者となりました。

 

で・・・セヴン子でしたっけ?w

 

ともあれこれで、次はひまわりとの対決に。

f:id:LITTLEWING:20160425175737j:plain

f:id:LITTLEWING:20160425175744j:plain

かつて、ひまわりとの練習の際に

校条がモンキーレンチをフルスイングしていた件には既に触れましたが

その際、ひまわりはひまわりであの巨体から裏拳放ったりしてましたからねw

それが今度は練習ではなく試合で見られるかもしれないと・・・。

もう既に、ド派手な戦いになるの確定じゃないですか!w