広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 緋翠 VS 秋鈴

f:id:LITTLEWING:20191005141224p:plain

今回のスペシャルワンマッチは

緋翠 VS 秋鈴 という、一時期は険悪だったコンビとの対決になりました。

f:id:LITTLEWING:20190830213657j:plain

「チームごとに分かれて活動する前に」という

樹緑からの提案から実現したタッグマッチ、

2年前に対決した際には秋鈴が下剋上をしてみせましたが

今回は果たして・・・?

 

f:id:LITTLEWING:20191005142553j:plain

f:id:LITTLEWING:20191005142558j:plain

前述の通り、緋翠と秋鈴が当たるのは2年ぶりとなるのですが

これは東女のこだわりによるものなんだとか。

秋鈴が組んでいる時は、緋翠はどちらか一人だけで

逆に緋翠が組んでいる時は秋鈴がどちらか一人だけという風に

固定タッグと固定タッグの勝負を

普段は意図的に避けているのだとか。

そのおかげで、今回のような節目に対戦することに

意味が出てくるわけです。

f:id:LITTLEWING:20191005143038j:plain

f:id:LITTLEWING:20191005143043j:plain

f:id:LITTLEWING:20191005143047j:plain

久坂と秋辺は、同じ滝沢組所属なので

今後も行動を共にすることが多いでしょうが

火村と樹緑は、星屑と凶獣で別派閥となるため

今後はバラバラで行動することが多くなるわけです。

なので、秋鈴へのリベンジという

「やり残した宿題」を今日終わらせたいという火村。

 

それに対して、久坂は

若手なりに背負うものも出てきたので負けられない

と立派な返答をするんですが

f:id:LITTLEWING:20191005143525j:plain

f:id:LITTLEWING:20191005143530j:plain

それを捨てるだなんてとんでもないw

実際、秋辺は卒業も危ういくらい出来が悪いそうですが

「プロレスラーだから学歴はどうでもいい」なんて発言は

これまで勉強を見てきた緋翠2人の時間を

それこそゴミ箱に投げ捨てるようなものですからね。

なので、これには緋翠の2人ばかりか久坂からも苦言が(^^;;

 

それにしても・・・

f:id:LITTLEWING:20170625115417j:plain

f:id:LITTLEWING:20170625120248j:plain

以前はあんなにも険悪だったというのに

ドラムハートを味方に引き入れようと懐柔作戦を行うも

良心の呵責に苛まれたり

月城(となぜか八神)の勉強を見ている内に

気がつけば秋辺の勉強の面倒も見るようになって

険悪な雰囲気も知らぬ間になくなってましたからね。

なので、2年前の試合のように

禍根を残すことはおそらくないでしょう。

とはいえ

f:id:LITTLEWING:20191005145657j:plain

f:id:LITTLEWING:20191005145703j:plain

FWWWで暴れてきたこともあり

勢いという意味では秋鈴が有利では?という紅葉の予想。

じきに始まるヤンドラ杯(今回は予選無し)では

4人ともがライバルになるので

紅葉、熊井も試合から目が離せません。

f:id:LITTLEWING:20191005150556j:plain

f:id:LITTLEWING:20191005150601j:plain

なおこれは余談ですけど

予選無しのヤンドラ杯は今回だけになりそうとのこと。

アナ、神楽坂、紅葉、熊井の4人が

今回が最後の出場機会になりますけど

次回になると八神、月城、ヘル子、メイだけでなく
FWWWから涼と茉理も出てくるでしょうからね。

そんな感じで、ヤンドラ杯を占う意味でも注目のこの試合、

どのPFも接戦の様相を呈しながらも

全体としては6-1で秋鈴がまずは優勢に進めます。

しかし、折り返し少し前あたりから

ニコとゲソ・ブラゲの緋翠勢が猛反撃!

これをきっかけとして、折り返しを過ぎる頃には

逆に緋翠が6-1でリード。

この後も、もちろん秋鈴からの反撃もあり

4-3まで迫られた時間帯もありましたが

やはり、ニコ、ゲソ・ブラゲの勢いが強いために

トータルptまで追いつくには至らず

結局その後、再度緋翠からの反撃に遭って6-1に戻されて決着。

見事、2年前のリベンジを果たすことに成功しました。

f:id:LITTLEWING:20191010205956p:plain

 

2年前の借りを返した、そういう意味では良い結果なんですが

今後緋翠として組む可能性というのは

宿題がなくなった時点でかなり低くなったのかもしれませんね。

まあ、どちらにせよ次はヤンドラ杯という個人戦ですし

今後は良きライバルとして、切磋琢磨していって欲しいものです。