広告

【リングドリーム】セヴンスター後の目標

f:id:LITTLEWING:20191203210232j:plain

f:id:LITTLEWING:20191203210237j:plain

f:id:LITTLEWING:20191203210242j:plain

f:id:LITTLEWING:20191203210246j:plain

f:id:LITTLEWING:20191203210250j:plain

この世代での最強格と言われていたメアリ、千鶴の両名を降し

見事、セヴンスター満期返上となった伏久ですが

その確かな実績を前にして

プレッシャーからなのか胃に穴が空きそうだとw

 

そんな、実績を得ても相変わらずの伏久。

実績を得た途端に傲慢になるよりはマシだと

このままの伏久を受け入れるざくろ

ちなみに・・・

f:id:LITTLEWING:20191126135706j:plain
試合前に校条が予約しておいたという祝勝会については

当然あの発言によって余計なプレッシャーをかけられたわけですが

f:id:LITTLEWING:20191203210857j:plain

f:id:LITTLEWING:20191203210903j:plain

試合にも無事勝つことが出来て

そんなプレッシャーから解放されたからなのか

祝勝会では飲み過ぎて前後不覚に陥ったという伏久。

f:id:LITTLEWING:20191203211006j:plain

f:id:LITTLEWING:20191203211010j:plain

そのせいもあって、菊池が校条相手に面白いことしてたのを見逃す羽目に。

ちなみに、舞々(チョムチョム)の元ネタは

おそらくは「あしたのジョー」での金竜飛戦ではないかと。

 

そんな、祝勝会での盛り上がりについてはさておき
f:id:LITTLEWING:20191203210217j:plain

 セヴンスターも終わった今、これからどうするのか

気になるところでしたが

f:id:LITTLEWING:20191203212021j:plain

それについては、暗黒果実で動きたいと即答する伏久。

今なら、シングルでチャンスを狙うという選択肢もあったかもしれませんが

f:id:LITTLEWING:20191203212135j:plain

f:id:LITTLEWING:20191203212140j:plain

自分を引っ張ってくれるパートナーが必要なんだと言われ

ざくろも「2人で成り上がっていきましょう」と心を一つに。

ただそうなると、さしあたっての問題はどこに戦いを挑むのか。

件の「わらしべタッグ」にて

最終的には獅子唐辛子を撃破して上位クラスのタッグと認められた暗黒果実。

しかし・・・

FWWWのアイドルタッグ「Twinkle」相手に手痛い敗北を喫したことで

立場としては微妙なものになっているのだとか。

それだけに、再起を図る第一戦は慎重に相手を見繕いたいところ。

f:id:LITTLEWING:20191203213538j:plain

なんですが

その手頃な相手に心当たりがないのが困ったところで・・・。

f:id:LITTLEWING:20191203213617j:plain

話は聞かせてもらった!!

とばかりに突如話に割り込んできたシュバルツサンタ。

f:id:LITTLEWING:20191203213705j:plain

この流れで話に割って入る以上

シュバルツが持ってきたプレゼントは

もちろんタッグタイトルへの挑戦権について。

f:id:LITTLEWING:20191203214143j:plain

f:id:LITTLEWING:20191203214149j:plain

 そもそもの話、

今のタッグタイトルへの挑戦権を賭けた争いという形にまとまる前には

それこそ毎回防衛戦を行うつもりでいて

暗黒果実もそのターゲットに含まれていたんですよね。

ただ、挑戦者はもっと厳選してくれという会社からのお達しで

この時点では暗黒果実は候補から漏れていたわけです。

が、今回伏久が千鶴を相手に勝利。

これによってそれなりの説得力が生まれたということなのでしょう。

 

もちろん、いきなりタイトルマッチが出来るわけではなく

他のチーム同様、挑戦権を賭けた争いに加わってもらう事に。

今だとちょうど「むっつま」が相手待ちの状態ですけど

どちらもシュバルツからすれば

「既知の強豪」側ではないように思えるので

この両チームが戦っての勝者が即挑戦!

・・・とは行かないような気がしますが

ともあれこれでとっかかりを掴む事は出来ました。

 

これが、「わらしべタッグ」第二章のはじまりとなるのか?