広告

AQUOS R3環境でのデレステ・ミリシタ

今回は、デレステ、ミリシタの本体課金というわけではなく

普段使い用のスマホがそろそろ限界を感じるようになってきたために

買い換えることに。

 

といっても、最初は頑丈さ優先ということで

TORQUE g04の購入を考えていたのですが

使った方の感想を見る限りあまり評判がよろしくない・・・。

なのでここは、普段使いとはいえ

デレステ、ミリシタを普通に遊べる機種をということで

AQUOS R3を買うことにしました。

 

なお、現状デレステ、ミリシタのプレイ用としては

以前書いた通り、Zenfone 5Zを使用していますが

一応AQUOS R3とスペックを比較。

  ZenFone 5Z AQUOS R3
SHV44 au
CPU Snapdragon 845
SDM845
Snapdragon 855
SDM855
CPUコア数 オクタコア
内蔵メモリ ROM 128GB RAM 6GB
外部メモリ
最大容量
2048 GB 512 GB
画面サイズ 6.2 インチ
画面解像度 2246x1080 3120x1440

 

スマホ自体の大きさもほぼ同じでしたし

素人目には遜色ない感じですが

デレステ、ミリシタを行う上で

AQUOS R3でのみ必要だった設定もあったのでメモ。

 

Dolby Atmos」はOFF

これをONにしていると、プレイ中に音量が急に大きくなったり

もしくは逆に小さくなったりしたもんですから

これは音ゲーやるにあたっては致命的。

 

「なめらかハイスピード」もOFF

 こちらは、AQUOS便利機能の一つらしいのですが

この機能を有効にした上でミリシタをプレイすると

ノーツが若干カクつきます。

ええ、なめらかになるどころか余計カクつきます。

 

一応これで、AQUOS R3でも快適にプレイ出来るようになりました。

あ、タイミング調整は

Zenfone 5Zでは13だったのに対し

AQUOS R3では15でした。

まあ、この辺りは人によっても違うと思いますが。

 

で、3Dリッチモードでも問題ないかを

MVが重めの曲で確認しておきたいところ。

となればここはやはり、

Zenfone 5Zを買うきっかけにもなった

「Sunshine See May」で確認することに。

せっかくなので、比較用に

AQUOS R3、Zenfone 5Zの両方で録画してみました。

録画条件も同じにするため、

同じアプリを入れて録画しています。

 

※そのまま再生ボタンからだと全体が見えないので

右から2番目の斜め矢印ボタンの方で見てください。

あと、外部音声のため画面をタップしてる音が入っているのもご了承下さい。

 どちらも問題無くプレイできてますね。

しいていえば・・・AQUOS R3の方が若干色が綺麗・・・かな?

 

せっかくなのでミリシタの方でも見てみます。

こちらはやはり13人ライブを選ばないわけには行きませんよね。

更には、開発当時から負荷が重いと言われていた

亜利沙・千鶴・伊織・静香・星梨花でユニットを組んで

「UNION!!」をプレイ。

こちらも問題無くプレイ出来てますが

AQUOS R3の方でNICEが増えてるのが若干気になりました。

実際、予期せぬ所で何度かミスしてやり直す羽目に。

デレステの方も、録画中は気にならなかったんですが

普通にプレイしてるとZenfoneの時よりもミスが目立ったような?

ただこれは、タイミング設定の問題かもしれないし

単純なプレイ疲れかもしれないので判断が難しいところ。

 

まあ、スコアをつきつめるようなプレイでなければ

問題なくプレイ出来ると言っていいような気はしますが

何かあればまた改めて書こうと思います。